ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

<   2006年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

d0063550_21412055.jpg


この映画は、ドキュメンタリーで、写真の奥村和一(おくむらわいち)さんが、現在も戦い続けている戦争体験を映画化している。
日中戦争が1945年8月に、日本の敗戦によって終わり、中国の山西省にいた5万9000人の日本軍部隊は、中国国民党に降伏した。国民党の将軍・閻錫山(えんしゃくざん)は、共産党軍との戦いに、日本軍を必要とし、降伏してきた日本軍の司令官と交渉して、日本兵2,600人を残留させたのだった。以後、数年間、2,600人の日本兵達は中国の共産党軍と死闘を繰り返す事になった。
彼らの多くは、この戦いで戦士したり、捕虜になったりして、生き残った人達が帰国出来たのは、国民党が敗れて、中華人民共和国が設立してからの事だった。

さて、帰国すると、今度は日本政府が彼らは軍の命令ではなくて、勝手に残留して閻錫山の用兵になったのだとみなし、旧軍人としての補償や恩給の対象からは、一切除外したのだった。

これらの軍の犠牲になった人達は、既に80歳を越していて、訴訟を続けているのだが、訴訟グループの一人が先の、奥村和一さんなのだ。

奥村さんは1924年、江戸時代から続く雑貨商の長男として、新潟県に生まれた。
1944年、早稲田大学専門学校商科在学中に、徴兵され、上記のように、帰国出来ずに、1948年、重傷を負い、この時に受けた砲弾の破片が、今も左半身にびっしり残っている他に、左耳の聴力と全ての歯を失った。
脱出途上、部隊からはぐれて、隠れていたところを人民解放軍に見つかり、捕虜となって、以後6年2ヶ月間を炭坑や農村での強制労働などを負わされる抑留生活を送った。

1954年にようやく、帰国を許されるが、故郷で待っていたのは、終戦翌年に既に軍籍を抹消されていたと言う衝撃の事実だった。
更に、<中共帰り>というレッテルが貼られ、公安に付きまとわれ、居たたまれない思いで、上京する。

63歳で退職してから、山西残留の調査・究明一筋に生きている。


登場人物の方々は、皆さん怒りと悲しみを抱えながらも、自分に残された時間との戦いを生きている。そして、実名で、映画に関わり、当時の日本軍がどのように残酷だったかを語るのだが、若い時に受けた教育が、その人の人生を左右してしまう事を思い知らされた。

同じ軍にいた元中尉や元中佐が語る言葉の重みは、真実を生き抜いた人間の力強さを感じさせてくれる。

脳梗塞で10年以上前に倒れてから、病院で寝たきりの生活を続けている宮崎舜市元中佐は、撮影当時97歳だった。奥村さんが、ほとんど意識の無い宮崎さんを訪ねるシーンがある。
すると、唯寝ているだけの宮崎さんが、声にならないうめきで、奥村さんの話に頷くではないか!
この映画の中に生きているのは、そういううめきで、深く強く心に響いたのだった。

当時の澄田軍司令官は、1949年に飛行機で脱出して、日本に帰国し、戦犯となることを逃れた。ポツダム宣言や天皇の命にも背きながら、戦犯にも問われずに、特別待遇だった軍人もいるのだ。

歴史を認識する事は、戦争の事実を認識する事でもあって、戦争とは、それ程に深く重い事なのだと思う。

靖国神社で、小野田さんが演説しているシーンがあるが、小野田さんは、既にマスコミの人となっていて、靖国神社の戦犯にも頭を下げる姿勢だった。
奥村さんが、小野田さんに言葉を掛けるが、小野田さんは小泉首相のような態度で、去っていった。これが結構強硬で、小野田さんは、天皇に命を掲げた人だと確認出来る。
小野田さんの、何かにやけた姿に、私はがっかり!

