ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

<   2005年 09月 ( 108 )   > この月の画像一覧



d0063550_197865.jpg

さっき、LIZAと魚の話(さっき、書いた内容の話)をした。
LIZAに「マニラにある生鮮市場に行った事がある?」と聞かれた。

マニラでは、お土産屋にしか行った事がない。

フィリピンでは良く見かけるテラピアという魚を,日本人は「ピラニア」と
呼んでいるそうだ。これは、読み方が似ているせいだろう。
でも、テラピアはピラニアのように、どう猛ではなくて、普通の魚だと言う。

日本でも、例えば八丈島の住人が呼ぶ魚の名前が、地方の魚屋では、
同じ魚でも、違って呼ばれる事が多い。
 考えると、私達が一般的に食べている魚の数は、そんなには多くない
のではないだろうか?


昔潜った八丈島は、10月から11月の秋が良かった。
その日、羽田からのプロペラ機が風の為に八丈島に、着陸できずに
羽田に戻った。
1時間位すると、今度は大きな飛行機での出発になり、戻ってきた
プロペラ機のお客は、こういう場合には、優先的に乗せて貰えるのだが、
またしても、この飛行機は、羽田に戻ってきてしまった。

こうして、夕方になり、3回目の正直だか何だか知らないけれど、
3度目のフライトになった。
そして、やはり強風で、すぐには着陸できなくて、航空上空を飛んでいた。

真っ暗な夜になり、やっと着陸できた時には、拍手が起こったのだった。
なんか、かんど~~!
最後には、パイロット腕で勝負に勝ったのだった。
どんなに機械化された操縦でも、最後には人間に力量の勝負となるようだった。

これは、当時飛行機に詳しい人から、教わった物。
 
                     ・・・・・・・つづく・・・・・・・


→続きが読みたい方は、クリックオネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-27 15:45 | 人間
9・23の「きっこのブログ」の記事、「日本動物園」を読んで、
ほーーーーら、やっぱり!と思った。

琵琶湖で見付かったピラニアナッテリーにしても、多摩川中流と下流で
生息し続ける凶暴な熱帯魚達。
日本の気候では生き続けない!なんて思っていると、とんでもない!

知らぬ間に、色んな生物が自分勝手に、本来の形をとどめなくて、
変化し続けて生き続けるだろう。

そんな映画は、今までにもたくさんあった。
こんな時には、映画好きだと、とても勉強になる。

琵琶湖のピラニアだって、絶対に一匹という事はないだろう。
何年か後には、ボートが襲われて・・・・・
と、やや考えすぎだけれど、可能性は無限かもしれないのだ。

ところで、友人の家は、現在一軒やの中古を借りている物で、
最初は、2階建てだし、広いので喜んでいたが、この間偶然に、
興味深い事を聞いた。
私が、ムカデの話をしたら、「最近、図鑑にも載っていない何だか解らない
新種の虫が多い」と言う。

それは、良く観ると本当に不思議な形だと言っていた。
地球全体の生き物が、望まない進化を遂げているのだろうか????


→虫の嫌いな方は、クリックオネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-27 12:39 | 自然


d0063550_22522165.jpg

1964年に出版された「チョコレート工場の秘密」のファンだった
ティム・バートンは出来るだけ原作に忠実に作ろうと、原作では
雰囲気や感情表現が鮮やかで、
読者に考える余地を残すようにしている事を理解した。
d0063550_233875.jpg


チョコレート工場に5人の子供と一人の家族が集合した。
チャーリー以外は、皆、どうしようもない癖がある。
チョコ大好きな肥満児、オーガスタスの母親は、雪の中でも暑苦しい顔とファッション。

