ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

カテゴリ:食べる( 91 )


友人はこの一年間で、15kgもスリムになり、身長170cm、体重60kgに、大変身
出来た。

毎日、15km位は走り続けているのだから、意外と根性があったのだと思う。
でも、「痩せた」と言うよりも「やつれた中年」になってしまっただけに見える。

首筋辺りには、苦労がミエミエ!
食べたい物も我慢しているから、かつては、ヒステリー状態も続いていた。
最近では、いじましさが半減して、よく食べている。
でも、体重は増えないらしい。

久しぶりに会った人に、「健康診断を受けていますか?」なんて、言われている。
余り、急に痩せたのでガンじゃないか?と思われる事もしばしば。


昨日、久しぶりにランニングの話しを聞いていたら、ランニング雑誌に載っている
記事を話してくれた。

記事は、
走る前には、繊維質の多い物は出来るだけ、摂取しない様にしましょう!
どうしても、おならが出やすくなるからです。
レース中、その現象の時には、他の人に迷惑のかからない様に、列から抜けて
一人に成りましょう!


と言うもので、友人曰く、
「そういえば、急に端っこに行ってしまう人がいる!きっと、こういう訳だったんだ。
あはははははは・・・・・・・」


自分だって、おならが出て仕方ないなんて、言ってたくせに!

友人は、なりっぱなしだと言っていた。

リズミカルなお方!


そういえば、アラスカで犬そりに乗った事のある人が、
「ハスキー犬が、走りながらおならをして、臭くてたまんない!」
と言っていた事を、思い出した。


犬も人間も、哺乳類だから同じおなら繋がりでした。。。。




→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-23 00:03 | 食べる

おとといの事、新宿の伊勢丹から歩いて、ドトールコーヒーに入った。

店内禁煙のスタバーは好きだし、タバコの臭いの嫌いな私にとって、
都合が良い。

けれど、銀座のドトールコーヒーの良いイメージが,脳みそに焼きついて
しまって、この時は、ドトールコーヒーが飲みたかった。

狭い店内には、入り口にやっと3席だけ、『禁煙席』と書かれていて、
奥の方からは煙がモウモウと立ち込めている。

魔法の壷でもあるまいし・・・・・・

絶えられずに退散した。

狭い店内では、禁煙にすべし!
やはり、スタバーしかないな~


→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-15 01:25 | 食べる

何年か前、30代の女性から相談を持ちかけられた事があった。
そう言えば、今頃どうなっているのかは、全く判りません。

私は、昼前に、束で買ったセロリをベースにした野菜スープを作りながら
ふと、「あの人、どうなったかなーーーー?」と思い出したのです。
今日は仕事はOFFです。

友人Oの友人は、30代前半で、3歳位の子供を持つ専業主婦。

この人の料理がまずくて、夫から一度も褒められた事がなく、それどころか
段々と夜には、独りで外食してから帰宅するようになっているので、
「どうしたら良いだろう!」と言う問いでした。

そりゃあ、まずい夕飯を毎日、毎日、出されては、拷問に等しいでしょう。
同情もしたい気持ちも、生まれます。

友人Oはこの家で何度も、夕飯をご馳走になっていて、
「まずいって言っても、限度があるでしょう?」と聞くと、
「煮物でも、炒め物でも、美味しいと感じた事が一度もないんですよ!」との返事。




相当、まずいらしい。。。。。。。


まずは、料理を習って、美味しい外食を繰り返するしかないんじゃないかな~

あれから、どうなったんだろう?

ダンナ、まだいるかな~

余りにも狂いすぎている味覚って、直らないんじゃないでしょうか?



