ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 11月 09日 ( 2 )




d0063550_21205958.jpg
今日の夕方、町の中を車で走っていると、嫌な気分になった。
そして、その3秒後に、眼が回るようなおかしな気分に襲われた。

追突されたのだった。
前にも、2台のトラックに追突された事があったが、今回も、また
追突で、私の車は前を走っていた白い大きな乗用車にはじけた。

何かを感じたその時が、事故の3秒前で、とっさの出来事だったので、
どうしようもなかった。
首に、衝撃が来たが、今の所、異常は無い。
一応、明日は病院に行って、検査を受ける事になった。

ただ、他の2台の運転手は、それぞれが穏やかに話しの出来る人
だったので、不幸中の幸いだと思った。
事故における人間関係で、不愉快に成る事は、案外多い物。


しかし、前にも感じた、おかしな感覚は、どこから来るのだろうかと思う。、

私はこの時、ヨーヨーマのCDに入っている、タンゴの曲を思い浮かべていて
どうして、ヨーヨーマはタンゴに魅せられたのだろうかと、思っていた。


→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-11-09 21:10 | 現在
d0063550_23453795.jpg



なぜ今、マリー・アントワネットなのか?
昨日から作り始めた人形が、マリー・アントワネットなのだ。

マリーの肖像画から、顔がつかみやすいし、一作目としては、
テーマをはっきりと決めて取り掛らないと、納得いく物を作り上げる事が
不可能になる。
テーマがはっきりとしていると、それに自分の意思を反映して、
進みやすくなる物だ。

何かを作り上げる作業に於いては、同様の事が言える。


そこで、私がこれから取り掛るのは、<世界を揺るがした女シリーズ>とした。

マリー・アントワネットには、絹のドレスを着せたい。
古い和服を使えば、手っ取り早いし、絹はいつまでもきれいだ。

服は人間の服と同じに、パターンから入る予定でいる。
完全に、当時のドレスの再現をしたいと思う。


まずは、書いていったデッサンのバランスが、人形には、不向きだったので、
書き直しをした。 そして、作業に入った。

この時、道を間違えて行けなかった根津美術館の話しになった。

このアトリエで、先生と話したのだが、私は基本的に、日本画家の絵は
好きではない。
絵の具のタッチについていけないし、高校の美術の先生が、お金主義で
えげつなかったので、この先生が日本画専門だった事もあり、封建的な
世界を感じて成らない。

私は、油絵の具の臭いの中で育っているので、やはりごてごてした物が
好きなのだろう。

ルーブル美術館では、摸写に毎日通う人が、何人もいるのに、日本では
それが許されない。
日本では、ガムも取り上げられると聞いた。

この差は、一体何なのだろうか?


知らぬ、存ぜぬ。マリーの肖像画は、見つめているだけ・・・・・・





→フランスの好きな方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-11-09 00:18 | 人間