ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 08月 02日 ( 6 )

d0063550_2315483.jpg



これは、浅草のサンバカーニバルでの衣装だ。
(googleで発見!)
蚊取り線香とは、なかなかやるじゃな~い!
夏らしくて、ステキよ~~ん!


日本映画『うずまき』でも、蚊取り線香が出てきた。
私は予告だけ見た。

ま~るい物は、四角い物よりも可愛らしい。
そして、使い易かったりもするのだ。

しかし、まあ、
この御衣装は、眼が回りそうなのだ。


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 23:17 | 自然



d0063550_22362586.jpg
ダイエットに挫折した弁護士が、事故で轢き殺してしまったジプシーの呪いによってみるみる痩せていく恐怖を描いた恐怖映画。人気ホラー作家のスティーヴン・キングの小説『痩せゆく男』(邦訳・扶桑社文庫)の映画化。監督は「チャイルド・プレイ」のトム・ホランド。脚本は「ビートルジュース」のマイケル・マクドウェル。135キロから55キロまで痩せていく特殊メイクはマイケル・ジャクソンのMTV『スリラー』のグレック・キャノンが担当。シェイド」のカリ・ウーラーほか。スティーヴン・キングもドラッグストアの主人役で姿を見せる。<抜粋>


痩せて行く姿が何といっても、最高!に面白い。
<スリラー>のメイクをしたグレックは、もはや、芸術の域に達している。

このDVDは、昔観たが、さっき思い出したのだ。
あの痩せて行く顔に、憧れる事しきり!

<太り行く女>の私は思う。
イカン!!!
ピチピチでなくて、ブニョンブニョンだ。
悪いのは、アンタのせいだ!何て言わないが、
悪いのは、夏の暑さだ!世の中だ!
ホルモンのバランスだ!
代謝の悪い体だ!何て、言いたくなる。

ハイ!
全ては、自己管理の出来ない私が悪いんです。

だけど、ジプシーのおばあさんに、私も呪文をかけてもらいたいと思う。
ヨーロッパにでも、行かなければ、ジプシーもいないじゃないか?

スティーブン・キング?見落としてしまったなあ・・・・
仕方ない、もう一度見てみよう!!!




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 22:43 | 人間
d0063550_1505841.jpg



今日の昼頃、借りてあった<稲川淳二の怖いシリーズ>の最新作を観た。
なんだか、どれも怖くなかった。
ラストの話は、感動物で、不思議だけど、心温まるような物だ。

この感動的で、不思議な話は、私も体験した事がある。

何年も前に、知人夫婦が年老いたトイ・プードルを飼っていた。
名前は、コロちゃん。
その時は、すでに16歳を超えており、目も見えず、耳も聞けなかった。

コロのお母さんは、器用で、
腹巻スタイルのオムツカバーを幾つも作り、その中に、
人間用のナプキンを敷いて、オムツをコロに付けていた。

コロは、人間で言えば、90歳を越した御年寄りで、
すでに、ボケもあったと思う。
しかし、よく寝ておとなしかったのだ。

コロのお父さんは、この時には、喉頭がんの手術後で、
後一回の手術を待つ状態だった。

確か、普通には、話せなかった。
お母さんがお父さんを遠くの病院まで、車で乗せていく時には、私が預かった。
預かるといっても、ほとんど寝ているコロなのだから、手間は係らない。

白いプードルは、若い時はきれいだったパーマの毛が、
年老いると、寂しくなり、ピンクの肌が、薄く見えたりして、
痛々しかったりするが、コロも例外ではなかった。

そして、お父さんの2回目の手術が、後3日目に迫った時に、
私はコロを預かったのだ。
ほんの気持ちのボランティアのつもりだった。

手術の前夜、私は、何か予感がしたので、このお母さんを呼んだ。
それは、コロが呼んでいるように感じたからだった。
お母さんは、コロをかわいがっていたので、何時、お別れが来ても仕方ないと、
自分に言い聞かせていた。

