ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 08月 09日 ( 5 )




d0063550_2319459.jpg


小旅行をしたのは、私ではなくて、高校生の女の子だ。
行き先は、私の家で、この4日間泊めていた。

この女子から観ると、この4日間は、小旅行だった。

私はこういう事に、慣れていて、自然体で接触出来る。

彼女は、全くの他人なのだ。
4日間も過ごすと、ざっと、性質が見えてくる。

未だ、高校生ってのは、本当に若いし、幼いのだ。
まだまだ、子供だった。

進路の事で迷って、相談に来たようなものだ。
何をしたら良いのかが、解らなくなっているのだった。

現在のスポーツクラブの推薦で、日大に行くかどうか?
そのスポーツをこれからも、続けてやりたいかどうかも、はっきりしなかった。


若いから、本当に解らないのだろう。
で、この2日間、映画に連れて行ったのだった。

燃える目標を持っている人は、幸せだと、何だかつくづく思った4日間だった。
でも、とってもいい子だった。

4日間の奇跡!!!何も起こらなかったな~

(4日間も若い高校生と一緒だった事が、私に人生に於いては、奇跡だったのだろうか?)




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-09 23:21 | 現在


d0063550_22431099.jpg



毎日使う洗濯機だが、中のドラムのカビが気になる。
塩素系や酸素系のカビとりが出回っていて、たまに私は使う。

最近、弟がこの洗濯機を分解して、中のカビを外の流しで、洗ったといった。
「ものすごくて、こんなのは、カビとりの薬なんかじゃあ、とても取れっこない!」と言っていた。

弟は、デンキのプロだから、手軽になんでも出来るのだ。
結構、便利に使える存在なのだ。
『豚もおだてりゃ、木に登る!』なんて要領で、お世辞を使うに限る。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-09 22:47 | 現在


d0063550_15573997.jpg


きれいな人と言うと、芸能界では、当たり前だが、
私の周りには、そこそこきれいな人は何人かいるが、
美人というとこの人の事が思い出される。

知人の奥さんは、きれいな人だ。
中肉、中背で、服のセンスも良くて、目立つ美人だった。

私が会った時は、まだ、下の子供が、生まれて1ヶ月過ぎの、
ホヤホヤBabyだった。

いつでも、これからお出かけです!という風に決めている。

赤いポルシェを運転して、このBabyを左手で支え、
右手だけでハンドルを握ったりして、運転していた。

ある時、この家の大型犬2頭の世話をペットシッターする事になった。

初めて、裏庭に入ってみて、ビックリした。

植木がある所は、土が70CM位盛ってある。
その他のコンクリートの部分には、
犬舎から時々出される犬達のうんOがいっぱいだったのだ。
その数、およそ150位で、脚の踏み場もなかった。

庭と家で、150坪と聞いていたので、この素晴らしく汚れた庭は、
およそ100坪はあったと思う。

私は、デッキブラシ、ハイター、長靴、ちりとり、じょうろ、
ゴミ袋持参で参上したので、ひたすら、掃除しまくった。

ハイターは、におい消しにも、消毒にもなる。
なんだか夢中だった。

裏庭には、きれいな奥さんのストッキングや、子供のおもちゃが散乱していた。
灯油の赤いポリ容器も10個以上ゴロゴロしていた。

要するに、片付けられない女なのだろう。
しかし、どんな人かは、私には、関係のない事だった。

犬が清潔に飼われれば、それで良い事なのだ。
一日で、ほとんどきれいになった。

勿論、私には、アルバイト代が支払われた。

それから、この知人は、更に大きな邸宅を建てた。
斬新な家を設計するデザイナーによる新しい家だそうだ。

私は現状を知っているので、きっと、また散らかっていると思う。
そして、この知人は、犬を欲しい人にあげてしまったのだった。

私は、あれだけ散らかっている家を見た事は、あれ以来、一度もない。
そして、あんなにきれいな人には、なかなか会うこともない。

運転中に抱いていたBabyも大きくなったので、事故には遭わなかったようなのだ。
(よかったよ!実は、ひやひやしていたからね!!)



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-09 15:51 | 人間



d0063550_14141159.jpg


スーパーで売られている魚が新鮮だとしても、
天然物は少ししかないし、本当に、高い。

それだけ、天然物が貴重なのだ。
、ハマチ、タイ、ヒラメ,ニジマス、鯉、銀鮭、うなぎ、鮎、帆立貝、かき、
のり、わかめなどは、ほとんどが養殖物だ。
現在50種類位が養殖された物だ。

ハマチが養殖なのは、昔からで、病気を防ぐ薬がまかれたりしている。
その他の、薬の影響で、ハマチには、背骨が曲がっていて、観たくないようなのもいる。

それなのに、それが、人間の口に入っている。
という事は、その薬が、人間の体に影響する事になる。
これは、昔、TVで観て、知っていた。

バイオ魚・・・・・これは、最近知った。

その一つは、魚を不妊にする事で、一年しか生きない魚を不妊にしたら、生殖に使われるエネルギーがなくなるので、2~3年生きて、大きくなるし、美味しさが増してくる。

それから、メスばかりを作る技術もあるそうだ。
たらこやカズノコが取れるから、高く売れるのだ。

要するに、生産効率第一主義なのだ。

生態系のバランスを壊すから、問題も多い。

染色体を操作する事で作られる魚は、生物学的に弱かったり、
遺伝子に傷を持つ魚が増えると、その魚の滅亡にも繋がるかも知れない。

勿論、密集した常態で飼育するので、病気になるのを恐れて、
抗生物質も多く与えるので、それを食べる人間が、
抗生物質が効かなくなるという問題も、起きてくる。


薬付けの食べ物は、結局、人間を滅ぼしていく事になるのだろう!

しかし、こういう事を知らずに、養殖された魚の味が、魚の味だと錯覚して、
生きていく人間は、哀れでもある。

肉、卵、魚、野菜などが、皆おかしな状態でいるが、
厚生省は、考えないのだろうか?

高級料亭で、食べるハマチが薬漬けな現実を、知らないでいる官僚は、
もっと、現実を勉強する必要が在ると思うよ!

その一口が、自分の体に有害かもしれないのでね!






→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-09 14:10 | 食べる
d0063550_0335413.jpg



世界の1/3の水族館が日本にあり、
その1/3の水族館が関東にあるのだそうだ。

4月8日にオープンしたエプソンアクアスタジウムは、
自然の海でサメやマグロを見てきた私にとっては、
ただの箱庭位の物だと思っていた。


ところが、行って見ると、新鮮な気持ちにさせてもらえた。
真下から見たエイ達の、お腹の面白い事や、人間or魚のどちらが、
水槽の中にいるのか解らないような設定も、面白かった。

イルカのショーでは、若い格好の良いお兄ちゃん達が
(一人だけ、お腹がたるんでいたけれど)
スピード感溢れるショーを展開してくれた。

黒のウェットスーツは、締まって見えて、スレンダーだ。
私が着ると、水の中では、トドと見間違われそうだが・・・・

アシカのショーも、イルカ同様に、強制的ではなく、明るい調教だった。
激しく、叱っている水族館で観た時には、嫌な気持ちになった事があった。

ペンギンは、いつでも人気者!
神様は、冗談が好きだったと証明したような生き物と、思わないかな?

ところで、ここは、品川だ。
もしも、大きな地震があったら、どうなるのだろうか?
イルカもアシカもペンギンも、あ~~!助からないだろう!

あんまり、考えると暗くなるが、
そんな時の対処法は、考えられているのだろうか?と思ってしまう。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-09 01:01 | 現在