奥村さんが、2005年夏に撮影隊と共に、中国を3300キロ走り、<肝試し>として中国人を刺殺した寧武を訪れ、当時を思い出すのだが、加害者でもあるけれど、普通の人間を加害者に仕立て上げた戦争の残酷さを問う姿は、圧巻だった。




→続きが読みたい方は、クリックしてください!
[PR]
by sea1900 | 2006-08-31 23:29 | 映画
今日は、最初に『太陽』を観て、次に『蟻の兵隊』を観た。
どちらも、太平洋戦争に関している。
d0063550_23135038.jpg


『太陽』は、それまで神と信じられていた天皇を、静寂の中で、一人の人間としての苦悩や家族の愛を、ロシアのソクーロフ監督(1951年生まれ)がイッセー・尾形(1952年生まれ)を天皇役として描き、プライベートな部分をメインに好意的に描いていた。
アメリカ人が描いたら、全く違う天皇に成っただろう。
好意的だったので、ほっとした。
当時の軍の力は強くて、天皇は、実際にはロボット状態だったと思うし、平和を誰よりも願いながらも、そう出来なかった責任者としての苦悩は、天皇を深い悲しみと孤独へ追い立てたのだと思うからだ。
それなのに、批判的に描かれていたとしたら、お門違いだと思っていた。


実際に、大正時代生まれの人や、昭和初期に生まれた方達にとって、『天皇』とは、遥か彼方の雲の上の人であった訳だが、戦後の『人間宣言』を持って、死を迎えるまで、ある意味において戦争責任を取り続けたのだと思う。
ある意味とは、生き続けて戦後の日本の再生を応援した事だろう。



皇后役の桃井かおりの登場するシーンは短いのに、存在感は大きい。
何時の頃から、こんなに上手い女優に成長したのだろうか?
前面に暖かさを、内面に優しさを含んでいて、その1カット、1かっトにそれらを吐き出すので、圧倒されてしまう。

イッセー尾形は、言葉少なく、静かに、時にユーモアを含んで、日本の天皇を演じていたが、彼でなくては、こんなに良い映像を我々に見せてはくれなかったと思う。
マッカーサーとの会見では、天皇を理解出来ない彼の苛立ちも見えるが、それは天皇とて同じだっただろう。事実はわからないが・・・
また、天皇と侍従との関係も面白かった。佐野史郎の抑えた演技が、鈍い光で、天皇を照らしているようで、印象的だった。

「あっそう!」という天皇の名文句は、何度も使われていて、イントネーションも全て、天皇に似ていた。そう、そう、何よりもイッセー尾形が、セリフを話す時に、口をモゴモゴとするしぐさは、そっくりで、名演技だった。

如何して、監督は天皇を描いたのかと言うと、1999年には、『モレク神』(ヒットラー)2001年には、『牡牛座』(レーニン)と、20世紀の怪物達を一人の人間として見つめる連作の第3作目として取り上げたそうだ。
「闇に包まれた国民の前に太陽はやってくるであろうか?」と自問していた天皇ヒロヒトの人間性に光を当てている厳かな雰囲気の作品で、昭和天皇を知らない人も、知っている人も、昭和史を語る前には、知っておく必要があると思う。



劇場は銀座のシネパトスで、9割方満席で、観客の平均年齢は高かった。
よろよろしているご老人も観に来ていたが、若い人にも是非、見て頂きたい。
淡々としながら、色彩や思い音楽に囲まれた映像の、芸術性のある作品だと思う。
監督が鬼才なら、イッセー尾形も奇才!


d0063550_2334392.jpg



→映画の好きな方は、クリックお願いします!(そんなに好きでなくても)
[PR]
by sea1900 | 2006-08-28 23:49 | 映画
今週中に、是非観たいのは、昭和天皇を描いた『太陽』と、戦争を描いた『蟻の兵隊』で、何時にしようかと現在思案中。

『太陽』は、宮内庁の承諾を必要としたのだろうか?
この間、渋谷のシアター・イメージフォーラムで、ご年配の方は皆さん、地下のシアター(蟻の兵隊)に向かっていた。
ところが、60代とおぼしきご夫婦が、一階のシアター(顔のないものたち)のシートに座っていたので、私は、『大丈夫かな~?』と、はらはらしていた。
暫くして、係員の説明があり、ご夫婦は、シアターを間違えていたのが解り、ほっとしたのだった。
失神するか?シアターから出て行くか?のどちらかに決まっていたからだった。
『ショックはラッキーの始まり』が、当てはまらない事だってあるようで。。。。。



→クリックは、ラッキーの始まり!
[PR]
by sea1900 | 2006-08-27 03:03 | 映画
カオリ・ナラ・ターナーの事を知ったのは、何年か前のTV番組だった。

