ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

「篤姫」

NHK:08年大河ドラマは「篤姫」
 NHKは1日、2008年の大河ドラマを、幕末の大奥に君臨した女性の一代記「篤(あつ)姫」に決めたと発表した。原作は宮尾登美子さんの「天璋院(てんしょういん)篤姫」。脚本はNHKの連続テレビ小説「さくら」などを手がけた田渕久美子さんが担当する。

毎日新聞 2006年8月1日 19時05分


やっと、大河ドラマが江戸時代に戻ってきたので、楽しみだ。
宮尾登美子さんは、生まれ育った環境から、芯の強い女性をヒロインに描いた作品が多いので、篤姫も例外では無く、強い女性として描いていると思う。

本当に、芯の強い女性は、時代を超えて聡明で、優しく、強さを表面には出さない物だと思う。
江戸時代の本妻では、和宮と篤姫だけが夫と並んで眠っていると言う。
有吉佐和子の描いた「和宮様御留」が、面白かった事を思い出したが、篤姫はご本人だったはず。


それだけ、重要な人物だったのだろう。
今から楽しみにしている。



→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-08-03 17:22 | 未来