ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

<   2005年 08月 ( 134 )   > この月の画像一覧

d0063550_057272.jpg




昨日の午後、「容疑者室井慎次」を観た。
「踊る大捜査・」や、「真下正義」と比べると、
派手さがなくて、室井慎次の口数の少ない姿に、
全てが語られているように思えた。

面白いのは、監督が現代の若者を皮肉ったシーンだ。
東大卒のエリート弁護士が実は、
心無い僕ちゃんで、片時もゲームから離れられない事や、
エリート意識だけでロボットの様な仕事しかできない事。
また、最後に出てくる、重要な女性の行動ややっと出る言葉の意味。

そういう現実的な問題に、大人が振り回される姿を、
現代の姿として描いていた。

静かな怒りさえ室井慎次の眼に映されている。

神様は誰にでも、「勇気」を下さった。
それを使うも、使わないも自由だが、使わないと逃げてしまう。

私も逃げられないように、どんどん使うしかない。
次が無いのだから今、使うしかない!
賞味期限が肝心なのだ。


→食べ物の賞味期限が気になる方、気にならない方もクリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-29 01:16 | 映画
この話は実際にあった事実。
時は戦前、場所は横浜の伊勢崎町。
登場するのは、私の親類の叔母さんと、御町内の方々。


叔母は、ここで商店を営んでいた。
当時の伊勢崎町は栄えていて、人が溢れていた。

叔母は神経質な方だったのだろう。
麻、店の前を掃除していると、そこを近くの人が通って行く。

叔母は手を止めて、口を開いた。
「あの人は、短いよ!」
命の炎の火が見えるのだ。

また、叔母は言った。
「永くないよ!」

叔母は感じるのだった。
運命的な人生の終わりを!

こうして、叔母は何人かの命に、感じた。
そして、これらの人達は、叔母が感じてから、
あっという間に亡くなっていた。

霊感が強かったのだろう!
そうとしか考えられない出来事だった。
事実は、小説よりもはるかに説得力があり、
リアルな現実なのだ。

→怖い話が好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-29 00:34 | 過去
d0063550_23255444.jpg



任侠物が好きと言うわけではないのだけど、
akaboshi氏の映画紹介を読んでいたら、
日本映画が気に成り始めたので、買った本が3冊あり、
その中の一冊が、
「映画主義者 深作欣二」立松和平作だ。
立松和平氏と深作氏との面白い接点があったのだ。
立松氏は1973年に「仁義なき戦い」を観ている。
それから、深作氏と出会うことになる。
「仁義なき戦い」は、現実に起こった広島20年抗争事件の当事者の,
元ヤクザ組長が,獄中でつづった怨念の手記なのだった。

本では想像だけだが、
「散発係からカミソリを奪い取り、腹をきり、飛び出した腸を気丈にも
両手で抱え、腹の中に押し戻そうとしたという。」
映画では、どうなっているんだろうか?と思い、
今度はDVDを借りようとしたのだが、
何本も続くので、今はやめた。
観始めると、自分が攻撃的になりそうなので、
時期をみてからにしないとまずい。

ただ、面白そうなので、9月になってから観る予定だ。


戦後の歴史と共に、ヤクザ世界とバブル期のからみが、
どう展開するのだろうか?
菅原文太が脇目を振らず歩き続ける道を、じっくりと確かめたい!

広島弁の響きも感じたいと思う。


→昭和の歴史に興味のある方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-29 00:09 | 映画
今、丁度半年に一度の大仕事が終わった所で、
ほっとしている。
これで、今から半年は考えないで済むのだから。

ボランティア弁当も作り、渡してきた。
今日は忙しかったので、簡単に作った。
一人暮らしをしてお金がなくて、マヨネーズとケチャツプをご飯にかけて、
食べた事があったりすると、人に差し入れしてもらった弁当が、
どんなにかありがたいと思う事だろう。
しかし、今日弁当を食べる20代の内の2人の兄ちゃんは、
一人暮らしをした事がなくて、いつも母親が用意してくれた、
ご飯をたべているので、それが当たり前だと思っていた。

弁当にも理屈をこねるので、最初は、小さくなっていた私も、
ある時に切れた。思っていたおかずが無いとか、
そんな事は単にわがままで、言ってはいけない!
ありがたいと思わなければいけないという事。
無料でご飯を食べる事ができるという事。
これらを、びしっと言った事がある。