彼女はダンサーとしてのそれまでの人生を、身体の故障から断念せざるを得なくなり、30代で、メイキャップ・アーティストへの転向をしたが、今や、アメリカでは第一人者として、活躍している。
現在70歳を超えていると思う。

私は、その番組を見たときに、メモしておいた紙切れを、pcに貼り付けたり、書棚のガラスに貼り付けたりしていた。そして、さっき、はがした。

ショックは、ラッキーの始まり  カオリ・ナラ・ターナー
一言だけなのだが、この言葉が彼女の人生を物語っている。




→クリック・クリック!
[PR]
by sea1900 | 2006-08-27 02:21 | 人間
昔、大奥の事を書いて、それを連載にしてみたいと思っていたが、あれやこれや調べている内に、<何処の誰が将軍の母親だったとしても、道でもいいや・・!>と思い、止めてしまった。

最近、BOOKOFFで眼にした本を買ってみたら、大奥の女達100人について、評伝、小伝から描いていた。

かなり、記録的な物で、『江戸城大奥の女たち』  卜部典子(うらべのりこ)作  と言う。

表紙を開けた時、そこには、私と同じようなフニャッとした字体の卜部典子というサインがあったのだ。
おそらくは、サイン会の時の物だろう。 ○○様 とも、書かれている。

大奥は徳川将軍家の血筋を絶やさない事を目的として、作られた女だけの社会で、外部に大奥の事を話す事が禁じられていた為に、色々な憶測が、実像とはかけ離れた大奥を語ってしまっているようだ。
権力社会にあっては、権力を握る男にくっついていた方が、女は幸せだと思う。
勿論、食うや食わずよりも、と言う意味なのだが、環境に支配されやすいのは、昔も今も同じでは無いだろうか?

それは、逆に女の弱さを象徴しているだけなのだが、「いけない!」とは、申せませぬ。

デヴィ婦人が今も芸能界で楽しめるのは、単に権力者の夫人だっただけの事だし、そういう過去を我が物として、上手く自分を消化させている。
もしも、江戸時代の将軍の夫人だったら、お万の方と呼ばれ、尼さんになり、
派手な世界からはかけ離れた暮らしをさせられていただろう。
大奥には、お万の方と呼ばれた女は4人いて、彼女らは将軍の寵愛を集めた女達だった。

如何して、話がデヴィ婦人の事になってしまったのだろうか?
インドネシアの大統領の第3婦人となったデヴィ婦人は、きっと大奥の様な世界に入り込んだのだと思えるからなのだろうか?




→そち!ここを押せと、もうしているではないか。。。
[PR]
by sea1900 | 2006-08-26 00:40 | 男と女
 昨日は、アトリエに向かう時に、新宿のデパートで先生への差し入れのカップスープを買った。味噌汁を買って行った事もあったので、昨日は、スープ類に的を絞り、幾つか選んで見た。
マギーブイヨンの会社で作っている、黒ゴマ入りのスープや、トムヤンクン風(あくまでも、・・・風という一見、謙虚そうに聞こえる点が気に入っただけ)とか、春雨入りの黒酢入りのスープという健康お宅にはのどから手が出そうなスープがあって、5つを選んだのだった。

さて、先生は5時を過ぎて、健康的なお弁当を広げ、流しで、固まっていた春雨をカップに入れて、スープの袋も開けて入れ、お湯を注いでいた。

「こういうのが美味しいんですよ!」と、私に言いながら嬉しそうにお湯を注ぐ姿は、漫画『おそまつくん』の中のラーメン好きの小池さんのようだった。そう言えば、前髪の縮れがそっくりだ。
     
  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

スープと言えば、少し前に、金持ちの友人から「良かったら食べて!」と、帝国ホテルのスープ缶の詰め合わせをおすそ分けされた事があったが、デパートで見たら、1万円だったので、一缶250cc位で、800円もしたのだと思うと、もっとじっくりと味わえばよかった等と、貧乏根性が甦ったのだった。
ところが、缶入りだと、どうも缶臭さが気になってしまい、そんなに美味しかったとは思えなかったのだ。
友人の家は、お中元やお歳暮が山の様に届くので、一般家庭から見ると、すごく珍しいご馳走を頂いている事にも成るのだが、やはり、好みという高い壁が横たわっているのも現状だ。
だから、帝国ホテルのスープは、好きではなかったのだし、もしかしたら、何処でも買えるカップスープの方が、好みだったのかも知れない。
1万円で、カップスープなら50個以上は買えるのだし、子供達のおやつ代わりになったかもしれない。

