ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 08月 22日 ( 3 )



d0063550_23441768.jpg

     
例のピアノマンは昨日のニュースによると、
ぴあのも弾けないドイツ人だと判明したそうだ。

フランスで失職して、一緒に働いていた精神障害者の真似をした模様だ。

でも、どうしてピアノが弾けない男が、プロだろう!
      と報道されたのだろうか?

ピアノの絵を描くので、ピアノの前に連れて行ったら、弾き始めて、
上手すぎたので、、プロだろうという事に成っていた。

誰だって構わないけど、この間違えが世界を混乱させた事は、事実なのだ。

金髪と哀愁を帯びた目が、マスコミをひきつけた事は確かなのだ。

外見が物語りを勝手に作り出したのだとしたら、
なんて子供っぽい事なんだろう。

そして、なんと浅はかな事だろうか?

マスコミの責任はどうなるのだろうか?




→リバー・フェニックスをカッコいいと思う方はクリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-22 23:40 | 人間


d0063550_17243256.jpg



Risとの話は続く。

友人のフィリピンエアラインの管理職の男は、結婚して子供がいる。
実は、職場ではゲイ、家庭では普通のダディ。
子供に対する責任から、男でいると言う。

ネクタイを着けても女、
     言葉は女、
職場では、「ママ~~ン」と呼ばれているそうだ。
かなり、話の様子では女っぽい感じだった。

フィリピンでは、お金のない人程、同性愛を隠さないのに、
金持ちやエリートに成れば、なる程、それを隠すそうだ。


会議で、女女してると、解雇される事もあるらしい。
フツーに暮らす分には、日本よりは遥かに開放的だ。

フイリピンは、スペイン文化も入っているので、そのせいなのだろうか?
ビアンと言う言葉は、エーゲ海の島から来たものだろうし、
エーゲ海からスペインはそんなに遠くないので、こじつけると、
その歴史があるのだろうか?


とにかく、ゲイには、芸術家も多い。
自分の中に在るものを表現する才能には、長けた人が多いようだ。


ベルサーチ然り、
しかし、見事に美しいドレスだ事。




→このドレスを美しいと思う方は、クリックお願いします。(着たい!なんて言いません!)
[PR]
by sea1900 | 2005-08-22 17:41 | 男と女
今、Risと話してきた面白い話を紐解きます。


フィリピンのセブ島は、ポピュラーなダイビングポイントと治安の良さがあり、
何年か前に行った事がある。

一緒に潜ったカップルは、ビアンで20代中頃、
良く話したのは男っぽい女の子で、
もう一人は金持ちの綺麗な女の子だった。

綺麗な女の子の家族は、この恋人を嫌っているらしい。
しかし、当人同士は仲が良かった。

フィリピンでは、日本よりも同性愛が多くて、オープンだ。
しかし、クリスチャンがほとんどだから、結婚は出来ないのだ。



d0063550_16324830.jpg

Risの友人の校長先生は、自分の学力が高い事を、
自分の子供に受け継いで欲しくて、結婚して2人の子供がいる。
 子供達が15,16歳になった時、先生は奥さんに
、恋人がいる事を知らせた。
奥さんはよく理解して、離婚した。
「妥協じゃない?」と聞くと、「理解したよ!」とRisは言う。


理解と妥協は、180度の意味の違いがある。
「結婚前は、理解。結婚したら、妥協が必要で、理解はいらない」
一々、理解しようと思っていたら、
恋人の方がいい状態を保てるのではないだろうか?

これは性別は関係なく、そういえるんではないだろうか。
でも、あえて人は結婚という永い路を歩む。


現在は、元夫は恋人の男と暮らしている。

また、Risの友人は、一人息子が22歳の時に、告白された。
それも、国際電話で、ゲイであることを。
友人は勿論ショツクだったが、最近では現実を受け止めて、
女の子の衣類を買ってあげているのだそうだ。

それで、「女性と結婚しないと、孫の顔が見られないんだわ!」
と言うと、息子は、

「Give me a Uterus」と言ったんだそうだ。
Wombでも同じ子宮だし、Ovaryだと卵巣になる。

私は、この息子は本当に女なんだと思った。
生まれつきの女性よりも、女らしい女性なのだ。きっとね!



→世の中、皆兄弟と思う方は、クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2005-08-22 16:51 | 男と女