ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

カテゴリ:現在( 494 )

秋葉原の事件の事を、知人と話していた。

私は両親の会見を直接TVで観た訳ではないけれど、ここまで親が出てこなければ成らないのだろうか?と私は思っている。
25歳にもなって、ましてや親元から離れて暮らしていた犯人の心理状況を親が知るはずも無いだろう。
 この話を子供のいない中年の男性2人に言うと、『親に責任がある。』と断言するのだった。
彼らは「40、50歳にもなれば親の責任は無いけれど、まだ25歳くらいじゃね!」と笑う。
だったら、親は自分が70歳を過ぎても、子供の事をいつも考えなければならない事になるわけでこれは変だ。



知人の友人の子供が、この事件の時、偶然同じ場所に居合わせていたそうだ。
そして、被害者を携帯で撮ったのだという。
おそらくは、何枚何十枚という被害者の写真が携帯やPCから世界中に発信されただろう。

ほとんど、何の感情も持ち合わせないで、興味本位の行動としか思えない。
『常識』や『良識』『思いやり』等の語彙が古典的に思えていく。
しかし、日常をPCや携帯なしでは生きていけない彼らにとっては、特別な行為ではないのだ。
写真を流す行為は、日常茶飯事なのだから、被写体がけが人であっても、ごく普通の人間であっても関係なし。

今日発売の週刊文春に、

青森県一の進学校から「8年負けっ放しの人生」とあるが、
誰が「負けっぱなし」と決め付けるのだろうか?

偏差値の高い大学を卒業して、有名企業に入れば勝組なのだろうか?

『勝った』と思えて優越感に浸った事が逆転する事もあるだろう。
要は考え方次第なのだけれど。


偏差値教育の落とし穴だって、一つや二つじゃないけれど、

まだまだ無邪気な小さな子供を見ると、
犯罪に巻き込まれないで生きていって欲しい。とだけ思うこのごろだ。
[PR]
by sea1900 | 2008-06-12 21:59 | 現在
今年の一月、久しぶりに行ってみたい所があった。
それはチュークのジープ島と言う小さな島で、水道も電気もつかない所だ。

それで、当時は色々と資料を集めて、6月には行こうと思っていた。

何もない所だから、無いよさがあって、人間の本質だけで生きていけるような良さがあると思っていた。
それでまずは新しいスーツケースが欲しくなり、サモサナイトの赤いスーツケースを購入。

ところが、何処と無く体調不良が続き、3月になったらすっかりさめてしまった。
グアムの夜を一人で乗り切るのもやや不安。外国が怖くなってもいる。

海辺の暑さを思い出したら、暴力的な紫外線から遠のきたいと思ってしまったのだ。

そして最近では、映画とかコンサート、舞台等の方が自分にあっているような気がするのだ。

残されたスーツケースは無用となり、せめて少しは役立って頂きたいとトイレットペーパーが詰め込んである。
[PR]
by sea1900 | 2008-06-02 00:40 | 現在
私の頭の中に『苦痛』という文字があるとすると、それは趣味の集まりの人間関係だろう。
趣味なのだからあくまでも任意だし、行かなければそれでも済む話だけれど、やはり続けたいという気持ちが強いので、いつも気持ちを取り直して出かけている。

やめたい、でもやめられない。

食べたい、でも太るから食べられない。でも、食べたい!