また、私は別の金持ちの友人の家に行くと、決まっておすそ分けされるのが、缶ジュースの組み合わせで、缶数が多いと40缶も入っているので、駐車場まで運ぶのに、クロネコのお兄さんになった気分になってしまうのだ。
そう、荷物を集めに来た様な気分だ。
それでも、帰宅してから、オレンジ、りんご、パイナップル・・・と、子供みたいに分けてみるのが楽しい。
果汁100%でも、あるのは糖分だけで、ビタミンなんか、少しも入っていない事も重々承知だが、たまには美味しいと思う。
如何して、100%なのに、ビタミンが無いのかと言うと、粉末で輸入しているからなのだ。

しかし、この事自体は、嘘付き食品でもなんでもない事で、それよりも驚くのは、りんごジュースに香料とその他の加工を施して、パイナップルジュースとして売ったりしている事だろう。

そんなこんなで、嘘付き食品がはびこる今日日には、むしろ、本物志向の食品が忘れられて、味覚が鈍感になっているはず。

食べ物が豊富な日本にあって、実はその恩恵にあずかっていないのかも知れない。(トホホ・・・)



→美味しいものを食べている人は、クリック御願いします。。。。
[PR]
by sea1900 | 2006-08-25 23:56 | 食べる
『呼吸しろ』は、6作目の最後だった。

主役の女流画家は、一人暮らしで、製作に行き詰っていた。
エレベーターの中で、出前の青年を見かけ、その男っぽさに魅せられた画家は、青年とのセックスを妄想するようになる。何度か出前を注文して、チャンスを伺うのだが、あくまでも期待外れ。そして、最後には、自分から青年を誘うのだった。
平凡な一人の毎日に、光を見出したく成った時、それがセックスだったとしても、不思議ではない。そういう風に、心の隙間を埋めてくれる物だろう。

『呼吸しろ』とは、生と性が結びついた『ブレス』の意味だと思う。生きていくと言う普通の事と、セックスとは、常に連動しているし、当たり前の事なのだ。

ところで、昔の『東京電力OL殺人事件』を思い出すと、彼女は呼吸したくても、上手く呼吸出きないで死んでいったのだと思えて成らない。異常な性癖は、それらの弊害だったのかもしれない。

男なら金を使って女と遊ぶ事は出来ても、一般的な女性は、そうはしないのだから、結婚とは、女性にとって、普通は心身ともに安定を与えてくれるので、都合が良いと思う。

女性から見た『欲望』は、目立たないけれど、命の神秘ささえ感じさせる物では無いだろうか?



→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2006-08-24 01:04 | 映画
22日は、渋谷のシアター・イメージ・フォーラムで、韓国インディペンデント映画2006の中から、プログラムEとAを観た。作品は全て、セックスとジェンダーに関する物だ。
プログラムEは、短編集6作で、私に短編の良さを見直させてくれたのだった。

まずは、『狂気の歴史』
主人公の大学講師は29歳とは思えない落ち着いた感じがする。ネットで、出会った売春婦が、2度目の約束を守らなかった為に、彼は女に復讐を誓う。
復讐とは、彼のマンションの部屋に閉じ込める事だった。
綺麗に整理された部屋の机に座り、読書をする彼、そして、もう片方の部屋で、絶望に打ちひしがれる女がドア一枚を隔てている。

女のいる部屋は、10畳位のフローリングの部屋で、ほとんど四方が背の高い本棚で、何百冊かの本が並んでいる。女は最初、抵抗を試みるがその内に、鍵が外からかけてある事や、男よりも力が弱い事を再確認して、逃げる事を諦める。

ちょっと、この辺は、ホラーっぽい。
と言うよりも、新潟で起きた監禁事件を思い出させる。

が、何が違うかと言うと、男は女にこう言うのだ。
「ここにある本を、全て書き写せ!それが終わった時、外に出られる!」と言う物で、女は、座り机に向かい、膨大な量の本を一冊づつ、写し始める。