→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-13 16:59 | 食べる
ヒロシさんから、『マグロカマの塩焼』が美味かったと聞いて、ずうっと気に
成っております。
で、今日もその話しをアトリエで出会うお兄さんに話したら、お兄さんは、
よく知っていて御自分で何でも料理するので、マグロカマも、ロースターで、
焼いて食べたと言うのです。

カマの部分は一番油の乗っている所だから、好きな人は、相当好きだと思う。
けれど、私には、ちと、きつい。

私はやはり、居酒屋で少しだけ頂きたいと思う。

それから、ホッケで御飯を食べるかどうかを聞いたところ、今までに、私は
何人かに聞いたけれど、「食べられない」と言う人はいなかった。
油の乗ったホッケは美味しいえさ、ではなくて、美味しいおかず。
酒の肴だけにするのは、もったいないと思う。


お兄さんは、更に続けた。。。。。。。。。

故郷の新潟では、味噌汁で、酒を飲むそうだ。
酒の肴が、味噌汁という事で、味噌汁は、一般的な物とは違って、麹味噌を用い、
具が白子だったり、東京ではお目にかかれない野菜類だったりするそうだ。

白子の入れ方は、白子に熱いお湯を掛けてから、氷で冷やして入れるそうだ。

更に私は突っ込んで、「たくわんを漬けられますか?」と聞くと、自分は漬けた事
がないけれど、お母さんが漬けた方法を良く、説明してくれた。
この通り漬ければ、既製品ではない美味しいたくわんが、生まれそうだ。

お兄さんとの食べ物についての話は、だしの話しに移った。

既製品のだしを使わないで、昆布とかつおだしできちんと作るそうなので、何処まで知っているのか聞いてみたくなり、昆布を出すタイミングを聞いたら、正解だった。

その他、お兄さんはマリネでも何でも作れるそうだ。


「きちんと作って食べているから、永生き出来るでしょうね~」と、私は付け加えた。

自炊はやって見ると楽しいし、お金も係らないし、良い事尽くめだ。



ところで、年末に大量におでんを作った私は、それを大鍋と中鍋に入れて置き、その晩
集まった友人4人に、中鍋の方を食べさせ、大鍋はそのまま、ガス台に置いておいた。


煮物だし、冬だからと安心しきっていたら、2日目の朝には、大鍋全部が糸を引いていて
腐っていた。
糸なんか、入れた覚えがないのに、全く ふ・し・ぎ。

きっと、ホタテのヒモが一袋100円だったので、安いと思い、全部入たので、腐敗が
練り物よりも早かったのだろう。

中鍋のおでんも4人の友人では、食べ切れなかった程、多かった。
大鍋は中鍋の容量の1.5倍はあるので、捨てるしかなかったおでんは、かなり大量
だった。もったいない事をした物だ。金額にしたら、4000円位だった。


こんな話しを、お兄さんには話せるはずもなく、
「自炊は、無駄もないですからね~」と、付け加えた。
私は、相当の嘘つきだ。(反省」)





→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-13 01:12 | 食べる

夜、いつもの連中が集まるのに、一日中、私はどこにも出かけなかったので
食材がなかった。それで、いつも買ってある玉葱とハムの掻き揚げと、人参の
天婦羅を揚げようと思った。


