ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

カテゴリ:食べる( 91 )


d0063550_14321049.jpg


友人の所で、シェパードの子犬が産まれたのは、
9月8日頃で、現在では生後12日位になった。
全部オスで、正常に産まれたのだけど、一匹だけ成長しなくて、
あっという間に他の5匹がこの一匹の2倍位の大きさになった。

という事は、この一匹は母乳を飲んでいない事にもなる。
それで、今は1時間半おきに母親の母乳を搾って、
注射器の様なスポイトで飲ませている。
何人かの手があるのでどうにか成っているが、
時間のある人がいないと、助けられないだろう。

普通の人は、なんとかこの一匹を助けようと思うだろう。
しかし、獣医の見解は違っていて、可哀想でも、
自然に育たない子犬は、下手に救わない方が後の為だと言う。

未熟児の場合は、成長しても病気が多いし、体が弱いという。
これは、確かに言えなくも無い。

私の飼っているパグの元ちゃんは未熟児で生まれ、
チワワの赤ん坊のように小さかった。
小さいながらも顔だけはパグだったので、おもちゃのように
面白かった。
 ところが、今年になって、具合が悪くなって、たまに
けいれんを起こすようになった。
けいれんが頻繁に起こるようだと、脳障害の可能性が高くなる。
おそらくは長生きできないだろう。

そんな訳で、シェパードの子供はもしかしたら、
無事に育たないかもしれないのだが、今の所はみんなで協力しあって
生きていけるように絞った母乳を飲ませている。

後の事を考えるよりも、とにかく今生きる事だけを考えていたい!
暖かなその小さな体をだくと、感慨無量になる。



→一言、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-20 14:33 | 食べる

d0063550_1551361.jpg
ジャージー乳との出会いは、昨年の11月に行った牧場だった。
ここには、パンやチーズやソーセージなどが販売されていて、
ジャージー乳や、ジャージー乳のヨーグルトもあった。

ジャージー乳とは、ジャージー種の牛の乳で、この牛も少ない。
とにかく美味しくて、普通の牛の牛乳を飲みたくなくなる。
まろやかでコクがあり、牛の種類が違うだけで、
よくもこんな差が出ると思う。

ところで、このジャージー乳が近くの市場でも
売られている事が解ってから、
とにかくジャージー乳を買っている。
値段は2倍位で高いのだけれど、値段は高くても、
あの味が忘れられない。

ジャージー牛は、あの時、あの牧場にいた
痩せてるような小さな牛だった。
ちょっと、ごつごつした骨っぽい牛で、
薄茶色の貧相な牛なのだ。


そんな親のおっぱいがこんなに美味しい事がとても不思議だ。
美味しいって事は、理屈なしに美味しい!と感動できる事だと思う。
とにかく、オススメです。

→乳製品の好きな方はクリックお願いします。(そんなに好きでなくてもよろしく!)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-15 15:38 | 食べる


d0063550_17272768.jpg
最近、豆乳の入ったパンや豆乳の入ったタイヤキを見かける。
食べてみると、タイヤキはアンコと相性が良くて、
アンコだけよりも味わいが深い。
また、今日食べた豆乳パンは、カスタードクリームと豆乳が
うまく解けて美味しかった。
生クリームだと元は脂肪なので、少し油っぽくなるのに
豆乳はさっぱりしている。

私は、玉子焼きを作る時に、
溶いた卵の中に豆乳やヨーグルトを入れる。

この2つを一緒に合わせる事は無くて、単独で入れる。
ヨーグルトでも美味しいけれど、豆乳だとぐっと和風の味になる。
卵だけの味よりも幅が出来てなかなかいいので、オススメだ!

