ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

カテゴリ:未分類( 5 )

d0063550_23213330.jpg


世界的な成功だった『パリ・テキサス』から、早20年。
ヴィム・ヴェンダース監督とサム・シェパードに依る脚本の待望の最新作


かつては西部劇のスターだったが、今や落ちぶれたハワード・スペンス(サム・シェパード)。
彼は約30年間も帰る事の無かった故郷に、ロケ現場から逃出して帰る。
逃出す途中で、着ていたウエスタンシャツやブーツ、ついでに乗っていた馬も、牧場の老人のシャツと交換して、列車とレンタカーを乗り継ぐ。
ユタ州、モアブ。古き良き時代のアメリカの姿は、馬に乗るハワードの姿が良く似合っている。

母親の住むネバタ州エルコは、これまた、田舎。
色とりどりのバラの花を抱えた母と墓地に行くと、綺麗に飾られた花は、全て造花だと、母が語る。


そして、母から自分には子供がいた事を知らされ、モンタナ州ビュートに向かう。そこは、彼がスターダムへとのし上がるきっかけと成ったデビュー作を、撮影した町だった。
撮影中に関係を持った地元のウエイトレス、ドリーン(ジェシカ・ラング)にバーで、会い、ステージで歌っているアール(ガブリエル・マン)を、貴方の息子だと知らせた。


青い骨壷を抱えた、アールと同じ年頃のスカイ(サラ・ポーリー)は、静かにハワードを追う。
何故ならば、スカイもハワードの子供だからだ。

アールの恋人アンバー(フェアルーザ・バーク)の存在感も面白い。

アールは父親の出現がショックで、自分の2階の部屋から、何もかも下の田舎道に、投げ捨てるのだけれど、投げ捨てられたソファは、この後、重要な場所となっていた。



ハワードは無責任で、若い時はどうしようも無い男だったのに、歳をとり、孤独感も抱えている。子供と言う存在が、彼の中にまばゆい光を放った事は、事実であるけれど、今までの20年以上の空白を、簡単には取り戻せないのだ。アールの完全なる拒絶は、彼をこのソファに座らせる事になった。

ハワードは、失われた時間が、すぐにでも、取り戻せると考え、ドリーンにプロポーズするが、かえって、彼女の今までの彼への無責任さや、いい加減さと言った思いを思い出させて、怒りをかう事になる。


ハワードは、撮影中に逃出しているので、撮影が困難となり、相手役の若い女優は「代役とは、キスが出来ない。ハワードでなければ・・・」と言っている。

私立探偵サター(ティム・ロス)は、撮影にハワードを連れ戻す為に彼を追っている。

時間との戦いがひしひしと伝わる中で、スカイは暖かくハワードへの、今までの思いを語る。父の写真を見て、自分に似ていないかと思い、一枚の古い写真を指でなってみたり、思いにふけったりしたと言う。
サラ・ポーリーの優しい表情が映えている。

この作品に登場する女性は、母親、ドリーン、スカイ、アンバー、共演の若い女優と皆が大地に足をしっかりと付けて生きている。そして、美しい。

ハワードは決して主役ではなくて、あくまでもエキストラなのだ。
自分では主役だと信じて疑わない彼の人生は、実は、女性達の強く、逞しい普通の生き方を知る事によって、大きな転換を迎える。

失われた時を取り戻そうとあせるハワードだが、時、既に遅し!
自分が人生で、最も大切にするべきだった、家族と言う愛の形を失ってしまったと知った時、それは逆にアールとスカイの人生も変えてしまう。

ただ、娘スカイの静かで優しい愛に出会い、乗ってきた車をアールに託し、ハワードは元の撮影現場に戻り、何事も無かった様に,また馬に乗っている。

そして、アール・スカイ・アンバーの3人は楽しそうに、ハワードから譲られた車の中で、歌を歌いながら楽しそうにドライブをしている。

『パリ・テキサス』では味わえなかったラストの幸福感は、20年経た結果のサム・シェパードとヴィム・ヴェンダースの、人生感の変化ではないだろうか?
深く熟成したワインの様に、味わいにまろやかさが出て、観ていて、『血のつながりって,こう言う事!』と、思わされた。

歳を重ねると、それまでに見えなかった物が見えて来て、また、新しい人生が始まるのだと思う。歳成りの考えや想いが、例え、一時的な混乱を招いたとしても、許せるではないか。

キャストでは、何と言っても、実生活でもサム・シェパードのパートナーである、ジェシカ・ラングの明るい強さが良い。例え、未婚でも母親に成り、お金では買えない満足感と幸福感を得た実感が、ひしひしと伝わる。<生きている人間>であり、逞しい。