ドアは下の部分に、顔一つ入る位の大きさを切り取られ、食事のトレーが、こちらとあちらを往復する。
そして、男は、その切り取られた所から、中を見て驚く表情をして、映画は終わる。

驚く表情の原因は、解らないが、女が死んでいるのではないだろうか?と思えた。
短編なので、19分で終わっていて、サスペンスタッチだった。

『狂気の歴史』とは、振り子の発明をしたフーコーが1961年に書いている本のタイトルで、監禁という語彙があった。(難しいので、ココは略)

ラストのシーンが何を意味するのかが、知りたい。。。。


→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2006-08-23 23:56 | 映画
大学病院の看護士の紹介で、市内で開業を始めたスポーツクリニックに行った。
専門医としてのスポーツクリニックは、一般の整形外科とは違い、リハビリに力を入れている点だろう。
今日驚いたのは、午前中に訪れた、開業して間もない『耳鼻科』同様に、建物が全て、バリアフリーで、玄関と床の境が無くて、車椅子でも、ラクラクスイスイと動ける所だった。

で、スポーツクリニックの方は、
午後1時から8時半までの診察で、医師や看護士、受付の事務処理の人達全てが、白いロゴ入りのポロシャツや、Tシャツ姿で、スポーツジムに来たような雰囲気だった。置いてある雑誌類は、ほとんどがスポーツ誌で、中・高校生の患者ばかり。あっという間に患者は、30人位になっていた。

40歳位の医師はPCで、カルテを作りながら、話を聞いている。
で、良く見たら、俳優の陣内に似ていた。
もらった薬は、シップ薬ではなくて、シップ薬の塗り薬だった。シップ薬は、追突事故の時に、病院で山の様にもらったのがあるから、これ以上は要らなかった。

この町の、ショッピングセンターの近くは、最近どんどん、店や病院が相次いで開業しているので、便利になっている。
後、大きな店舗のダイソーと、大きな書店があれば、完璧だ。

しかし、田舎は完全な車社会なので、車の運転が出来なくなった時は、全ての便利さが遠のいてしまう恐れもあるのだ。流しのタクシーも無いし、バスだって無いのだから、そんな時には、自転車だけが頼りになるのだろう。
老後は、何処に住んでいるのか解らないが、とにかく便利な所が良いと思う。






→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2006-08-21 22:15 | 現在
午前中、昨日から危篤状態だったイカ太郎が息絶えた。
他の犬ではなくて、イカ太郎が亡くなった時は、きっと涙が途切れないだろうと思っていたのに、自分への予想は、見事に外れて、一滴の涙も出なかった。
それは、『寿命』を全うしてくれたお陰でもある。
そして、扶養しなければならないと言う、愛情と義務の紙一重からの開放感もあった。

命は永遠ではないから、必ず一人で生まれて、一人で死んで行くだけ。順番通りならば、感謝しなければ成らない事でもあるはず・・・

その後、それまで使っていた広いサークルを洗って、部屋を大掃除したのだった。

見送る音楽は、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』で、洗練されていて、ファンキーな曲。
キューバの音楽が、生き生きと、イカ太郎の若い時を思い出させてくれた。
それは、これらの音楽が、人を徹底的に作り直す力を持っているからだろう。

そういえば、親戚の中学生がこの家に来た時、流れていたこの曲を「イケテル~!」と表現していた事があった。きっと、初めて聴いて、不思議な感動を覚えたのだろう。そんな曲だ!


香りは、フランス製のアロマで、ミント系を焚いた。
そして、ミントの香りが、広い部屋中に届いた時には、既に午後3時を過ぎていたのだった。
クーラーの中で、この部屋の住人である、残り5匹のチワワ(6匹は別の部屋なので)達は、お昼ねから目覚めない。


こうして、私の暑い夏は、静かに終わったのだと、心に刻む事が出来た。
8月20日の暑い日、イカ太郎との暮らしは終わった。

チワワの原産国は、メキシコのアルコ地方だが、中国経由ではないか?と言う説もあるそうだ。
大昔の事なので、だ~れも知らないのだ。
メキシコでは、神聖な犬として大切にされて来たそうだが、イカ太郎もそういえば、ある意味、神聖な部分があったのかも知れない。

→クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2006-08-20 17:26 | 現在