豆乳をそのまま飲むよりも隠し味にするとあうようだ。

昔の豆乳はまずかった。
いくら体にいいからと思っても飲んでも、
顔が干し柿のようになった。
ほとんど、我慢大会だった。
でも、今の豆乳は少し甘かったり、
紀文ではコーヒー味とか紅茶味もあって
アレンジ豆乳のオン・パレードだ。
私はごちゃ混ぜの味は嫌いなので、アレンジ豆乳は買わない。
私の知人の20代の女子は、豆乳は紀文のアレンジ豆乳が全てだと
信じていたのでびっくりしたが、
既製品のアレンジ製品ばかり飲んだりしてると
本当の味が解らなくなるのだろう。
これも、時代の流れなんだろうか?



→豆乳を好きな方はクリックしてください(そんなに好きでなくても)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-14 17:28 | 食べる
猫の場合、マグネシウムは胆石に成ると思いました。
犬が猫の餌を食べても平気なのに、猫が犬の餌を食べるのは、ダメなのです。宗教団体は桜田淳子と同じです。でももしかして、間違いだと困るので、獣医にまた聞いてみます。
 サイエンスダイエットは10年くらい前に、ライバル社から突付かれて、防腐剤が多いので、犬の骨が曲がった!と指摘され、マスコミに出ましたが、どこのフードでも防腐剤は多かれ少なかれ入っています。
 日本では厚生省が感知しないので、<おやつ>に関しては特に
勝手放題で、例えば、犬用のミルクボーンなんか砂糖が一杯だし、
何が入っているのか解りません。
 食べ物で健康を害するのは、人間だけではないのです。

サイエンスダイエットの会社の利点は、この研究所にすごい博士がいて処方食に関しては素晴らしい物がある事だそうです。
その続きで、獣医師がサイエンスのフードを病院で薦める事はありますが、犬のフードは便がすごく多いのが特徴です。
flowfree家の猫ちゃんがこのフードを食べていて調子が良さそうならいいと思います。
ただし、犬と違って、猫はワクチン、3から8種位の物をしても病気には係ってしまいます。
 猫の繁殖率が高い理由の一つでもあります。
ざっと、私の知っている範囲での事を書きました。
猫ちゃんを可愛がって下さい!猫も犬もかわいいです。
ニシキヘビやピラニアや熊よりもいいと思います。
それは、飼い主とのコミュニケーションが取れるという事でしょう。
だから、生活の中で楽しめるのですね。



  to flowfree  コメント欄に書いたら長過ぎたので、ここでお披露目です。


→ペットを飼っていて可愛がっている方、或いは飼ってみたいと思う方はクリックしてください
[PR]
by sea1900 | 2005-09-13 22:02 | 食べる


d0063550_941122.jpg

最近、ドッグフードの問屋から聞いた話に、
「OOのフードを食べてるとメスばかり産まれる!」
というのがあった。
これは、このメーカーだけに限らないのだ。

日本では有名なある犬種のプロと私は仲良しで、
たまには話をする。
それで、今現在はどこのフードを使っているかと言う話に
なるのだが、これには、フードの歴史が存在する。

フードの歴史・・・・・
使うフードが一般家庭で一匹飼っている場合とは違って、
月に20kgの袋が何十にもなるからだ。
このプロの所は小さい犬とは言っても、その数は300頭位になる。

フードは問屋から仕入れるので安いけれど、
それでも一般の人が聞いたら、飛び上がってしまう金額だ。
勿論、採算が十分取れるだけの経営は成り立っているけれど。


金額はともかくとして、そのフードの中身だけれど、
味というか犬の嗜好は、どうしてもある。
でも、犬は本当にお腹がすけば食べるのだけど、
問題はその成分で、実際には書いてある内容がどう言う物かは
今一つ解らない。
添加物も多いけれど、保存料の含有率は不明だ。
保存料がないと、一般の人はフードの管理をきちんとしない人も多くて、
逆に犬にとっては危険でもあるのだ。


メスばかり産まれたり、この知人の所では、
今のフードの前に使っていたフードの時には、
三口(口蓋破裂)が一度のお産で産まれた子犬の内に
必ず一匹はいた!というのだった。

