人気ブログランキング |
ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

これは『昼顔』から『夜顔』を観た人にしか解らない内容。

そして、これが『昼顔』から38年後のセヴリーヌと彼女の今は亡き夫の友人ユッソンの姿だと思うと、それだけでは無い。
「私はかつての私ではないのよ!」
「あなたが敬虔な信者になったのですか!あなたが!」
何年経った所で、ユッソンにとっては、セヴリーヌは『昼顔』なのだ。
背徳、欲望、そう言ったものから『倒錯した愛の世界』に浸ったセヴリーヌ。
『昼顔』の解釈の仕方を、続編『夜顔』では、こう作ったけれど、最後の解釈はあなたにお任せします。とオリヴェイラ監督が笑っている様な仕上がりだ。
 『昼顔』でも幻想的なシーンがあって、どこまでが現実なのか、どれが幻想なのか解り辛いところもあった。
 食卓の蝋燭の減り方が自然で、セットのレストランが本物の老舗の店に思える。
その中での2人の会話の行方は少なく、ユッソンはあの箱を取り出すが、これは完全にブニュエルへのオマージュ。
 セヴリーヌが機嫌を損ねて立ち去ったドアには、鶏が現れる。が、これは幻想。
昼顔では、セヴリーヌはユッソンにそそのかされて昼間だけの高級娼婦に成るが、夜の娼婦が現実的だとするならば、昼の娼婦は現実的ではない。つまりは、全てが『幻想』だったかもしれないという示唆。
ブニュエルは、『幻想』は、ブルジョアジーの特権であり、それによって民衆支配を促す元凶である。という。
全ては『幻想』という想定ならば、納得できそうだった。
レストランのシーンには、凝縮された美しさがあって、ヨーロッパ映画の良さを思う存分楽しめる作品でもある。



参考に、
――映画<昼顔>の結末は、私には、ちょっと納得のいきかねる節があった。
  戦後いちはやく、堀口大学の無削除版の原作の翻訳を読んだが、そこでは、たしかセヴリーヌが情夫マルセルをけしかけて、夫ピエールをピストルで撃たせるのではなかっただろうか。
   少なくとも、そのほうが夫婦愛のサド=マゾヒズム状況に関する、論理的一貫性を保ち得たはずであろう。
   そのほうが、セヴリーヌは夫の失明の責任を、よりひしひしと身内に感じること出来たはずであろう。
   しかし、ブニュエルには、どうやら結末に曖昧なものを残しておく、ミスティフイカシオン(韜晦)の趣味があるように見受けられる。
  平凡なインテリの亭主を失明させ、廃人同様にしてしまうという筋立ては、ブニュエルにとって、生理的快感ともいうべき、一つの世界の完成につながる満足感をもたらすものだったに違いない。

     ・・・・・・・・・・・・澁澤龍彦・・・
# by sea1900 | 2008-07-31 00:41 | 映画
秋葉原の事件の事を、知人と話していた。

私は両親の会見を直接TVで観た訳ではないけれど、ここまで親が出てこなければ成らないのだろうか?と私は思っている。
25歳にもなって、ましてや親元から離れて暮らしていた犯人の心理状況を親が知るはずも無いだろう。
 この話を子供のいない中年の男性2人に言うと、『親に責任がある。』と断言するのだった。
彼らは「40、50歳にもなれば親の責任は無いけれど、まだ25歳くらいじゃね!」と笑う。
だったら、親は自分が70歳を過ぎても、子供の事をいつも考えなければならない事になるわけでこれは変だ。



知人の友人の子供が、この事件の時、偶然同じ場所に居合わせていたそうだ。
そして、被害者を携帯で撮ったのだという。
おそらくは、何枚何十枚という被害者の写真が携帯やPCから世界中に発信されただろう。

ほとんど、何の感情も持ち合わせないで、興味本位の行動としか思えない。
『常識』や『良識』『思いやり』等の語彙が古典的に思えていく。
しかし、日常をPCや携帯なしでは生きていけない彼らにとっては、特別な行為ではないのだ。
写真を流す行為は、日常茶飯事なのだから、被写体がけが人であっても、ごく普通の人間であっても関係なし。

今日発売の週刊文春に、

青森県一の進学校から「8年負けっ放しの人生」とあるが、
誰が「負けっぱなし」と決め付けるのだろうか?

偏差値の高い大学を卒業して、有名企業に入れば勝組なのだろうか?

『勝った』と思えて優越感に浸った事が逆転する事もあるだろう。
要は考え方次第なのだけれど。


偏差値教育の落とし穴だって、一つや二つじゃないけれど、

まだまだ無邪気な小さな子供を見ると、
犯罪に巻き込まれないで生きていって欲しい。とだけ思うこのごろだ。
# by sea1900 | 2008-06-12 21:59 | 現在
青い地球は何処に行く!

