ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

<   2005年 07月 ( 138 )   > この月の画像一覧




d0063550_13253795.jpg
 2年位前、偶然にもドキュメンタリー番組で救急医療現場を見た。
アッ!K医師が映っていた。
K医師とは、パラオで、偶然にも同じボートでダイビングをした事があり、
スタッフを囲んで、皆で、夕飯を食べた事があった。

あれから、10年も経つのに、変わらない若さだ。
パラオで出会った時は、まだ26歳位で、医師に成りたての頃だった。

普通の病院ではなくて、救急病院なので、医師の生活からして違う。
白衣なんていう綺麗なものではなくて、血が付いていたり、仮眠、仮眠の毎日だった忙しさそのものの生活の繰り返し。
 たまに、家に帰ることもあるが、大体は、病院で過ごす。

毎日、救急車からの連絡で動く。

患者が運ばれてくると、看護士も手馴れているので、鋏で服をすばやく切る。
何事も手早い!と言っていた。

ちょっと、ユーモアのある独特な感じの彼だ。
仕事中の真剣な姿に触れて、この10年、どんな風に成長されたのかと
感慨深くもなった私だった。

K医師、頑張って下さい!
→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 13:21 | 自然



d0063550_12194331.jpg


犬友達の飼っていたビーグルは、ま~ず、変な犬だった。

気が向けば、遊ぶのに、気が向かないとおこりん坊!

名前こそ、何だったかの話に登場する,妖精の名前なのだ。

  名前は、『ファスト』、当時7歳位の中年真っ盛りの時、おっさん犬だ。

        私は、よく「ぶーたれファスト!」と呼んだ。
        そんな響きが、ぴったりだった。

      間違っても、このジャイロのようでは、ありませ~~ん。

    一番、面白かったのが、台に乗せた時に、
     私が「おっさん、ココデッカ!」
      と言って、肉付きの良い背中を、マッサージした時の事、

    うっとりとした、ダレタような眼で、私を見つめた。

        気持ち良かったのだ。

       身体のつぼは、人間と変わらなかった事を、
       獣医から後で聞いて、 納得した私。

  最後には、糖尿病で亡くなったが、ペット霊園の迎えが来た時に、
友人はたくさんのランの花を添えていた。
 『ラン』全く、似合わないので、私はおかしいやら、悲しいやらで、辛かった。
最後まで,ぶーたれファストだったなあ!

d0063550_2154121.jpg


ファストの写真です!
→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 12:37 | 過去
 

d0063550_9123732.jpg



自然の魚を、海の中で見て来ている私にとっては、
水槽に入れられ、餌を与えられて生きている魚類は、
大して、魅力のない、魚人形と思っていたが、
 5月に行った品川のエプソン水族館は、そんな私の
思いを吹き飛ばせてくれた。

 トンネルの所に行くと、えいのおなかが見える。
それが、面白くて、笑った。

ペンギン・・・・鶏だか魚だか?といつも思う。

いるかのショーは、カッコいいお兄さん達が、明るくリードする。

アシカのショーは、お笑いの様だ。

お土産屋では、どれも安価!

行ってみなけりゃ、やっぱり解らなかったな~~!

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 09:15 | 自然
d0063550_21485379.jpg



 シネコンで、『交渉人」・真下正義』を観た時の事、
この時は、若いカップルが多かった。
私の席から、少し離れた右側に、其の2人は、座った。
                              
 2人は、 Lサイズのバケツサイズのポップコーンを食べていた。
が、食べるのを、中断すると、何と床にそのバケツを置いているではないか!

勿論、中身はまだ、入っている。

汚い!し、不衛生!と私は思うが、別に、迷惑を掛けられる事ではない。

しかし、ちょっと考えて欲しいな。

ジェネレーションギャップなのか?