次の日の、朝8時30分には、手術が始められた!と後になって私は聞いた。
この8時30分に、コロは眼を閉じたのだった。

そして、何年かした今も、お父さんは、元気に暮らしている。
拾った猫をかわいがりながら、お母さんと静かに暮らしている。

私は、コロがお父さんを救ったのだと思っている。
全く、同じ時間だったので、そう思うのだが、
ペットが、その家族の命を救う話はよくあるのだ。

私にとっては、このコロの死は、心温まる不思議な話として、
今も、心に残っている。
思い出すと、かわいい年をとったコロが眼に浮かんでくる。
生きているだけでも価値があった。そんな老犬なのだった。

この時、私は、コロに似合う白い花を添えた。

世の中が、全部理屈で割り切れる社会だったら、
それこそ味気のない、つまらない物に思えるのだ。

d0063550_15514973.jpg

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 15:45 | 人間
d0063550_2353592.jpg





          親戚の小学生達は、よく笑う。
             よく聞くと、ま~ず、つまんない事で、笑うのだ。

         今日は、しつこく、この笑いが止まらない!

          <宙飛行士は、オムツをしている>と言う話題だった。

            確かに、おかしいけれどね!



          それから、うOこの話や、おならの話も、大好きなのだ!
                 なんでだろうか???
    
     


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 02:46 | 人間


d0063550_253121.jpg

     最近、私が使う犬用のドライヤーが故障した。
     何年か前にも、一度、故障したので、
    修理に出した事があった。

ネットで探して、ドライヤーの頭だけ送ったのだ。
すぐに電話が来て、「この型は、こちらでは、修理していないので、送り返します」と言われた。

東京本社に電話をすると、50代から60代と思われる女性が出て、
親切に、説明してくれた。
私も直接、この本社に送れば良かったのだった。
型によっては、工場が違っていたのだ。

結局、この女性従業員の機転のおかげで、一度送られた先から、
この本社に送ってもらい、状態を見てくれる事になった。

2日後には、この女性から電話があり、修理費も6万円かかるので、
新品を買う事にしたのだった。

更に、使えないドライヤーを工場で処分してくれる事になった。

送り返した処で、処分するのにも、お金が係るからだ。

私は、久々に、親切で賢い女性に出会ったと思った。

間違って、送った先から電話してくれた女性は、冷たかったので、救いでもあった。
どんな方かは、知らないけれど、自分の中で、イメージだけが広がっていく。

ドライヤーは、ハチコウドライヤーと言う。
勿論、犬のマークだが、秋田犬ではな~い!





→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 01:57 | 人間
d0063550_0101631.jpg英国の田舎にある豪邸か!
と思ったら、
英国で、マンションと言うのは、
こういう物を言うのだそうだ。

さすが!歴史がかりだ!











d0063550_0145466.jpg


これは、ポンペイの遺跡
左右に門構えの立派なお屋敷!
一戸建ての高級な屋敷が立ち並びます。道路幅も広いです。

と書いてあるが、なんだか<裸の王様>になったような気持ちだ。
復元版でもないと、わからない。

ハリウッドスター達の豪邸は、非常にでかい!
何人もの家政婦や、庭師、ガードマンを揃えないと暮していけない。
その人達がいないと、幽霊屋敷になるだろう!

大きな家になると、庭も広くなる。
夏には、草も生える。
何事にもお手入れが、必要になる。
人手とお金がたくさん係る様になる。


私は、ある夏の日に、知人の家を訪れた。
<豪邸>と言う言葉がぴったりの、和風の家だ。
総面積が400坪程で、庭も素晴らしい。
素晴らしい車庫には、ジャガーやベンツが何台か置いてある。

さぞかし、この家の奥さんは、優雅に暮せるだろうと、思うだろう。

しかし、出てきたのは、麦藁帽子に、エプロン姿の奥さんだった。
通いの家政婦さんと一緒に、草むしりをするのが、日課だったのだ。

それも、芝生の中の草を取らなくてはならないので、更に面倒なのだ。

高級旅館の様なこの家で、ゆっくりする間もなく、
働きづくめで、大変だ。
経費を考えると、自分でやるしかないのよね!と言っていた。

宝をきれいに維持するのには、自分の努力かお金で解決するかの
どちらかになるだろう。

私は、どちらも困るので、小さな家で充分だと思っている。






→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ<
[PR]
by sea1900 | 2005-08-02 00:54 | 人間