この田舎から東京の大学へ毎日通うのは、大変で、
大体の学生は下宿やアパート暮らしをする。
親はその費用の捻出の為に、とにかく働く。
友人が昔、学芸大学の学生だった頃には、月100円の寮もあったし、
男だったから、土木作業のバイトを少しするだけで小遣いにし、
授業料は奨学金だった。
だから、親からの仕送りは0ですんだ。
でもこんな事は特殊だ。


現在、この街出身の学生の場合、親が送るお金は14~15万円位が普通だ。
授業料のほかにその金額を送るのは、大変だろう。
でもその一人暮らしの中から自由も生まれるし、
お金が大切だと思う事もあるだろう。
全てが、経験から学習するので、大切だ。
だから、やはり一度は、親元を離れて暮らす事は必要だと思う。


友人の子は、家を離れたその晩には、親のありがたさを感じたと言う。
何事もやってもらう事に慣れてしまい、受身の生き方をするだけでは、
本当の自分が見えてこないと思う。

苦労はいろんな意味で、成長させてくれる物だ。
私は、これからは苦労したくないけれどね!




→コンビニの弁当には飽きた方、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-28 13:42 | 現在
表現する事は、心の中をさらけ出して、吐き出す事だと思う。
表現方法には、色々あるが、ここでは、文章についてです。

毎日、いくつかのブログを読んでいて更にその先、
もっと先、もっともっと先まで、読む事がある。

前にも書いたが、ランキングしていなくても面白く、
よい物がたくさんあるからだ。
これを私は、「発掘の旅」と呼んでいる。

発掘の旅から、おもいがけず、楽しい思いもするが、
暗くてこれを読んでも得る物どころか、嫌な気持ちになる物もある。

なぜ、こんな事を書いているのか、理解に苦しむだけだ。
自虐的な物や、虐待など、自殺願望なんかもある。

自分の為に書いているとしたら、それはカウンセラーがわりなのか?
どうでもいいけど、底なし沼に足を引きずりこまれるような怖さがあり、
遠くに逃げていきたいと思う。
悪口なんかも同じ事だ。軽いタッチはいいと思うけど・・・・
このへんは、ニュアンスにもよる。

彼らは、吐き出す行為によって、救われているのだろうか?
もし、救われていても、いや、そんな事ないだろう!

その人の考え方が表現されている文章から、にじみ出ている。
脳のしわの状態と心が織り成す文章には、ウソがつけない。




→色々な生きる事への前向きなオーラをだすブログを読みたい方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-28 02:23 | 現在
PCは便利だが、昨日はマイピクチャが開かなくなるし、
さっきは何とか機嫌を直してくれていたけど、
今度はプレビューが開かない。
長い時間使っていると、こんな事もある!と友人はいうのだが、
これじゃ、役に立たない。
最近の私は、JTrimで遊んでいる事も多いので、
写真はお友達なのだ。

お友達は多い方がいいじゃないか?
今、プレビューをクリックしたけど、今だ、ご機嫌斜めだった。

どうなってるんだろう?

だけど、鬼塚ちひろの、レクイエムみたいな歌を聴いていると、
許すぞ、許すぞ!と許してしまう。

昔は、一眼レフをバッグに忍ばせて,いつでも撮ってやるぞ!
と意気込んでいたけど、今は小さなデジカメで済んでいる。

文明の利器とは、たえず変化する物だ。
PCも開発の余地はたくさんあるだろうが、
とりあえず、こんな初歩的な問題はなくして欲しい物だ。


→写真の好きな方、デジカメが便利打と思う方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-28 01:03 | 現在
by sea1900 | 2005-08-27 23:54 | 現在
人間の顔で、目と鼻を隠してみると、眉と口になる。
この眉と口だけで、表情は十分に作れる。
(自分でやってみて頂戴・・・・・・・)

目にはその人の人格も出ていると思うけれど、
眉の形は重要だと思っている。

ところで、このチワワは、まろまゆだ。
黒い柴犬にもよくいるけれど、同じまろまゆだ。

d0063550_2371390.jpg






→眉が無いと、冷たい顔になると思う方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-27 22:45 | 人間
d0063550_221015.jpg



さんご礁の海の色、ブルー!
思い出すのは、浅いさんご礁の海で浮いていた時に、
太ももがさんご礁に触れた時の事だった。

みるみる赤くはれあがり、
痛みは無いものの、その毒の表現力がすごい。

冷水で冷やして、目立たなくなったが、
きれいなものには毒があるのは、本当だった。



→きれいな物には毒がある!と思う方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-27 22:09 | 現在
d0063550_21473646.jpg



            モザイク通りを歩く。
             ここの色の強さが同じだから、
            自分もうまく溶け合う。



→きれいな色が好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-27 21:53 | 現在