後40年でガソリンは無くなるかもしれない。
食料危機にもなるだろう。
地球温暖化もどんどん進むだろう。
電力も底をつくだろう。
飲料水も少なくなるだろう。
異常気象も今よりももっと激しくなるだろう。
人間も荒れるだろう。
暴力もはびこって、嫌な事件も多発するだろう。

スタンプで押したような『明るい未来』という言葉は、何処かに消える。

義務教育だって、拒絶する人間が増えるだろう。
登校拒否、ニート、校内での問題、まっすぐには生きられない子供達。

問題ばかりが山積みだけれど、
『哲学』を頭で理解するよりも、
山積みの問題のある日常を、たいした希望も夢もなくいき続ける事は、
意味のある事なんじゃないかな。

ただ、生きる事だけに全エネルギーを向けて惜しまない動植物を見習う時もあるはず。

こんな時は、さんご礁の海にでも出かけるのが一番いいのだと思うけれど、
それも時間がないね。

人間が人間を傷つけて、人間恐怖症になっている貴方に言える事はただ一つ。


コミュニケーションがうまくいかずに、落ち込んでいる貴方に言える事はただ一つ。

良い人もたくさんいるよ、この世の中には・・・・・・
# by sea1900 | 2008-06-07 15:38 | 手紙
イギリス映画の良さは、決して派手ではなく、マホガニーのイギリス家具が何年もの間使われるような実直さにあると思う。
 
 孫の病気の為に大金を工面しなければならなくなり、初老のおばあちゃんマギーは風俗業界に入り、天性の『やわらかい手』で、売春はしないでお金を稼ぐというストーリーなのだけれど、そのプロセスの中には、風俗店経営者の移民ゆえの話や、性に対するユーモアも織り込まれていて、きめ細やかな演出がにくい。

平凡にこのまま歳をとっていくしかないと思えるマギーにとって、この事実は彼女自身の大きなターニングポイントとなり、次の人生を切り開いていく事になる。
 元々マギーは強い女性だったと思うが、世間体を考慮して自分を押さえ込んで生きてきたのだろう。ところが、人のうわさや評判を気にせず、自分自身を信じて生きる事に徹する姿に変化した時のマギーの姿には、面白い程スッとした爽やかさを感じる。

シンプルなストーリーを背景に、確かな演技力のマリアンヌ・フェイスフルの自らの再生とダブったような重厚感がすばらしくて、歳をとる意味が見えてくるような作品だと思った。

どんな状況にあっても、マギーの自分自身を失わずに前向きに進む姿には、周りの人を幸せに導くパワーを感じて、心に残るとても力強い映画に仕上がっていた。


 
# by sea1900 | 2008-06-06 22:33 | 映画
男性のロンゲはいただけない。
美しいとは思えないからだ。

先日、友人とさる会場にて丸イスに座っていた。
1ドリンクは、冷たいビール。

友人の前に座っていたのは、ロンゲをどこぞの宗教団体のご一行様のごとく、一つに縛っている女性だった。と思ったら、男性。
艶も無く、白髪交じりのその御髪には、不潔感が漂っている。

ロンゲは+チョーがつくロンゲの2乗。
ロンゲの先がイスの下にある。と言う事は、ここ何年か切っていない模様。

隣の友人が何か様子がおかしかった。後で聞くと、友人のビールの缶にぺったりとロンゲが張り付くので、気持ち悪がっていたのだった。

この話を昨日、人形教室で話したら大笑いになった。



けれど、一番面白いと思ったのは、挨拶もしない暗い影を持つ男性が、
ケタケタと下を向いて笑っていた事だった。
# by sea1900 | 2008-06-05 02:35 | 人間
健康オタクの友人から、3Mix-MP法の歯の治療方法を聞いたのは、2週間程前の事だった。
 これは歯を削らないで、と言ってもエナメル質だけは少し削り、内科でも使われている薬3種類を塗って直すという画期的な方法。

仙台の歯科医師が考え出し、TVでも放映されていたそうだ。
この医師が多くの歯科医師にこの方法を伝授したようだが、どうしても『削る』癖のついている歯科医師の事ゆえ、エナメル質よりも先まで削ってしまい、結果として完全な治療とまでいかないらしい。

