ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 09月 22日 ( 3 )

d0063550_22571410.jpg


実物は、これ↓d0063550_2301956.jpg
デコるノートでは無くてデコりノートでした。
中高生が最近書いているノートで、表紙や中にポスカペンを使ったり、
レースやビーズを貼り付けたり、有名人の写真も貼ったりと
デコデコ飾る。
昔、デコトラというデコレーションしたトラックがはやったけれど、
これのノート版みたいな物。

プリクラにもデコったりしている。
上の雑誌は2005年、ラブベリーの7月号。
シタノ実物ノートは小学6年生の初歩的な物。

わたくし、こんな絵をかいています」の佐藤さんにコメントしたら、
「デコるノート」が解らないといわれたので、ちょい、説明でした。




→流行は面白いと思う方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 23:20 | 現在


d0063550_2344428.jpg

近くに子供の為を優先に考えて実行している保育園がある。
市の保育園とは全く違う。

ここの保母さんに知り合いが何人かいるので、
園内を見せてもらう事が何度もあった。

まず、TVは無いし、テープやCDの音を聞かない。
本物の大太鼓やピアノの音で運動会をやる。

歌を歌う。
良く散歩に連れ出す。
お昼には美味しい昼食がでる。
3時のおやつは手作りのお菓子やおにぎり、ふかした芋等が出る。


他にもたくさんの納得できるいいと思える事がある。

子供にとって、CDの音やテープの音は、音としては聞こえないのだ。
これらは、5分や10分もすると、単に雑音として聞こえるのだと言う。

ピアノや太鼓と言う楽器の音ならば、音色として幼児の脳に届くそうだ。

これを考えると、TVをだらだらと流している事は、
幼児は元より、大人にも良いはずがない。

幼児にとっての騒音は実は、家庭内にあった。

その事をどれだけの親が解っているのだろうか?
子供を守るのは、まずは大人の自覚から始めないとダメだ。


ちなみに私は、映画は好く観るが、特別な面白さのある番組しか
TVは観ないし、時間もないのが現状だ。


私は自然の音や音色を大切にしたいと思っている。
情感のこもった音色は空気までも透き通る。
だから、大好きな物と暮らしていきたい!と思う。



→TVのつけっぱなしが嫌いな方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 02:15 | 現在



d0063550_1233664.jpg

前に書いたと思うけれど、澁谷のトリミングスクールに通った事があった。
そこで、仲良くなった大阪出身の女、Eは既婚でダンナと通い始めていた。
 Eは当時32歳位で、それまではたまにアルバイトをする程度の主婦だった。

ダンナはこういう元気な奥さんにはふさわしいおとなしい従順なタイプ。
現在、彼らの店は澁谷区にあり、今、東京の電話帳を見ると懐かしい。

ダンナはそれまでは自営だったが、Eの犬好きにつられて、商売変えを
考え、Eと共にこのスクールに入ったが、本人が犬好きでは無かったので、
すぐにダウン。
Eが一人で覚えた。
Eは身長164cmで均整のとれた健康的なスポーツマンで、
スクールに入ったら、絶対に忙しくなると考えて、
夫婦でハワイで遊んできていた。

ウインドーサーフィンは初め、倒れているのを自力で
起こさなければ成らない。
女性にはきついと思うのだが、Eはすぐに起こせたと言う。
体力があるから逞しい物だ。

こうして1年後には、開店にこぎつけた。
何ヶ月かした夏の夜、電話すると、その日は店が休みで
Eはビールに酔っていた。

ガラガラした声で、「お好み焼きがつまみだよ!」と言っていた。
お好み焼を作るのは、大阪出身だから朝飯前だったのだ。

Eは当時私にしきりと、オーストラリアで老後を暮らさないか?
と薦めるのだったが当時の私はオーストラリアに興味がなかったのだ。

なぜなら、海にはサメが出るし、戦争中には、サメの餌食になった日本兵が
多かったという話が頭にあって、引っかかっていたのだ。

Eは結婚前に2年間、オーストラリアで日本人の友人の仕事を
手伝っていたのだと言う。
それで、オーストラリアを気に入っていた。


大使館に行って、資料を集めてもいた。

Eはろくに働いた事もないのに、犬の美容室の経営にも明るくて、
商売向きなのだ。
Eは「自分のネエちゃんは大学卒で、チャンと就職して社会知識も
あるけれど、それを発揮する事もないのに、社会経験もない私の方が
金儲けはどういうわけか上手い。だから、経験だけじゃないんだよ!あはは・・・」
と明るく笑い飛ばすのだった。

その後、Eは食べ物商売をやりたいとも私に言った。
かなり計画的で、いずれはオーストラリアでやりたいと語っていた。
これは、回転寿司の店。


後になって、Eは株で大もうけしていた事を知った私は、
生活力に溢れたたくましい大阪の女を知った気がしたのだった。

オーストラリア!未知なる大陸が最近では身近な物に思えてきたな~~




→お好み焼きの好きな方はクリックお願いします
[PR]
by sea1900 | 2005-09-22 01:11 | 人間