大きなボールに水と卵を入れてかき混ぜて、小麦粉をサッと入れた。
ここまでは、いつもの調子だったが、小麦粉が全部入っても、味噌汁状態で、
完全に小麦粉不足だった。

今までの私なら、ここで方向転換したのだが、食材がないのだから、何とか
考えなければ成らない。

何か小麦粉の代用品は。。。。。。。。。。
あった!それは、韓国製の30穀物の粉で、ベージュで、きな粉の様な香りだった。

栄養満点の粉を使って、予定通り、天婦羅の完成だ
正確には、天婦羅ではなくて、精進揚げなのだけれど、親しみ深い『天婦羅』
と言います。


夜の8時半過ぎに、やっと3人が顔を出した。
それで、私はこの黒い天婦羅の衣について、説明した。


「30もの種類の野菜や穀物、ゴマの粉を使って揚げたのだから、とにかく栄養が
あるんだから、体にいいよ~」

お陰で、売れ行きはすごかった。

黒い物は白い物よりも栄養価が高いのは、周知の事実だけれど、とっさの機転も
評価して頂きたい。

やはり、応用だろう・・・・

それから、酢味噌で食べる韓国のチヂミよりも上品な物を、韓国人の奥さんに
今日、頂いたので、それも切って出した。酢味噌のタレが面白いし、さっぱりとする。


3人は若いので、何でもござれ!で、喜んで食べていた。

今日の夕飯が「豪華ディナー」と呼ばれた事は、少し可笑しかったのだ。




→、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-03 00:30 | 食べる

いつもの連中に、昨夜は蕎麦を茹でるのは面倒なので(量が多すぎるので)
モチをサラダ油で揚げて、砂糖を少し入れた生醤油に付けて、のりを巻いた。

これが美味しくて、5,6個はぺろりと食べられる。

それから、里芋の煮っ転がしとか、味噌おでんとか、大根のサラダとかを
組み合わせて、食べさせた。

料理って、作るのを面倒に思うと、作りたくなくなるが、こうして食べる人がいると
作らなければ成らずに、自分にとってもレシピが増えていく。

それで、いつもの連中の家庭では、何を食べていたのかが良く解り、案外と
食生活の充実した家庭が少ない物だと感じる事が多いのだ。

焼魚の食べ方(骨のとり方等)も知らないし、コップに注ぐお茶や水の最適な
量を知らないのだ。
それで、一々、教えるのだが、ある日、20代の男子が「家では、そういう指導を
受けなかった」と言う。
私はすかさず「親が教えなかった!という事よね」と言い返した。


親は、何事もとりあえずに、教えなければ成らないと思う。
特に、食べ方は絶対な物だと思う。

例えば、ひじを突いてご飯を食べた女子に注意したら、「ママには、言われ
ていません。」等と、恥かしげもなく言い放っている。

私は、ギャフン!

若い人と付き合うと、若さを楽しめるが、けっこうきつい。

でも、「豪華ディナーでした。」と喜んで帰る姿を見るのは、嬉しい。

最近では、女子には、「ここで、基本だけは覚えた方がいいんじゃない!」と
言って、少しづつ、色々と教える事にしている。
食器類の片付け方とかも。

素直ならば、良く覚えるように成った。

こうして、後何年続くのだろうか?
私のレシピは、どこまで増えるのだろうか?

良いサイクルだと考えたい。


→、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-01-01 02:37 | 食べる

先日行った横浜の駅ビルで、良く食べるマグロのすし屋に入った。
カウンターが6席しかないデパ地下にあるすし屋で、最上階のレストラン
街のすし屋とは、問題にならない位、マグロは美味。

だから、ここで食べる訳で・・・・

ところが、この店の責任者のオヤジの感じの悪い事と言ったら・・・・・

やっと残っている髪の毛を、全部抜いてやりたい程、憎たらしい。
最も、触ったら私の手が腐りそうだけど。


この間は、若いアンちゃんがいたので、注文したら、これまた返事がない。

お返事はしなけりゃ、いけないって、ママに教わったはずなのに、グーとも
スーとも言いません。

それで、仕方なく(全く、誰の仕事なんだ?)私が、「本マグロの赤身を5個と
こっちの中トロを3個と・・・・」と言ったら、アンちゃんはよく解っているんだわ。

解ってるなら、注文受けた時点で、「がってん、承知」とか、言ったらどうだ!


マグロ、新鮮か~

感じ悪いオヤジに、似なくってもいいのに。

もう、行かないぞ。後ろの天婦羅やの『つな八』で食べるぞ!

→マグロよりも天婦羅の好きな方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-12-29 17:28 | 食べる