ディズニーランドでは大して混んでいない、イッツ・スモール・ワードが
登場する。でも人形に火がついて、恐怖映画のパロディのようになる。
後で、この人形の病院も登場するので安心したけれど、これは何の映画の
パロディだったのだろうか?チャイルド・プレイの様な感じがするけれど・・・

d0063550_2333982.jpg

不思議な小人、ウンパ・ルンパの踊りと歌の登場。
みのもんた似の小さなオッサンがこの工場では、よく働いていた。
カカオを食べ放題と言う条件だ。
ビビッドカラーで、おとぎの国に来たようだ。
あの人数には圧倒された。リスの団体さんも面白い。

d0063550_235270.jpg

何処に行くのか、チョコの川を行く。
ウンパ・ルンパは皆、同じ顔だけれど、パンフのこのページを観てびっくり!
微妙に、顔の角度が違っていたのだ。

とにかく、色が鮮やかで、楽しい。
ウンパ・ルンパのダンスのステップは多種。
d0063550_235391.jpg


ジョニー・デップは最初の登場で、右手がはさみになっている。
「シザーハンズ」のオマージュ、or パロディ

d0063550_23474661.jpg


デブのオーガスタスから順にウォンカ(ジョニー・デップ)の前から消える。
オーガスタはチョコだらけになりながらも、食べ続ける。
ウォンカは計画的に、5人を選んだのだろう。
それは、ウォンカの表情にも現れている。

「2001年宇宙の旅」のオマージュ、
「マジカル・ミステリーツアー」のビートルズもあって、眼が離せない!
「最終絶叫計画」よりも少ないとは思うけれど、
色々と隠されているので、謎解きはおもしろい。


チャーリーの家は大きく傾いていて、老人がベッドに4人も一緒にいて、
キャベツしか入っていないスープしか食べられない貧乏暮らし。
この老人の歳の合計は381歳。
母親役のヘレナ・ボナム=カーターは生まれはいいのに、貧乏な
庶民的な役が似合う。
父親役のノア・テイラーは「シャイン」で輝いたオーストラリア俳優。
他にも色々な作品に出ているが、私はこの映画がすき。


原作にはないというウォンカの父親には、年老いたクリストファー・リー
が扮していて、昨日TBしたakaboshi 氏のブログの中にもあった、
親と子の姿にも通じた。
「両親」と言う言葉を言おうとすると、口ごもってしまいまともに、
話せないウォンカの姿や、TVばかりしか観ない子供への
警告、子供の言うままに、わがままを通させる親、競争意識しか持たない
子供、ユーモアを交えて、彼らに大きな警告を発している。

しかし、そんな事よりも楽しくて、色が鮮やかで美しい。

家族は何よりも、大切な財産!
そんな事も教えている。


帰りに、どうもチョコが食べたくなった。

ロアルド・ダール(原作者)はチョコが大好きで、著書の中で
「どの学校にもチョコレートの先生を置くべきだ」と提唱したそうだ。


d0063550_042157.jpg



そして、最後に、ジョニー・デップ。
白っぽい化粧で、こんなにも美しく・・・(じゃ、なかった)
顔は化粧で変わる!
「ギルバート・グレイプ」の長男を演じた頃を思うと、
なんて成長したのかと思う。
ウォンカは彼以外には、考えられない!

ややオーバーな表情の変化が、彼らしいと思った。





→チョコレートの好きな方はクリック、おねがいします(そんなに、好きでなくても!おねがいします。)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-27 01:00 | 映画


d0063550_1033851.jpg

友人の娘は、デザインスクールを卒業してから、現在では
アパレル勤務をしている。

友人には若い時に出来ちゃった婚で、仕事を中断して
主婦になった経過がある。

このスクールには、実は私も通った事があった。
前に書いていたと思うのだが、バンタンデザインスクールだ。

私が通った頃は、狭くて隣の教室ではアナウンス学院なる物を展開していて、
発生練習が聞こえてきたし、有名デザイナーの生地を1m100円で、
たまに売ったりしていた。

デザインスクールに通う連中のファッションは面白い。
ちなみに、私は今でも好きな雑誌は「装苑」だ。
他にはない面白さがあって、デザインの根幹を感じるのだ。


ところで、友人の話は続いた。
「年中、面白い服を着ているんだけど、3.4年後にはそれが、必ず
一般市場ではやっているよ!」

センスが良いとかデザイナーの素質があるって、そういう事なんだ!
鼻がいいって言うのか、感じる才能には,長けているのだった。
仕事は、好きで楽しむ事が一番だ。


本人に会って、自分の眼で確かめたいな~~と思う今日この頃だ。

d0063550_1051729.jpg

→ファッションに興味のある方は、クリック、おねがいします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-26 10:07 | 現在