スカイ役のサラ・ポーリーの素直な感覚は、同じ歳頃の男よりも、大人だと思える。

アール役のガブリエル・マンはやって来た事実を、すぐには受け入れられないで、まるで子供の様なのだが、これが面白い。

私立探偵サター役のティム・ロスは、ハワードに手錠を掛けて、車に乗せ、撮影現場に戻る時に、「外の世界は怖い!」と言うが、このセリフがやけに頭に残っている。

『外の世界』とは、サターは、世の中を指して言っていたが、含みがあったのかと考えてしまう。


自分の生きている世界の他の世界と解釈するならば、成る程!と想う。

『パリ・テキサス』でも重要な砂漠は、ここでも生きていた。
ヴェンダースは、ドイツで育ち、中央ヨーロッパでは、全てが狭くて洗練されているけれど、壮大な大地が生み出す原風景に、特別な思いをはせていた。


観た後で、暗くもならず、明るくもならずに、ただ、現実を想う事の出来る、ややもすると寂しい話かも知れない。
人の人生は、思っているよりも、そんなに悪くはないし、良くもない!

ただ、愛を持って生きる事が出来れば、それで十分に満ち足りる物だと思う。

人は人を求めて生きていく。
そんな当たり前と思える事が、とても大切なんだと思えた。



→クリック御願いします。









                         
[PR]
by sea1900 | 2006-02-27 00:40
d0063550_2441123.jpg


                  (写真は、竹浪氏による物です。)

名倉亜矢子さんに依る、ゴシックハーブと歌は、思っていたよりも楽しかった。

<ゴシックハープ>とは、800年も昔に演奏された小さなハープで、実物が保存
されていない為に、当時を描いた絵画を見て、ハープを作る人が製作していると言う。

ひざの上に乗せられる小さなハープの音色は、まるで中世。

名倉さんの歌は、ゴシックハープを爪弾きながらの、スペインの中世の歌から
始まった。
中世の歌と言うと、昨年聞いた内藤明美さんの、実にまろやかな中世の歌も素晴らし
かったけれど、音質的には、私は名倉さんの方が好きなので、もう少し、聞いていたかった。


内藤さんのコンサートの時は、その後の非常識なおばさんの出現で、中世を堪能出来た
ほんわかした気持ちを中世の牢獄にぶち込まれた如くに、変換して頂いてしまったのだった。

あの時から、私は、コンサートの後は、<早く帰るに限る>と思っている。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-25 02:40


d0063550_2212116.jpg



大西洋上に浮かぶ救命艇。乗客+貨物船が水雷で爆撃されたのだった。この救命艇に次から次へと生存者が逃げ込む。先に乗っていた者は溺れている者を助ける助け合いだよ人生は。しかしそんな生存者の中にはUボートの責任者である憎きドイツ人も混じっていたのだ。デモクラシーを体現するかのような連合軍側の生存メンバーとナチ頭。それでも救命船の上では、全員の目的が一致する。それは「生き延びること」。戦時中のヒッチコック。  <抜粋>

私の心に残っている映画だ。
狭い空間での、人間の心の戦いの話で、舞台の様な映画だ。

ヒッチコックは、おかしな所に登場している。
こんなユーモアを戦時中でも出せたアメリカは、日本とは大違いだ。


人間は、確かに普段の顔と、生きるか死ぬか!という緊急時に見せる顔の両面を持っている。
どちらが、本当のその人であるかと言う考えは、二者択一に簡単に考えるだけに過ぎない。

どちらもその人なのだ。
善悪を併せ持っている。

例えば、自分が母親の事を判っていると思っていても、それは、ほんの一部を知っているだけだと思う。
『知っている』や『判っている』と言う言葉さえ、傲慢に聞こえたりするのは、私だけなのだろうか?

悪の部分を知ったからと言って、善の部分を否定出来ないのだ。
悪の部分を含めて、理解するようにしないと、人間ではないのかな?

古い映画も何かと良い物だ。

昔から人は同じような事を、疑問に思って、生きているようだ。




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-07-21 22:05


d0063550_1516312.jpg


最近、ヴァナディールに行くTさんに、お奨めの映画です。

 『CUBE』です。1997年、カナダ
奇抜なストーリー、斬新なビジュアル・センスで話題となったカナダ産異色サスペンス。謎の立方体(=CUBE)に閉じこめられた男女6人の脱出劇を、緊迫感漲る演出で描く。ゲーム感覚の謎めいた物語やシュールな美術・SFX等を駆使し、人間の闇部を抉った秀作。ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。そんな中、やがて彼らは安全な部屋を示す“暗号”に気づくが・・・。 《抜粋》

まるで、ルービックキューブの様な建物から出られなくなったようで、私は、窒息状態になってしまった。ラストには、あっと驚いた。

こんな映画もあるんだな! d0063550_1518297.jpg
ゲーム感覚の映画を観て下さい。cube の中も面白いよ!
[PR]
by sea1900 | 2005-06-23 15:11


d0063550_23543122.jpg

      ヒロさんや、皆さんに出会えたこの日の為に、この言葉を送ります。
               温かい笑顔は伝染するのです

d0063550_23511370.jpg

                            「パッチ・アダムス」より
[PR]
by sea1900 | 2005-06-02 13:39