ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

<   2005年 09月 ( 108 )   > この月の画像一覧




d0063550_1314829.jpg今日の夕方には、市内でクラス会がある。
一度は断ったのだけど、3日前の夜の電話に誘われて
やっぱり、行こう!と考え直した。


高校は女子高だったが、進学の勉強で面白い思い出も
ない。ただ、女ばかりだったので、楽な時があった。






私がいたクラスは51人もいたけれど、前回の会では
過半数しか集まらなかったという。
私は今まで、参加した事がなかった。

昔に帰る話は好きではないのだ。
それが大きな理由。


51人の内、2人は熱心な宗教の信者になっている。
一人は、創価学会、もう一人は創価学会の枝分かれの様な宗教だ。

創価学会の枝分かれみたいな宗教の虜になった元、友人からは
クラスメートにこの時の名簿から、宗教のご案内が送られていた。

それで、今日会うと、宗教の勧誘をするんじゃないかと思っている。
信者は時と場所を考えずに、いつでもチャンスと考えているからなのだ。

知人の所の長男が(現在22歳位)小3から登校拒否で、当時しつこく
宗教の勧誘があり、断ると「そんな心がけだから、こんな事になるんだ!」
とはき捨てていったのは、この宗教だ。


宗教はしつこい勧誘で信者の獲得をしている。
明日が、見ものだ。


私はどんなに仲が良くても、宗教に入ってしまった友人とは
その関係を切る。
すでに、同じ次元ではないと思うから、付き合えないと思っている。

身の回りに母親が「エホバ」の熱心な信者に成っている友人がいる。
本人は母親に薦められても信者にはならなかった。
今までに、母親の宗教の事では随分と苦労したらしい。
エホバは何でもダメダメダメ!で、年賀状もいけないのだそうだ。

お祝い事もいけないし、ご存知と思うが輸血もいけないのだ。

ところが、友人の友人の医師の家では、エホバの信者を家政婦として
働いてもらっている。
それは、エホバの信者が正直で、ウソを付かないし、泥棒をしないから、
家の中にいれても心配が無い。という理由からだった。


宗教の教えのよさを上手く考えた結果だった。

しかし、宗教に入る人はどこか弱いと思うし、そうでなければ、
とてもそんな教えに自分の人生を賭けられないだろう。


信じる者は救われたのだろうか?




→クリック、オネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-24 01:02 | 現在
d0063550_23183328.jpgドイツの平和村にて



今日の夜9時から日本TVで、「超感動スペシャル!」を観た。
この中で最後に放送したドイツの平和村での
子供達について書いてみたい。


ドイツの平和村には、世界各国から、内戦や紛争で犠牲になった
笑いを忘れた、心と体に大きな傷を持った子供達が集まっている。
アフガニスタンから4年前に、歩く事も出来ずにひじから先がない
少年が来た。
そしてこの4年間に14回位の手術を受けて、再生した。



ひじから先がないと普通は義肢をつける事が考えられるが、
彼は再生した後にアフガニスタンに戻らなければならない。
平和な国に戻れるならまだしも、そうでない場合は、
義肢が壊れてしまったら、代わりの義肢はないし、
本当の再生とは言えないのだ。

それで、さすがにドイツ!と私はえらく気に入ったのが、
第一次世界大戦の時に考えられた、クルッケンベルグ方という
名の手術だった。

最先端の義肢をつけても、意味が無い場合、この手術で、ひじの所を
大きく2等分し手のようにして、日常生活を送る事の出来るようにするのだった。
それからリハビリの連続になる。

カラダを再生させる村
ドイツの平和村、生命のチカラはあきらめない


このコピーの放つ力強さは、日本にはその歴史もないし、
また、そう考える原動力が無いのだと思えてしまった。


最後には国に帰るシーンになったが、本人曰く、
「あのままだったら、自分は何も出来ない人間に成っていた。」と。


ドイツの医療と平和への貢献への姿勢はすばらしい。
私もここを訪ねてみたいと思う。
前から行きたいと思っていたドイツやポーランド。
行く目的が一つ増えたのだった。



→こういうTV番組はよいと思う方はクリック、オネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-24 00:02 | 現在
d0063550_2232882.jpg