口蓋破裂は人間では遺伝と言われている。
現在ではそう言われているが、何年かすると変わるかもしれない。

てんかんだって、あれ程「遺伝だ!」と言われて来たのに、
あっさりと否定され、脳に付いた傷が原因と
言われるようになっているのだから、医学らしい。
犬のてんかんの場合には、毎日薬を飲ませるのだが、
それでも人間同様の発作
は起きてしまう事があるのだ。
こんな時には、ただ見ているしかない。
それで、時間と共に落ち着いてくるのだ。
ところが、てんかんの発作が頻繁に起こるようになった場合は、
結構あぶないのだ。
完全な脳障害という事になり、長生きできない事が多い。


あっ、脱線

口蓋破裂で産まれる確立が多いのが、シーズーだと一昔前には
言われていた。
パグみたいなお口で、三口だと、ベビーは母乳もすえない。
それで、ミルクを哺乳ビンで与えても、口から入ったミルクが
逆流するのだ。
こらは悲惨で、見てられないし、手術をしても直らない。
それで、ブリーダーは三口の子犬が産まれると、世話をしないで
死なせるのだ。
ここを読んで、酷い!と思う方は本当の悲劇を知らないから
そんな事を言えるだけなのだ。

この話に出てくるフードとは、
世界的に有名な物で、便がすごく出る日本製の安価な物とは違う。
ビタミンを規定の1000倍も入れてる日本製のOOOOとは
本質的に違う物なのだ。

世界的な商品なのに、そういう事が起こると言う怖さが問題なのだ。

前に私が使っていたフードで、大型犬を育てると、
皆思ったよりも成長しなかった事があった。
これだって、有名なアメリカ製だ。

それは、後で知ったのだが、さる宗教団体が作っていたのだった。
これだけでも、気持ち悪くなった。
そして、獣医の話では栄養失調ぎみになるフードだった。

そんな訳で、犬のフード選びは大変な事だ。

今の所、派手な宣伝を展開するアメリカ製の物よりも
地味だけれど、ヨーロッパで実績のある老舗の物が一番いいようだ。

問題はこのフードの臭いと、犬が今一つがつがつと食べない事で、
普通の愛犬家だとフードを変えてしまうだろう。

生命を維持しなくてはならないフードが,
実は危険な要素を含んでいる事は
人間にも同様なのだ!!!



→美味しくて、栄養豊富で、
安全な食べ物を食べたいと思う方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-12 09:41 | 食べる
d0063550_2291535.jpg



flowfreeさんにほめられたので、もう一つ食べ物の話です。

このこんにゃくは、手作りで、売られているもの。
買ったこんにゃくを冷蔵庫に入れて忘れてしまい、
5日目に気づいて、野菜室にある袋入りの水を発見した。

そう、水に戻ってしまった。

前にも書いたけれど、ヤッパリ不思議だ。
 (不思議大好きパルコ!そんなコピーが昔、あった。)


→刺身こんにゃくが好きな方、おでんのこんにゃくが好きな方、糸コンが好きな方、こんにゃくなら何でも好きだけど、
こんにゃくみたいにクニュクニュしていない方は、クリックして下さい。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-11 22:23 | 食べる
d0063550_11325416.jpg




今朝もはよから弁当作り!


合挽き肉の味噌炒め
ピーマン,しいたけ、ベーコンの塩炒め
豆乳を入れた少し甘い玉子焼き
散らした枝豆
煮たこぶ

輸入食料店で見つけたシtロップ漬けのマンゴー
きゅうり
味はよいけど、色が良くないミディトマト



今頃、「美味しい!」と言ってるだろう!きっとね!!


→美味しいお昼ご飯を食べようとしている方は、食べる前にクリックお願いします。(食べた後の方もお願い)
[PR]
by sea1900 | 2005-09-11 11:40 | 食べる


d0063550_012943.jpg
魚を焼く時に、今時のガス台は適していないし、
使用後洗うのも面倒だ。
「昔のように外で、七輪(しちりん)で火を起こして焼いて食べてみたい!」
と思い、七輪をホームセンターで買って来た。
お値段は1200円だった。
何度も使えば、安い物だ!