ちなみに、女の子は、とっても可愛かったのだ。

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-01 22:04 | 食べる





d0063550_16461658.jpg今では、スピードの出る大きなボートが、
ダイビングに出かける時には主流だが、
少し前までは、小さなモーターボートだった。

もしもの時を考えて、Wエンジン(2つ、エンジンを積んでいる)だが、ある時のダイビングからの帰りの時、この2つ共に、故障した。
なかなか、珍しい事だった。

 さあ!大変!
 段々暗くなり、少し、雨も降り、ボートのメンバー(この日は、ダイビングの客が、私を入れて8人)も、スタッフも誰も無口になった。シーーーーンとしていた。


 こういう時は、助けのボートを待つしかないのだった。
この広い海では、何も出来ない。
もしも、外洋に流されたら大変だった。(後になって、結構危険だった!と聞いた)

漂流記が書けるかも、ロビンソン・クルーソー?・・・薄暗くなった頃、やっと助けのボートが来てくれた。

私は、実は楽しんでいたのだった。絶対に助かる!と信じていたのだから。

海の生活は、予測出来ない事が、多い。
 
今の様に、便利すぎると、こんなハプニングにも出会えない!
味のある生活と、便利さは反比例するしかないのだろう。
私にとっては、大切な思い出となった。          
d0063550_2157433.jpg

   このボートに良く乗ったのだ!

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-01 16:45 | 自然
 



d0063550_16113853.jpg
先週の『世界仰天ニュース』を、24歳に成ったO君と見ていた。
他に、女の子もいた。
 
前、巨体の加藤君のダイエット日記が、話題を呼んだが、今回は、女子版で、
この日は、3人の太った若い女の子が、登場した。

2人は、すでに100KGを越していて、顔から体からとにかく、大きい。
1人だけが、かろうじて、2桁の体重だった。

私は、彼女いない暦、24年のO君に尋ねた。
いつも、彼女を欲しがっていたので、
「O君、もしも、この3人の内の誰かが、O君に付き合って下さい!」
と言ってきたら、O君は付き合う?
O君は、もじもじして、はっきり言おうとしなかったので、迷っているのかと思った。

この話を、今週に成って、中年の男性に話したところ、
「迷っていたんじゃないよ!いやにきまっているじゃないか!
それを、あなたにどういう風に話そうかと、迷っていただけさ!読みが悪いな!」
          と言われてしまった。

昨日、会ったO君に聞いたら、やはりそういう事だった。

慎重な口の利き方のO君と、目先の判断しかできない私。
しかし、生まれつきなのだろう。

思った事を、率直に言えないのって、辛くないのかな?


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-01 16:08 | 男と女
 




d0063550_11313188.jpg
私が中学の時、数学の先生は、『ガンモ』と呼ばれた中年の男の先生だった。

このガンモは、やたらと、女子をヒイキするので、有名だった。

授業中は、気に入った3人位の女子しか、指さないし、
用事もこの女子にさせた。

私はこの内の1人だった。

ある時、ガンモは、¥100を出して、「購買部で数学のノートを、買って来い!」と私に言った。
買って来たノートを渡すと、今度は、「使え!」と言うではないか!

なんだか、不思議!・・・・

これから、5年くらいして、ガンモは、ガンで帰らない人となってしまった。


何年か前、知人がチワワのオスを飼い始めた。
偶然にもこの子の名前が『ガンモ』だった。

私は、ガンモ先生の様に、顔にガンモドキの様なぶつぶつがないかどうか、
じろっと、見回してしまった。

そういえば、ガンモ先生は、まあるいお顔でもあったな。


d0063550_11335329.gif



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-01 11:34 | 過去
昔、むかしの事、
自動車教習所に通っていた頃、                       d0063550_864253.jpg
その教官は、よくしゃべるは、しゃべる。
                                    
まだ、車の何たるかが、ちんぷんかんぷんな私、
突然、「エンジンブレーキを使う!」と言われた。

ヘヘ~イ!
私は、貴方様の言われる事には、
従いますです!
ハ~イ!

ところが、エンジンブレーキは何処にあるんだ!

サイドブレーキ、自分の足の下のブレーキ、

アッタ!これだ!解った時の感動って、うれしいな。

教官の足元にある(と思った)ブレーキ!

これを、左足をすごく伸ばして、踏んだ。

勿論、この教官のゲキリンに触れた。

無知という事は、時に、過激な行動をも促す。

でも、未だに、大きな事故も起こさず、安全運転が続いている私なのだ。
[PR]
by sea1900 | 2005-07-01 08:07 | 過去