という循環と全く同じ。



昨夜の事だった。
別の仲間の集まりがあり、夕食に集まった。大きな円卓を囲む座敷だった。
総数20名程で、女だけ。
これがまた退屈な人間の集まりなので、私は知り合いの外国好きの人と映画の話をして時間を潰していた。

その内に5.6人が酔い始めて、大声を張り上げ始めた。

私はどんどん苦痛を感じて、早めに退散。
DVDでもゆっくりと見ている方が、酒よりもグッとくるからね~
[PR]
by sea1900 | 2008-04-06 00:49 | 現在
3月の事だった。
あるパーティでの事だった。
顔見知りの60代の女性と話し始めると、この方は、御自分の話に夢中になった。

人の話はきかないで、ひたすら話続けていた。
よくある学歴自慢、経歴自慢、経済力自慢、家系自慢・・・・・と、自慢話がネバーエンディング。

人が幸せに暮らしているんだから構わないけれど、
それにしては、その女性の表情は一体どうしちゃったんだろうと思った。

顔の表情には、その人の生き方が現れる物だと私は信じている。
何を話すにも無表情で、笑顔も無いし、年齢から来る優しさが見えてこないのだ。
そして、大学時代には、同学年の男子全員からプロポーズされたという話には、さすがうんざりした。もしかしたら、この方は大昔は、今では想像できないかわいらしさを備えていたのだろうか?何かの勘違いでは無いだろうか。

この方は、学歴、経歴、金と、家系という鎧をはずしたとき、何が残るのだろうか?



どうも他の人達は、この方を敬遠していたようだった。
少しはホステス役をしなければいけないと思って、私は話を聞いてあげたつもりの出来事だった。でも、次回は絶対に近寄らないようにするけれど。
[PR]
by sea1900 | 2008-04-06 00:17 | 現在
 どうしてブログの更新が途絶えてきたのかというと、このブログと私との関係を知る人が多くなってしまい、どうしても差し支えが生じてきてしまったからです。

キーで表せる事の限界を感じてしまったって言うのか?・・・そんなところです。


ひととようが、
「かわりたいよう・・犬になりたいよう・・」と犬の遠吠えのように歌っているけれど、
正に今私はそんな気持ち。


寒い風が吹いて、寒い冬の日なのに、
その犬はもう動けないのです。

5日前から友人の大型犬を預かっています。
私の方が時間の融通がつくので、癌末期のこの犬の世話に時間がかけられるからです。

ずうっと元気だったのに、首に大きなしこりができ始め、急に具合が悪くなり、案の定リンパ腺の癌でした。
手術なんて無理だし、抗がん剤治療を始めたのは良いけれど、副作用が大きくて、どうせ行く末が同じならばどちらが良かったのか解りません。

けれど、ほんの少しの時間でも地上で暮らせる事を友人は望み、
頭の中では『安楽死』を認めながらも、犬のかわいい顔を見ると、『延命』にかけたのです。


暖かい部屋の中よりも、
生きている空気の中が気持ちよいらしくて、
今はもう
風が迎えに来る事だけを、
動かない大きなびきょうでおぼろげながら感じています。

意識がどんどん遠のいているのが良くわかります。


サーフィンじゃあないけれど、
自分がどの風に乗るのかを、最後の力でさりげなく感じているのだと信じます。
[PR]
by sea1900 | 2008-01-17 17:19 | 現在
今日は横浜に用事があったので出掛けていた。そして夜帰宅してから、昔の知り合いの男性は今如何しているかと思い、ググッてみると海外で暮していた。ホームページにあった写真からは、昔のデスクワークをしていた姿を想像できない程だ。
 やりたい事をやっと実現し、落ち着いてきたと言う雰囲気が伝わってくる。

そして、やはり海外で暮している別の男性は、2度目の離婚をしていた。
少し前までは、とても幸せそうだったのに、解らない物だと思う。
でも、また懲りずに再々婚をするだろう。一人では生きていけないタイプなのだ。

そして、また別の海外に住んで永い、知り合いの男性は、50歳を越して長男を授かっていた。

私はというと、夢を追うことなく、こうして地味~に暮している。

お金のある人も、ない人も、結婚している人も、そうでない人も、同じだけの時間を同じ地球の上で過ごしている事実には何の違いもないのだけれど、
それぞれの人の方向性は全く違う。

ある時代に接点があっただけの関係ではあるけれど、懐かしかった。
[PR]
by sea1900 | 2008-01-03 02:28 | 現在
 「魯山人の器」は、料理の着物だという。

