ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

カテゴリ:食べる( 91 )

  

d0063550_227875.jpg

友人の友人の話です。其の友人は中学生の娘を連れて、チェーン店のイタリアンレストランに行きました。運ばれてきたのは、ママ用の『渡りガ二のクリームトマトスパゲッテイ』渡りガ二の殻が端に飾ってある。渡りガニは思っていたよりも小さい。
「これは食べ物だ!」そう頑なに信じたママは、娘の制止も何処吹く風!ひたすら,噛み付いたんだってこの殻に!
 そりゃー硬いよ!たべられっこ無いじゃないか!
口の中にカニの凸凹が当たって、痛くて痛くて、次の日には病院行き。
この人は、何にとりつかれたんだろう?
 私はこの話を聞いて、卵の殻を連想した。
一時期、カルシウムを効果的に採る方法として、卵の殻をつぶして粉にして、ふりかけにして食べると良いという事が言われた。う~ん!このカニの殻もつぶしたらいいんじゃないかな。
卵の殻よりも栄養価が高いだろう。
だけど、何を使って、粉にするのだろう?そういえば、映画友達は、昨年バリに行った時、シナモンの巨大な束を買ってきた。日本でシナモンステックとして、小さなビンに入っている物よりも、遥かに多くて、安いからと言う理由だった。確かに、値段は安いかもしれないが、コーヒーのデンキミルや、ホームセンターで売っている小さな石臼でもなければ、到底潰せない!
 それほど、硬いのだ。仮にそれらを使っても、粉にするには大変だ。
そんな訳で、そのシナモンの束はインテリアに成っている。

   カニもきっと、大変だよ!カニのインテリアじゃね。海みたいだ!
d0063550_2285389.jpg

[PR]
by sea1900 | 2005-06-07 01:20 | 食べる