d0063550_9312667.jpg

昨日は、どうしても見たいブランドの洋服を見に出かけた。
新宿でも良かったのに、私の住む県の県庁所在地にあるデパ^トに、
したのは、今思うと気楽だったからだ。

東京は便利だけど、人が多すぎる。
気を付けないとぶつかるし、おかしな人も多い。

そして、デパートについてすぐに、その中にある定食屋で、ブランチをとった。
こういう和定食はうまい。
感激のあまり、抹茶パフェまで食べた。

一年ほど前に来た時には、あまりにも長い列だったので、あきらめて
スタバーのコーヒーだけで我慢したのだった。


和定食を好きな日本人は多いはずなのに、こういう美味しい定食屋が少ない
のは、どうしてだろうか?

ちなみに、この定食屋はチェーン展開の店で、安全な食材を使っていると
PRしている。

何だか食べると落ち着く和食をMACの様に展開できないのだろうか?
外食産業よりもはるかに美味しく、安価な提供を考える企業の
進出を望みたい!

きっと、受けると思うんだけど・・・・


→和定食の好きな方は、クリック、おねがいします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-26 09:31 | 食べる


d0063550_21713.jpg


何日か更新されていなかったブログ「ちゃらんぽらん」を観ると、
また面白い記事があったので、コメントを書いた。

私は気になるブログは、最初から通して読んで、大体の
管理人の考えや性格をつかむようにしている。

こうして、読むのをやめた物もあるのだが、色々な意味で、
面白い物は毎日読んでいる。

さて、この「ちゃらんぽらん」はとても楽しみにしている物だ。
今日のハイヒールを読むと、思い出した映画があった。

それは、ジュリエット・ビノシュと長身のイケメンの出てくる
「プロヴァンスの恋」だった。
おしゃれできれいなフランスのイメージがぶっ飛んでしまったのだ。
ねずみが多くて、ペストが大流行して、人がドンドン死んでいく。
想像も付かない風景がそこにはあった。

あっ、このイケメンは映画「ピアニスト」に出ている。

昔、フランスの古城を観た事があったけれど、厨房を見ると
虫やねずみが入りやすい造りだった。
頭の中にあったきれいなフランスとは,程遠い物だった。

最後に、ちゃらんぽらんの管理人は決して、
ちゃらんぽらんではない事を、付け加えておきたい!

→クリック、おねがいします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-26 01:44 | 現在
犬友達の家のSは現在専門学校に通っている。
Sは明るいスポーツマンで、元気な女の子だ。

Sが中学の時に、事件が起こった。
クラスでいつも一人ぼっちでいる女子が不憫に思えて
Sは一緒に遊んだ。
それを学校でも札付きの悪の女子グループの10人に
知られて、裏庭に呼び出された。

この悪は一人では手を出さないのに、グループともなると
お祭りの様にハイになり、Sに一人づつ、ビンタをした。
そして、土下座させられた。

Sはそのごの、半年間は不登校気味になったけれど、
落ち着きをとりもどして、、無事に中学を卒業した。

事件を起こした10人は、その後、母親と共にS家に現れて
あやまりに来たという事だった。

勿論、自発的ではなくて、学校からの命令による物だったけれど、
その姿はふてぶてしくて、そんな態度なら来なくてもいいのに!
とSの母親を失望させた。

10人の母親の内の9人が、ミニスカートに茶髪で20歳前後で
娘を産んでいた。
外見ばかりではないけれど、すれっからしの女と言う感じだと言う。

そして、10人の母親は皆、子供にはものすごく厳しいので、
家では親に対して、とても素直でいい子なんだそうだ。

でも、それは作られた子供の姿であって、本心ではないから、
学校では親からの開放感で、気になる女子を虐めたりして、
気分転換と自己の発散を繰返していた。

親から観たら、自分の子供はいい子なのに、
この話は可笑しいんじゃないか?と思ったそうだ。


子供って、考えれば親の性質によって形成される要素が多い。
それだけ未成熟なんだ。

気持ちの余裕がなければ、子供なんか育てられない。、

親が厳しすぎたり、理想を言い過ぎて,その型に当てはめさせようと
すると、子供は大人の顔色ばかり気にするようになる。
そして、どこかでそれを発散する機会を探している。


