ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 08月 06日 ( 3 )





d0063550_2327929.jpg
今日の夜は、市内の夏祭りに出かけた。
舞台では、去年はフラダンスのグループが多かった。

おばさんとおばあさんが髪を垂らして、優雅でもあった。

一方では、威勢の良いピンクのはっぴで、
盆踊りに繰り出るおばさんグループが、いたりと、
おばさんパワーがすごかった。

今年は、フラダンスのグループを見かけなかった。
もしかしたら、明日なのかな?

昔から、私は、30を過ぎると、おばさんで、40代はスーパーおばさん、
50代はウルトラおばさんだと決めていた。

今、23歳の女性がいるので、聞いてみた。
下記は、その女性の話・・・・

<高校生の時には、23歳にもなるとおばさんだと思っていた。
しかし、そう思っていた自分が、23歳に成った時には、
歳がおばさんと決めるのではない事が、解った。>
私は、
<よくぞ、その歳で解ったね!>と言って、褒めた。

私は、肉体的な実年齢よりも、精神的な年齢の方が、
はるかに大切だと思っている。
だって、20代でも<おばさん>の人がいるじゃないか。
考え方が封建的過ぎて、心に、自由のない人も多い。

話していても、何も楽しくない人が、わんさかと居るようで、うわさ好きで、
おばさんと思えるのだ。


ところで、舞台では、中国雑技団の3人が、ショーを見せてくれた。
アクロバット的で、女の子の笑顔がかわいい。


私の後ろで、すごく拍手する人達がいたので、振り向くと、
5.6人の中国人の若い男達だった。
この雑技団の関係者なのだろうか?

この町には、外国人が多くて、ブラジル、ペルー、ボリビア、エクアドル、
パラグアイ、などから来ている人がたくさんいるのだ。

スペイン語やポルトガル語が溢れている。
外国人の存在にも、慣れてしまっていて、違和感がない。

スタイルの良さがあるので、太っていてもカッコいい。
そして、おばさんはいないような感じを受けるのは、私だけなのだろうか?
明るいから、そう感じるのだろうか?






→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-06 23:13 | 人間



d0063550_2271772.jpg
この間のナスは、千新ナス(せんしん)と言って、福島や仙台の方で、
作られている事が解った。
デジカメに、このナスが残っていたので、何人かの人に見せたら、
おじいさんがよく知っていた。

Marcheと言う図鑑を私は、時々、見ている。
2年位前、フランス・イタリア料理を本格的に、習おうかと思った事があった。
手始めに、まず料理の本を何冊か買い、Marcheを買った。

この図鑑の監修は、辻調理師専門学校で、魚、肉、野菜,果物、チーズ、
パンの写真が綺麗で、食物に対する夢がドンドン湧いてくる。

いつ見ても、楽しい夢のある本だ。

さて、その後の私は、Marcheを見つめるだけで、充分に、満足してしまい、
料理まで、考えなくなってしまった。

よく、この料理の材料の肴は、OOOで取れた極上物、このわさびも極上物!
と材料の良し悪しを盛んに、PRする店がある。

しかし、その材料を使って、果たして、極上の料理が出来る!
と言う保障は無い。

むしろ、何処にでも在る、普通の材料で、美味しい料理を作るのが、
プロだと思う。
勿論、材料は新鮮で、善い物がBESTではあるけれど・・・・




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-06 22:07 | 食べる




d0063550_16513596.jpg
今日は、友人の子供の、私立中学の見学会に付き合った。
高校は、隣にある。
さすが、私立。お金は係るけれど、その分、施設の充実度はすごくて、
私はもう一度、中学生になりたいと思った。(うそだ~!)

室内プールもあるし、小さな映画館もある。

クーラーも全室付いているので、この暑さを感じなかった。

電気代なんか、すごい桁だと思うけど、涼しいわ~~~!

先生達は、頭が低くて、威張った感じが全然ない。

友人が気にいったのは、

校長先生の話で、1、挨拶がよく出来ること。
            2、清掃をきちんと行う事。
            3、きちんとした身だしなみをする事。
                   この3つの方針だった。

勉強に触れていないで、この常識的な事をうたっているのには、
感心したのだ。
友人の子供も気にいり、早速、9月の模擬試験の勉強を始めると言っていた。

昔なら、地域的に決められた、中学に行けばよかったのに、
その中学の荒れ方がすごいらしい。
今は、なんとか治まっているけれど、また復活しそうだ。

トイレの戸は壊されるし、教室の電気のスイッチ盤のプラスティツクは割られ、
板にしても壊され、ついには、鉄になった。
中学の近くの家の庭には、毎夕、タバコの吸殻が、捨てられている。

親達も色々なレベルが集まっている。

こうして考えると、昔は平和だった。
それに、先生の言う事にも、子供達が素直だった。

そして、平和な学校生活も、お金で買う時代なのか?
しかし、その荒れた中で、もまれて強くなるべきなのかとも、思う。
難しい時代なのだ。



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-06 16:46 | 現在