ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 07月 17日 ( 5 )




d0063550_2363247.jpg
この『海の上のピアニスト』を書き始める前に、
実は、『海を飛ぶ夢』と言うタイトルで、ブログを始めていた。

何日かした時に、パスワードを忘れてしまい、
ヒントも当てにならずに、結局それは、中断してしまった。

正に、それは、宙を飛ぶブログと化してしまったのだった。

『海を飛ぶ夢』も、『海の上のピアニスト』も、共に映画のタイトルではあるが、
(前者は、まだ観ていないが)
『海を飛ぶ夢』のモデルの男性は、最近、何者かに殺害されている。
それが、本人の夢で在るが如く。

どちらも良い映画だと思うが、それぞれの映画のニュアンスが、
全く違うので、人の名前の様に、そのタイトルを毎日見ていると、
先入観が、ブログの内容にまで及ぶような気がした。

やっぱり、『海の上のピアニスト』で、正解だったようだ。

生きる事の意味を、あまり考えると、気が滅入る時もあるので、
ポカンとのんきに生きるのも、一つの生き方だと思う。




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-17 23:08 | 人間


d0063550_22354971.gif

今日は、夕方6時から、あるお祝いのパーティの為に、ホテルに行った。

ホテルの中は、どこも涼しいなんて物ではなく、寒かった。

こんな中で、一日中働いていると、春夏秋冬という大切な季節感が、
完全に狂ってしまうのは、恐ろしい事だと思った。

最近、ある集まりに行った時に、
クーラーの吐き出し口の下の席にいた若い女性は、
冷え性の為か、手袋までしていて、ガタガタしていた。

早く、席を替われば良いのに!と私は思っていたが、
彼女は、30分以上もそのままで、ついに、席を立って、
会場の係員に、「寒すぎるから、クーラーを止めなさい」
とすごい見幕で、食って係っていた。

それで、クーラーは、止められたが、一方では、
タンクトップの若い女性が,暑いらしく、
持っていた薄いノートで、扇ぎ始めていた。

一人の意見だけ聞いて、クーラーを止める方も、
よく考えれば良いのにと思った出来事だった。

私は、何処でも、今時は、寒いと思っているので、いつでも、
上着持参なので、その場、その場に合わせられる様にしている。
これって、寒い夏の常識じゃな~い!!


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-17 22:26 | 現在




d0063550_13515749.gif

次に、前、ここにTBしてくれた REAL LIFEのブログを読んだ。

その中に、本の紹介で憲兵についての物があり、
ずうっと、読んでいた。

私の母の話では、憲兵は、いばっいていてとにかく、
怖かったと言っていたのだ。
余り、戦争物は読みたくないので、おそらく、
この本を読む事は無いと思う。
残酷なシーンがあって、辛いからだ。

イギリス軍の行った残酷な話が紹介されていて、
これは、ナチスが、最後には、アウシュビッツで、
生きたままユダヤ人を焼き殺した事実と、同じ事だと思った。

戦争の狂気は、人間を人間ではないようにさせると言う物で、
これが、目的だったのだろうと私は、思う。

国のトップの人間が、戦争に走り始め、
一番下の民間人が一番苦労した戦争!

戦争中には、皆が食べ物に苦労したのに、軍の関係者達は、
いつも、白いご飯をたっぷりと食べられたそうだ。

(これは、当時、軍関係の家で、家政婦をしていた人に聞いた話です)。


ブログランキングには、載せていないたくさんのブログには、
たくさんの良いものがある。

REAL LIFEの様に、正確な文章で、正確なデーターを持った物を読むと、
圧倒され、夜の静けさをより、静かな物にしてくれた。
 

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-17 13:44 | 現在
 


d0063550_13203083.jpg


 昨日の11時過ぎから、ブログサーフィンをした。
ブログトップから、書きたての記事を読んでみた。

タイトルから、選んで読むが、全然私の好みではない物が多かったが、
うつ病と戦う女性のブログを読んでみた。

うつ病は、思っているよりも深刻な現代病だと思う。

私の周りにも、何人かいて、とても仲の良かった有人は、20代の後半から、
うつとそうの繰り返しになった。

うつとそうから、精神分裂症も始まった。
今は、分裂症と言わないで、総合失調症と言うらしい。

前までは、毎日、薬を飲まなければ成らなかったが、
今では、月に一度の注射で済むようになったので、飲み忘れがなくなり、
トロンとした眼をしなくなり、良かったと思った。

友人は、重症になると、とにかくお金を使うのだ。
100万円もの毛皮を買ったり、30万円もの絵画を2枚一度に買い込んだりした。
今も、月に10万円以上の居酒屋通いが続いている。

スポンサーは、父親だが、いくら金持ちでも、大変だと思う。
元々、読書家で、本の虫だったので、
何冊かの雑誌や本を図書館に頼らずに、全て、買い込んでいる。

私から思うと、随分と無駄も多くて、ゴミもたくさん出る生活なんだ!と思う。

心の病気は、身体の病気よりも更に深刻で、
大変厄介な物でもある。

多少、貧乏でも、楽しく暮らせる事は、幸せな事だと、
友人は私に教えてくれている。
それと、私は、この病気についての理解をしなければならない事を、
20代から教えられたと思っている。

自分の身をもって、私に教えてくれたのだと、思う事にした。

いつも気になる友人なのだ。




→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-17 13:15 | 現在
d0063550_1231598.jpg



今朝、お中元が届いた。
開けて喜ぶ、モロゾフのゼリーだった。

開けて、がっかりの漬物なんかもある。
わざわざ、岐阜から送ってくれたのだと思うと、ありがたい。

友人の父親が、銀行の支店長だった時に、
私が、訪ねると、今日は大掃除でもしているのかと思うほど、
玄関にお中元の箱の山脈が出来ていた。

「今日は、穂高山脈か?
前穂に奥穂、これは、西穂?」なんて私は、からかった。

彼女の家では、この山脈になっている醤油や、
日本酒や油のセットを使い切れるはずがない。

外食も多いし、毎日、煮物でもしないととてもじゃないけど、
醤油なんか使いきれなのだった。

リサイクルショツプに持って行く事も無く、
結局は、ゴミの山となってしまった。

政治家の家には、このシーズンになると、
すさまじい量のギフトが届くらしい。

そして、夕方には、毎日の様に、
勝手口に、リサイクルショップの車が,お迎えにくるらしいのだ。

その日、頂いた物はその日の、う・ち・に!という事らしい。








→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-17 12:29 | 食べる