そういえば、私の身近にいる2人の20代の男女も、
このタイプだ。
父親には100%服従しているので、自分を自然に開放できないでいる。
特に男子は、この兆候がひどい。
観ていて、疲れるだけなのだ。

人間はバランスの生き物だと私は思う。
このバランスシートがきれいな円を描けるのが理想だ。

子供の性格を見ると、その親がうっすらと見えてくる。
そして、それは見事に当っている。




→クリック、おねがいします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-26 00:52 | 人間


d0063550_2322458.jpg

昨日のクラス会の話の続きです。

昨日、私が会って話しを一番したかったのは、杉並区に住んでいる
Kkでした。残念ながら、仕事が忙しくて来られなかったのだけど、
広告会社を経営しているキャリア・ウーマンで、イラストレーターでも在ります。

彼女は独学で勉強して、描いたうさぎの絵本が有名になったのです。
独身で個性的だったので、幸せな人妻になっている元クラスメートよりは、
遥かに興味が湧くし、はっきり言って、仕事や映画、PCの事を話しても
興味を持てない人とは、あまり話しても通じる事がないのです。

私はkkのイラストが好きで、美大に進むのだろうと思っていたのに、
経済的な理由から、デパートの販促に就職したのでした。

そして、才能と努力で現在の姿を獲たのです。


ところで、kkの事だからうさぎのブログを描いているのでないだろうか?
と夜中に、いくつかのうさぎのブログを訪ね歩いたのだけど、
該当しませんでした。


そのうちに、彼女の描いた本やイラストが解ったら、紹介したいと思います。

→クリック、おねがいします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-25 23:23 | 過去
d0063550_2150470.jpg




何年もすると、顔の雰囲気は変わって、名前がおもい出だせない
人が何人かいた。
仲良かったKは同じテーブルの隣になったので、その他のおばさんとは、
ほとんど話しをしなかった。
それで、Kは昔はおとなしい優等生だったのに、ユーモアのきいた
話が上手になっていてお笑い系の様な可笑しさだった。

kは都内で損害保険の相談員をしていて、有名大卒の20代と一緒だ。
ところが、この20代男子は頭脳明晰なのに、客との交渉に年中切れていて、
落ち着かない様子。
 仕事のセンスがないのだろう。

それでKは、ハラハラしていると言うが、余裕たっぷりに話すので、
そんな風には聞こえなかった。

何年か前の第一回目のクラス会の時に、Kは担任だった男の先生の姿を見て
がっくりしたという。
担任だった昔には、優秀な先生だと思っていたのに、この時には、
ただの酔っ払いのおじさんになっていたからだった。
この先生は、今年亡くなってしまったので、今日は追悼の意味もあったが、
私が覚えているのは、優秀どころか年中、舌の上に仁丹をなん粒か
置いていて、仁丹臭い事だけだった。

今思うと、仁丹で口臭か加齢臭を、ひたすら隠したかったのだと思う。

ところで、Kに「ブログにはまって寝るのが2時だよ!」と言うと、
会社の元同僚が、PCに夢中で毎晩、1時位まで使っていたら、
ある晩、「ウォーーーーッ!」と叫んで亡くなってしまったそうだ。
よほど、恐ろしい物でも観たのだろうか?
実際には、PC中毒症状(?)の死だったらしい。


それで、Kは言った。
「せめて12時半にした方がいいよ!」


なるべくそうしよう!



→クリック、ねがちゅる!
[PR]
by sea1900 | 2005-09-24 22:37 | 現在
d0063550_15263318.jpg

         ケツメイシのさくら



    この曲のフリを知人が指導したので、観に出かけた。
         場所は市内の小学校。
  
        運動会のダンスになり、
        3,4年生が踊った。
  
d0063550_15384928.jpg

      思ったよりも、躍動感に溢れていて、子供達も楽しそう!


      知人は元ダンサーで185cmの長身、
      そして、今はこの学校の先生をしている。
      只今、27歳。


      サクラまいちるなかで、わすれたきおくと・・・・・・・・・・
                


→クリック、オネガイシマス。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-24 15:35 | 現在