で、健康オタクの友人は、自分の歯の症状をfax で事細かく送ったのだった。しかし、医師からは何の連絡もなく、何日かが過ぎていった。

そして、既に諦め切っていた時に、電話をしたらやっと繋がり、医師と話す事ができたそうだ。

 もっと痛くなってから連絡をして、来て欲しいとの事だった。

医師の医療への情熱は、医療の届かない国々まで出向いて治療をするまでになっていると言う。

何事も情熱があってこそ、前進出来るのだ。


市内の○○医師のように、ろくな治療もしないで自信満々に金儲けに情熱を注いでいたら、
それは単なる自己満足と言う物。

人間性が問われる問題だろう。
# by sea1900 | 2008-06-05 01:47 | 人間
今年の一月、久しぶりに行ってみたい所があった。
それはチュークのジープ島と言う小さな島で、水道も電気もつかない所だ。

それで、当時は色々と資料を集めて、6月には行こうと思っていた。

何もない所だから、無いよさがあって、人間の本質だけで生きていけるような良さがあると思っていた。
それでまずは新しいスーツケースが欲しくなり、サモサナイトの赤いスーツケースを購入。

ところが、何処と無く体調不良が続き、3月になったらすっかりさめてしまった。
グアムの夜を一人で乗り切るのもやや不安。外国が怖くなってもいる。

海辺の暑さを思い出したら、暴力的な紫外線から遠のきたいと思ってしまったのだ。

そして最近では、映画とかコンサート、舞台等の方が自分にあっているような気がするのだ。

残されたスーツケースは無用となり、せめて少しは役立って頂きたいとトイレットペーパーが詰め込んである。
# by sea1900 | 2008-06-02 00:40 | 現在
知人は広い屋敷の庭に、サモエドを自由にして飼っている。
屋敷は門で囲まれているので、そういう飼い方は、紐で縛って飼うよりも遥かに良いのだが、困った事があるものだ。

今朝の事、私はその家の庭にいた。

すると、門の外を自転車に乗ってやって来た60歳過ぎのおばさんが、自分の口の中から何か取り出して、サモエドに投げた。

飴玉だった。

サモエドは喜んで飛んで行き、敷いてある砂利と同じくらいの大きさの飴玉を口の中に入れた。
あっけにとられていた私が「飴やるの~!」と叫んだ時には、自転車おばさんの姿はもうなかった。  ( 早~)

最近では、大きなおにぎりやせんべいが外から投げ込まれているようだ。

人気者の辛さとでも言えばよいのだろうか?
拝観料のつもりなのだろうか?
# by sea1900 | 2008-05-27 22:41 | 食べる
『絶対の愛』のあらすじの最初を、30代の映画を観ない女子に話したら、案の定興味を持たなかった。が、そこで偶然私の話を聞いていた年上の男性は、「面白い!」と叫んだ。

直感が鋭いと言うのだろうか。

DVDを貸して、感想を聞きたいと思った。
# by sea1900 | 2008-05-27 22:25 | 人間
キム・ギドク監督の『絶対の愛』を、昨日の早朝に観た。
そして、その重さと疲れに一日を過ごす事と成ってしまったのだ。

キム・ギドク監督の一筋縄ではいかない話の展開には、最初は新鮮さや面白さを感じる方も多いと思うけれど、終盤は救いのない暗さや絶望感のあり地獄に突き落とされてしまう。

その絶望感に浸った時のヒロインの狂気を表す事が、キム・ギドク監督にしか出来ないのだと思う。

美容整形大国の韓国という背景は、簡単に自分を変える事が出来るチャンスを与えてくれる訳で、日本人から観ると、まだまだ他人事だろう。
 お国柄というのは不思議な物で、実際、韓国では小学生にも美容整形をさせる親もいるようだ。

ごく普通の若いカップルが、交際2年も過ぎると自然にぶつかる壁に、ヒロインは美容整形をして、名前も変えて彼の前に現るが、彼の心の中に生きている元の自分に嫉妬し、悩んでいく。

『絶対の愛』という幻を追い求めたゆえに、逃げ場がなくなり、『狂気』に走るヒロインの姿には、めいっぱいに生きる女の精気さえ感じてしまう。

『愛の限界』を見極められなかった罪なんかあるはずもないし、結果としてこうなっただけの事だと思うけれど、非情な残酷な話だ。

人間の奥底にある残酷さを、これでもかと監督は生活の中に持ち出して、
最後には、観た人に判断をゆだねている。
 

非情に面白い映画でもあるし、重い。
正直な人間にしか作れない映画でもあると思うし、人間の頭脳と心のバランスを常に考えている作品だと思った。

商業ベースの韓国ドラマに対して、しっかりとした主張のあるキム・ギドク監督の映画の面白さを観る結果となったが、作品の中に度々映し出されるペミクミ彫刻公園の面白さはとても新鮮で、独特のセクシーさが良い。
# by sea1900 | 2008-05-26 00:41 | 映画