d0063550_139452.jpg


昨日の夕方は、久しぶりに高野の地下に寄って見た。

高野の食品売り場は、昔はもっと乱雑だったと思っていたのに

すっきりとしていた。

アッサム、ニルギリ、ダージリンの紅茶を買った。

紅茶を特別、好きではないが、コーヒーよりも飲みたい時がある。

ブレンドが嫌いなので、ストレートで飲むと美味しい。

ポットで飲んだりすると、見た目は良くても、ポットに残った紅茶が

まずくなる。

それで、一番良いのは、ミルクパンに熱湯を少し冷ましたお湯に、

葉を入れて、葉が開いたら素早く、紅茶こしを使って、一気にカップに

注ぐ事だろう。

本格的に入れると成ると、コーヒーよりも紅茶は、難しい。

コーヒーは、大昔の特訓の成果で、ドリップで落とせるが、紅茶は、

蒸らす事が加わるので、面倒だ。

どちらにしても、自分の勝手な思い込みで、入れようとせずに、コーヒー

や紅茶自体の変化を見守らなければ成らない。

まずは、良く見ることだろう。

正確に見極めれば、美味しい瞬間を呈してくれるという素直さが、

ちゃんとある。

紅茶ポットやカップが茶色になっていたら、キッチンハイターに付け

置きする事をお奨めしたい。



明日は楽しみだ。


→紅茶を好きな方は、クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-12-27 01:33 | 食べる



私の回りにいる考古学の好きなSさんに、コミック『ガラスの仮面』の話し
をしたら、今も続いているので、この話しが良いのかどうかは解らないから
DVDを見ても仕方ないとアドバイスを受けた。

Sさんは、23冊位は持っていると言うので、今度、借りてみて発掘のように
丁寧に読んでみようかと思っているのに、未だ、家から持ってこない。

マア、忙しいから当分の間は、良いんだけれど・・・

夕方、蕎麦が食べたくなって、いつもの蕎麦屋に行った。

それで、天盛蕎麦とか、天掛けそばのつもりで、野菜天そばを注文した。

私は、掛け蕎麦と、野菜天が別々に成っている物を想像していたのに、

目の前に置かれた物は、大き目のどんぶりに野菜天がどかっと、乗って

いる物で、蕎麦が見えない。

どこに蕎麦があるのか解らなくて、「あれれ・・・・」

やっと見つけた蕎麦は、でかいさつま芋も天婦羅の下に、圧縮されていた。

この蕎麦屋おつゆの味は美味しいと思うが、天婦羅は今一つで、私が

揚げた方が、からっと美味しいと言っても間違いではない程度。

蕎麦に油が移って、口の中がギトギトになったが、見た目よりも味は良かった。

しかし、2度と圧縮された蕎麦は食べたくないと思った。

そして、帰宅してから、今夜招いている人達に食べさせる「トンカツ」を

8枚揚げた。揚げ物は手早いのだが、時間がなかったので、O君に手伝

わせてキャベツを切ってもらったり、鍋類を洗ってもらったりした。

良く手伝わさせられるので、O君は手早くなったし、料理上手になった。

手伝わせると、男の方が女よりも手早くて、力があるので、炒め物などは

迫力がある。

反対に女だと、全てにおいて手際が悪いし、合理的な動きが出来ない。

目先の事だけは考えているが、トータルを把握出来ていないのだ。

かなり、男性的な考えの出来る女ならば、又、違うだろう。



ところで、夕方スーパーで、ホタテのひもの部分が一袋100円で、つめ放題

だった。私の前に詰め込んでいた女性は「今日は、楽しかった!」と明るく

言ってレジへと急いだ。私も袋に入れて見ると、

「これでもか~、いえ、まだまだでございます。」と窮屈を承知の上で入り

込んだ。

ひもとゴボウ、人参、シメジを入れてホタテ汁を作り、トンカツ、人参の

グラッセと失敗した黒豆を添えて、今夜のディナーは始まったのだが、

私は、例のギトギトで、何も食べられなかった。




→蕎麦の好きな方は、クリック御願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-12-24 00:28 | 食べる


d0063550_2334565.jpg

京都に行った時、錦小路や、その他の土産点で、『ゆず茶』という

看板をよく見かけた。

ゆずを少し甘く煮込んで、ジャムのように成った物を小さじ1杯、湯のみに

入れて、お湯を注いで飲むと言うもので、手軽な健康茶だ。

試飲したら、美味しかった。


今日は、知人が庭でゆずを10個以上、持って来てくれた。

最初、オレンジでも持ってきてくれたのかと思った程に、ゆずは

よく育っていて、cho→肥満体だった。


そして、ゆず茶のゆずジャムを作ろうと思う。

金柑じゃないけれど、風邪にも良さそうだ。

写真は、そのゆず様。
[PR]
by sea1900 | 2005-12-21 22:51 | 食べる