ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 09月 28日 ( 4 )

今日は、ウメポチさんと毛皮について、コメントをしていた。
それで、彼女が2つの記事を書いてくれている。

私も自分のブログでまとめてみたいと思った。

毛皮について思う事
 以前、アメリカのTVでアザラシの子供が白い雪の上で、
急に殺され、その血が白い雪の上に広がった。
これは、毛皮反対、捕獲反対のCMだったのだが、余りにも
ショッキングで驚いた。

しかし、女性が裸で、毛皮反対のデモをしたのには、裸になる必要
があるんだろうか?と思った。

毛皮は、毛皮だけの為に動物が殺されている。
皮革は、肉を取った後の物で、殺した動物を最後まで使う!
というどこかの国のいけにえと同じだと思う。
 いけにえに捧げられた動物は、目玉やつめまで使われるので、
これがいけにえに対する心からの礼だと感じた。

動物実験の話と毛皮の話を比較する事は、無茶な事で、
あくまでも、私は動物が毛皮の為だけに、殺される事が
可哀想だと思う。
そういうと、豚は、牛はと突っ込まれそうだけれど、
産業動物と言われる食用の動物は、人間が生きる為の
食用なので、仕方ないだろう。

贅沢の一つとしての毛皮は、101のクルエラのようで、
どうも考えてしまう。

でも、エンバにもたくさんの在庫があるだろうし、
着たい人は着ればいい!と思う。
ただし、自分は買わないし、着ないだろう。


また、クジラについては、実はアメリカが絡んでいたので、
(確か、政治的な意味もあったので、)
食べるな!と言われても、文化の違いからくる物だと思う。

この事は、今回の毛皮の話とは一緒には出来ない。

私はただ、日本人と韓国人だけが、とても好きな毛皮について、
動物がかわいそうだと、思うだけだし、
普通のコートでも、カシミアでも間に合うと思っている。

何も、NYのインテリ層の人たちが、毛皮をボイコットしているように
日本人もそうしろ!と問題提起しているのではない。

エンバのCMを頼まれてるんじゃないか?と思える程、
何枚も持っている友人がいるけれど、私は個人攻撃は絶対に
しない。
あくまでも、一人心の中で思っている。
ある友人は、17歳から肉を全く食べていない。
魚をほんの少しだけたまに食べる。
料理は上手いけれど、餃子を作る時も肉なしだし、徹底している。


勿論、これは動物がかわいそうなので、自分だけの抵抗と言える。
自分が満足できれば、これもいいと思う。

>極論かもしれませんが、毛皮だけが特別非道なものではなく、
それだけをピックアップして考えるのは、ナンセンスだと思うのです。

薬やシャンプーは毛皮とは、比較出来ないのです。
なぜなら、私は必需品とそうではない物として、考えたからです。

これを同じ次元の物として、如何して考えられるのでしょうか?
動物実験・・・・この話と毛皮も、同じ次元では語ることが出来ません。

色々な事と毛皮の話を混ぜても、次元が違えばナンセンスです。
だから、この考え方の根本が違うと思ったのです。

それと、イヌイットが毛皮を着るのは、生きるための文化であると
思うのです。
文化とは、人がよりよく、生きる為の物で、歴史もあり大切な物です。
イヌイットも必要な数だけの捕獲をして、不必要な捕獲はしません。

そういえば、今思い出しましたが、ミンクやクロテンなどは、
養殖が盛んなのです。
野生だと、傷があったりして、使えない物がある!
とアメリカのTV番組で言ってました。







→クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-28 23:39 | 現在
実は、今日から仕事が大忙しなのに、
朝、どうしても気が乗らないのと、疲れていたので、明日、まとめて
始める事にした。
 という理由で、今日のお昼は、近くに出来たトンカツ屋に出かけた。


ここでは、ご飯、キャベツ、漬物、トン汁が御代わり自由なので、
キャベツヲ1回、漬物を3回、トン汁を2回続けて、御代わりをして
ガツガツと食べた。

とんかつは少し大きいサイズにして、ランチセットで880円と安い。
普通サイズのカツでも、女性なら十分な量だった。普通サイズなら
680円。チキンカツなら580円と更に安い。

朝から食べなかったので、空腹だったから美味しかったけれど
食べ終わってから、気持ちが悪くなって、またフラフラしてきた。
完全に食べすぎだった。

どちらにしても、フラフラした一日だったようだ。


そして、27歳の女子に会った。
彼女はたまに、PCを教えてくれる心強い女性だ。
「前に、ブログにお手紙を書いておいたけど、読んでくれた~~!」
と聞いたら、全く読んでなかったので、更に、私はフラフラとなった。



→とんかつの好きな方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-28 21:37 | 現在
9・27のきっこのブログを読んで、アクセス分析をしてみたくなった。
どこから、このブログにアクセスされているのだろうか?


たまに不思議に思うのだが、考えても、分析してもそれをどうするのだろうか。
ただ、書くという作業は、脳みそにはよいと思う。
自己満足もあるし、ひたすら流れる時間を、記録しているような物。


それにしても、このブログには、腋毛とかジョリは、書かなかったので、
やや安心なのだけど・・・・



→クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-28 21:10 | 現在



d0063550_176926.gifこの間のクラス会で、仲よしだったKと、クラスは違ったS子の話で、
実は盛り上がった。
kは、損害保険会社に勤務している。
S子は田舎の金持ちの娘で、25歳でこの市に戻り、
見合い結婚で、また、田舎の金持ちの家に嫁いだ。
そして、偶然にも私が大人に成ってからの友人の友人になっていて、
〔田舎で狭い所だから、友人の友人が知っていた人だったりするんです。)
何度か、3人で食事をした事があった。


この話は、あくまでもKから聞いた物で、本人からは聞いていない。

S子は都内の大学を卒業して,都内のかなり目立つ銀行に就職した。
最後の3年目に、銀行に強盗が入り、S子は窓口業務だったので、
この強盗に、ナイフを向けられてしまった。


体格が良くて、少し背が高くて、ユニークな性格だったS子もビビッただろう!

後になって、KはS子から聞いたのだった。
「その時、だ~~れも、私を助けてくれなかった!」

そう、誰も助けてくれなかったんだそうだ!!
かわいそうに、普段尊敬出来ていたかもしれない上司にさえ
助けてもらえなかったんだ!

私とKは、この他人事を笑った。
S子は無傷だったけれど、結婚の為なのか?この事があまりにも
ショックだったのか?銀行を辞めて、帰郷した。

S子のキャラが面白いので、想像すると、なんか笑えたのだった。
それで、私は、こんな時には人は当てには成らないんだと思った。


今日、中年の男に強盗の話をしたら、男は怒ったのだ。
「女は、どうして自分勝手なんだろう!自分の事ばかり考えている。
どうして、そんな時に助けられるんだ!その強盗に何かしたら、
行員がナイフで、さされてしまうじゃないか?察しが悪いな!」と言った。

この中年男は、昔から女嫌いなので、(だからって、ゲイでもないのです)
辛らつにも聞こえる話が多いんだけれど、大当たりしている事もある。

前に、池田小で児童が襲われた時にも、逃げ出した先生がいた!
と、週刊誌(文春or新潮だったと思う。)に書いてあった。

もしかして、この時にも、そういう理由で助けが来なかったのかも
知れないとすると、窓口業務というのは、棄権がいっぱいなのだと思った。




→この話を読んで、少し考えた方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-09-28 16:56 | 人間