普段は地味な格好で地味に、
真面目に仕事をしている20代の女性
Sさんを去年の夏、韓国ホラー映画「箪笥」に誘った。
この時はSさんの他にも2人の20代の女性も一緒だった。




2人の女性はこの時に、私の家に泊まっていたので、私と車の中で、
Sさんを待っていた。

時間に遅れて、Sさんは車でやってきたのだが、本人と解るまでに
少し時間がかかった。




初めて見るSさんのファッションは、ビジュアル系だったのだ。
めがねをとり、コンタクトレンズを入れて、いつもは髪をまとめているのに
それを垂らしているので、何処の誰か解らない。

マスカラでくっきりとした眼に変えて、ファンデーションを厚めに塗っていた。

すでに解散しているXjapanみたいな雰囲気で、黒い上下に黒い靴。


その後に観た「箪笥」なんかちっとも、怖くなかった。
本心は結構過激なんじゃないか?と思えた瞬間でもあった。
自分の発散場所がたまたま、ビュジアル系の外見だけだったのかも
知れないけれど・・・・・





→好きなファッションを楽しんでいる人は、クリックしてください。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-23 21:52 | 人間
d0063550_13304779.jpg



お昼に3人の20代の若者の為に野菜てんぷらを揚げていた。
玉葱と細切りの人参、ナスにソーセージとよくあるパターンだった。

原価が安いのに、結構評判がよい。
揚げた物を油切りして中濃ソースや醤油に付けて置く。
そうすると、普通のてんぷらよりもしっとりと美味しい。


私は昔から健康で頭痛も知らないし、風邪で寝込んだ事は5年位前の
元旦に一度だけだ。でも、今日は気持ちが悪かった。


酔い~しれるほど、怖いのよ~~~と言うのは、「コモエスタ赤坂」だけれど、
酔いしれるほど、油の臭いで気持ちが悪くなってしまった。
ふら~~~~ふら~~~と胃が動くようで参った。
健康優良児としては、一度位はガタッと倒れて、「大丈夫!しっかりして==」
なんて、言われてみたい物だ。
健康だと昔から誰も気に留めてはくれない。


自分で作った料理はあんまり食べたくなくなる。それで、昨夕に食べた
デニーズのラザニアなんかがすごく美味しいと思うのは
実は味だけではなくて、ゆっくり出来る雰囲気と、自分は食べる事に
徹する事が出来る為だろう。

デニーズでは昨日から鍋物の秋・冬メニューが登場した。
先週まで、ドライにして眠っていたのに,すっかり秋になった。






→外食が好きな方はクリックしてください。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-23 14:04 | 食べる
d0063550_2113066.jpg



新聞読んだ?の今日の記事を読んだので、
みなさんはこの絵を見て下さい!
この4人の女性を!4人共、公認です。

セクハラと女性蔑視以外の何者でもないと思うけど。
4人は選挙の時のように、立ちあがらないのだろうか?

詳細は新聞読んだ?を読んでください!
新聞じゃなくてね・・・・・新聞読んだ?です。





        ハラタチまぎれの一言・・・・・・クリック御願いします。
                                 おねがいします。
                                 オネガイシマス。
                        < おっとっと、選挙運動みたい>
[PR]
by sea1900 | 2005-09-23 02:18 | 現在
昔、出会ったOさんは、当時30代前半の家庭持ち。
3人の小学生と奥さん、自分の母親という6人家族だった。

彼は私生児で、母親が仕事をする為に施設で育てられた。
父親については、母親に一度だけ聞いたんだそうだ。

でもその時の母親の浮かない顔を見てからは、言いたくないんだから
聞いてはいけない!と思ったと言っていた。
それもそうだ!