そう思って庭で七輪の上に網を乗せて、秋刀魚を置いた。
この日は涼しくて、風が出てきた。
周りは暗くて、何だか淋しくなって来た。

そして追い討ちを掛けたのが、風に揺れる七輪の炎だった。

秋刀魚はなかなか焼けないし、真っ暗になった。
この日、秋刀魚定食の夕べに招待していた友人がご到着して、
私の背後に来ていた。
やっと気づいた私は、もうだめだと思い、
「この七輪は不良品だったよ!」と照れて作り話をして、
台所のガスで秋刀魚を焼き直した。
そして、秋刀魚定食の出来上がりとなった。

文明の利器、ガスは火の調節がワンタッチ。
優雅な一時よりも、早く出来る合理性を優先した結果は、
おいしい!という4文字だった。


そういえば、あの七輪は外の流しの近くで、虫の声を聞いている。

→魚は網焼き、酒はビールが好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-11 00:12 | 食べる



d0063550_01364.jpg

写真はフランス語で、「白い山」と言う意味を持つ山モンブランだ。

「モンブラン」

アルプス山脈の最高峰モンブランの名にちなんだこのケーキの
マロンクリームが生クリームと口の中で溶け合った絶妙な味わい
を楽しむのが好きだ。

市内にあるお気に入りのケーキ屋のモンブランは、
最近、マロンクリームを和製から、フランス製に変えてしまった。

和製は和栗の自然な甘さがしっとりとした味わいの中にあったのに、
フランス製は、栗が乾燥している感じに思える。
サラッとした味の栗ではないのだろうか?
ブローニュの森で取れた栗だろうか?遠いフランスに思いをはせる。


私が子供の時には、今みたいにケーキが豊富ではなかった。
ケーキはクリスマスに買ってもらえる丸いケーキが楽しみだった。

ある時、クラスの男子が言った。
「そばが乗っているケーキが売っているよ!そばのケーキだ!」
そして、まだ食べた事のないそばのケーキの話で盛り上がった。

市街にある、当時一番大きなパン屋では、ケーキも売られていた。

そういえば、今みたいにケーキ屋がなかった。
パン屋が作るケーキだけを最高のケーキと信じていたのだ。

「そばのケーキ」には、甘いマロンクリームのそばが乗っていた。


「そばのケーキ」と呼んだ少年は高校からアメリカに行った。

そして、大学もアメリカだったし、シカゴの会社に就職した。
アメリカで食べるモンブランはどんな味なのだろう?

私はモンブランを見ると、子供の時のこの話が浮かぶのだ。


最近では、プランタン銀座にあるアンジェリーナのモンブランが好きだ。
そして、一人で至福の時を味わっている。


→モンブランを食べたい人はクリックしてください。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-10 00:07 | 食べる


d0063550_16573570.jpg

先輩がいつもの様に、作業着で安全靴姿で着いたコンテナを開けたとたん、
飛び出してきた物があった。
それは、蛾の大群ですごい数だった。
コンテナを開ける前には、コンテナの上部から消毒をかけるのに、
この蛾は死ななかったのだろう。(この消毒もすごいそうだ。)

これには驚いたと言う。

また、あるときはコンテナのドアを開けたら、
ウンコ臭くてどうしょも無かったそうだ。
ウンコがどうしてあるのだろうか?と思ったら、その臭いは
何と、コーヒー豆で、元々、コーヒー好きではなかったのに、
尚更嫌いになった。
 

慣れてくると、船長が船の中での食事に招待してくれて、楽しいが
絶対に水は飲まないようにと先輩に言われたそうだ。


現在友人は別の部署に移された。


友人のエリート意識は、あの臭いを嗅いだ時に少しは崩れたようだ。
私は「経験の全てが宝じゃない?」と言った事があった。
エリートとは何もスーツを着て机にしがみついているばかりでは
無いし、その言葉自体がすでに死語ではないだろうか?


→自分の好きな仕事を続けたいと思う方は、クリックしてください。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-09 16:46 | 食べる