 お互いに上手く溶け合っていて、良い所が重なりあっている。

 適度な「間」を持ち、微妙な空間を保つ。

 書と陶芸を見事に合せて、完成を目指す。

 「多彩な作風」は特定の名人につかずに、直接、物から学んでいる。

 鍛えられた眼を信じて、物の本質を見極める力を持っていた魯山人は、
 
 本物だと思う。
[PR]
by sea1900 | 2008-01-01 01:04 | 現在
この夏、私は恋していたようだ。
時々会って、挨拶をする程度だったけれど、楽しかった。
おそらくは、もう会う事はないだろう。
彼はこの地を離れてしまったから。


7月までは趣味の団体でよく話しをした40歳位の知人は、
只今、入院中。
もう会う事はないだろう。
心も脳も壊れてしまったからだ。


そして、1ヶ月前、若い知人は『携帯電話ゲーム依存症』になり職場をやめた。
今も一日何時間もゲームに夢中なのだろう。
夢中な時は脳みそがピシピシと動くらしい。反面、他の行動は半ば寝ているようにぼおっとして、集中力に欠ける。
 
 最初は夜眠れずに、医師からの睡眠薬を飲んで寝ていたようだ。



だけどさ、

これって、同居している親が携帯を取り上げた方が良いんじゃないかな。
と思うけれど。

ほとんど、麻薬状態らしい。

彼女は自分でもゲームに夢中になる事は、『逃げ』だと言って分かっていたのに、断ち切れない。
どうなっちゃうのかな~
重症になると、うつ病になって社会性が消えるかも知れない。

あれもこれも昔話しになっていくけれど、
これが人との別れに成ってしまうのは、ちと寂しいと思うよ。

せめて、このブログのスキン、『つぶおがいっぱい』のように
私だって『友達いっぱい』でいたいさ!
[PR]
by sea1900 | 2007-11-27 23:38 | 現在

今朝起きてみると、友人から預かっていた老犬のチワワが亡くなっていました。
老衰が激しくておととい辺りからは、既に歩く事も出来なくて、お迎えが来ても可笑しくないなと思っていました。
 例えば若い犬の場合には、その1年、1年が『成長』と言う言葉で現されるのに、中年後期に入ると、そのひと月、ひと月が老いへの道となります。
そして、痴呆症になり光りを失った犬は1週間1週間で、急激に老犬に成り果てます。

今朝亡くなったチワワは、昨年亡くなった私のイカ太朗よりも1年以上年配でしたから、おそらくは90歳を過ぎていたでしょう。
大往生と言う所ですが、昨夜旅行から戻った友人に、朝返しに行った時に、もしかして生き返るとかわいそうだから、ダンボールの箱を閉めないでおくようにと言いました。

それから線香は短く折ってあげるようにと加えました。イカ太朗と友人のチワワが若い時に遊んだ事があって、その情景を思い浮かべると、当時の私の暮らしが思い出されてノスタルジックな思いに駆られました。








[PR]
by sea1900 | 2007-11-13 21:05 | 現在
だるい梅雨が終わり、暑い8月が顔を出した。

部屋のチワワは、スイカやメロンを欲しがって、ヨーグルトに鼻を突っ込んでいる。
そういえば、最近一番驚いたのは、メールを送ってもめったに返事をくれない都内在住の友人から暑中見舞い状が届いた事で、実はひっくり返りそうになったのだった。

人との縁とは不思議な物で、ちょっとしたきっかけで知り合い今日に至っているが、この方とは今後とも細く永くゆっくりと知り合っていくのだろうか?

そういえば、最近21冊の本をヤフーオークションで手に入れ読み始めたら、思っていた内容と違っていて、昔の記憶はさほどあてにならない物だと気がついた。
[PR]
by sea1900 | 2007-08-07 16:08 | 現在