施設に母親が面会に来ると、親のいない子から
ひがまれたり、したらしい。
そして、Oさんも荒れたらしいが、更に悪い奴もいるそうだ。
子供の社会が出来上がっているんだ。

小学校に通うようになって、学校で何かなくなったりすると、
施設からきている子のせいにされたり、言われたり、
差別されたようだった。


20代前半で結婚して家庭を持った。
奥さんが従順でおとなしいので、亭主関白。

ある時、Oさんの家のトイレを借りりようと、私は3部屋の家の中の
子供部屋を横切る事になった。

3つの学習机とランドセル以外、何もない6畳間だったのだ。
何も無いって、今時珍しいと思う。

物を持たない生活がこの家では当たり前で、
すっきりといえば、すっきりだった。
しかし、シンプルではなく殺風景な光景は、
なぜか不安にもなる物だった。


今日読んだ東京夜話に出てきたC子ちゃんの部屋の殺風景さが
私に焼きついたこの部屋と同じようではないかと思われた。
Oさんの人生観が刷り込まれているような部屋では無いだろうか?


親からの愛に包まれて幸せが当たり前かと思うと、
色々な事情を抱え込んでいる子供もいるんだと思う。

でも、自分の子供を育てられなくて産むなんて、
そんな事でいいのかと思うのだ。

C子ちゃんも今、幸せならいいな~と遠くから思う。


→シンプルと殺風景とは違うと思う方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-23 01:51 | 人間
今日、知り合いの65歳位のおばさんに「わたくし、こんな絵をかいてます
の今日の絵を見せて、
「上手いでしょう、12歳でかいたんですって!」と言ったら、
「これは、ホームページね!」とごり押しの強い感じで言われた。

それで、「BLOGはHPとは違うんだけど、毎日、自分で書いていくんですよ!」
と言ったけど、言葉が通じない。

これを馬耳東風って言うんだな~~と実感!

このおばさんに説明したのは、今日が2回目なのだ。

ところが、この方は自分の会社で使うからと言って、
エクセルは2級は取ったし、ワードだってすごいのだ。

シニアと呼ばれる方のパソコン熱は真面目で、熱心だから、
あ=====っというまに、2級位になっている。

しかし、PCで遊ぶ事が出来ないのだ。
料理のレシピを見る程度はする。
電車の時間を調べたり、宿の予約をしたりはする。

ただ、それだけ・・・・

このおばさんと私と27歳の彼なしの友人の話は、こんな具合。

おばちゃん「だから、ほら、netで彼を見つければ、!若いんだからさ」
27歳「それはデスネ~~、危険と言う物です。」
私「よく、殺されたりあるでしょ!危ないんですよ!」
おばちやん「私はそんな気はないけど、スリルがたまらないんでしょ!」

27歳も私も、出会い系サイトの話では無くて、BLOGのコメントの
話をしていたのに、そこに割り込んで、出会い系の話を
夢中でするおばさんに、あきれてしまった。

いくら話しても、話が通じなくて・・・・もう話さないぞ!!!


→この話を読んで、次元の違いを感じた方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-23 00:15 | 人間
d0063550_22571410.jpg


実物は、これ↓d0063550_2301956.jpg
デコるノートでは無くてデコりノートでした。
中高生が最近書いているノートで、表紙や中にポスカペンを使ったり、
レースやビーズを貼り付けたり、有名人の写真も貼ったりと
デコデコ飾る。
昔、デコトラというデコレーションしたトラックがはやったけれど、
これのノート版みたいな物。

プリクラにもデコったりしている。
上の雑誌は2005年、ラブベリーの7月号。
シタノ実物ノートは小学6年生の初歩的な物。

わたくし、こんな絵をかいています」の佐藤さんにコメントしたら、
「デコるノート」が解らないといわれたので、ちょい、説明でした。




→流行は面白いと思う方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 23:20 | 現在


d0063550_2344428.jpg

近くに子供の為を優先に考えて実行している保育園がある。
市の保育園とは全く違う。

ここの保母さんに知り合いが何人かいるので、
園内を見せてもらう事が何度もあった。

まず、TVは無いし、テープやCDの音を聞かない。
本物の大太鼓やピアノの音で運動会をやる。

歌を歌う。
良く散歩に連れ出す。
お昼には美味しい昼食がでる。
3時のおやつは手作りのお菓子やおにぎり、ふかした芋等が出る。


他にもたくさんの納得できるいいと思える事がある。

子供にとって、CDの音やテープの音は、音としては聞こえないのだ。
これらは、5分や10分もすると、単に雑音として聞こえるのだと言う。

ピアノや太鼓と言う楽器の音ならば、音色として幼児の脳に届くそうだ。

これを考えると、TVをだらだらと流している事は、
幼児は元より、大人にも良いはずがない。

幼児にとっての騒音は実は、家庭内にあった。

その事をどれだけの親が解っているのだろうか?
子供を守るのは、まずは大人の自覚から始めないとダメだ。


ちなみに私は、映画は好く観るが、特別な面白さのある番組しか
TVは観ないし、時間もないのが現状だ。


私は自然の音や音色を大切にしたいと思っている。
情感のこもった音色は空気までも透き通る。
だから、大好きな物と暮らしていきたい!と思う。



→TVのつけっぱなしが嫌いな方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 02:15 | 現在



d0063550_1233664.jpg

前に書いたと思うけれど、澁谷のトリミングスクールに通った事があった。
そこで、仲良くなった大阪出身の女、Eは既婚でダンナと通い始めていた。
 Eは当時32歳位で、それまではたまにアルバイトをする程度の主婦だった。

ダンナはこういう元気な奥さんにはふさわしいおとなしい従順なタイプ。
現在、彼らの店は澁谷区にあり、今、東京の電話帳を見ると懐かしい。

ダンナはそれまでは自営だったが、Eの犬好きにつられて、商売変えを
考え、Eと共にこのスクールに入ったが、本人が犬好きでは無かったので、
すぐにダウン。
Eが一人で覚えた。
Eは身長164cmで均整のとれた健康的なスポーツマンで、
スクールに入ったら、絶対に忙しくなると考えて、
夫婦でハワイで遊んできていた。

ウインドーサーフィンは初め、倒れているのを自力で
起こさなければ成らない。
女性にはきついと思うのだが、Eはすぐに起こせたと言う。
体力があるから逞しい物だ。

こうして1年後には、開店にこぎつけた。
何ヶ月かした夏の夜、電話すると、その日は店が休みで
Eはビールに酔っていた。

ガラガラした声で、「お好み焼きがつまみだよ!」と言っていた。
お好み焼を作るのは、大阪出身だから朝飯前だったのだ。

Eは当時私にしきりと、オーストラリアで老後を暮らさないか?
と薦めるのだったが当時の私はオーストラリアに興味がなかったのだ。

なぜなら、海にはサメが出るし、戦争中には、サメの餌食になった日本兵が
多かったという話が頭にあって、引っかかっていたのだ。

Eは結婚前に2年間、オーストラリアで日本人の友人の仕事を
手伝っていたのだと言う。
それで、オーストラリアを気に入っていた。


大使館に行って、資料を集めてもいた。

Eはろくに働いた事もないのに、犬の美容室の経営にも明るくて、
商売向きなのだ。
Eは「自分のネエちゃんは大学卒で、チャンと就職して社会知識も
あるけれど、それを発揮する事もないのに、社会経験もない私の方が
金儲けはどういうわけか上手い。だから、経験だけじゃないんだよ!あはは・・・」
と明るく笑い飛ばすのだった。

その後、Eは食べ物商売をやりたいとも私に言った。
かなり計画的で、いずれはオーストラリアでやりたいと語っていた。
これは、回転寿司の店。


後になって、Eは株で大もうけしていた事を知った私は、
生活力に溢れたたくましい大阪の女を知った気がしたのだった。

オーストラリア!未知なる大陸が最近では身近な物に思えてきたな~~




→お好み焼きの好きな方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 01:11 | 人間