ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 07月 08日 ( 3 )

 友人の医師は、普段は穏やかで、いい人そのものだ。

勤務医で、其の専門は、ガンだ。

ガンの末期患者を助けられないで、診る!というのは、 d0063550_22363689.gif

医師としては、相当のストレスになるそうだ。

自宅では、一人娘が、お年頃で、高校生の難しい時。

この間も、彼女がすねて、どういうわけかトイレに駆け込んで、
出て来ない!

トイレだけが、家の中で、鍵のかかる唯一の場所なのだろう。

そして、立てこもる!

彼は、キレテこのドアを足で蹴り、壊した。

娘は、cho~びっくり!

この話を奥さんから聞いて、私もビックリした。

そこまでヤルカ!

きっと、彼にとっては、自分を100%出した瞬間なのだろう!

ちょっと、出しすぎだと、私は思うが・・・・・



→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-08 22:31 | 人間
 

    
d0063550_2201885.jpg


犬の絵で有名な、山本容子さんの絵のコピーを、
私が書いた物だ。

ところで、この犬は、すでに老衰で亡くなっているヒカルだ。

在りし、元気な時に、ちゃっかりと、こんな所に座っていた。

プライドの高い、利口な良く吠える敏感なシェルティだった。

この写真を見ると、笑えるな~


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-08 22:09 | 過去
  

d0063550_2138918.jpg


黒ラブを、朝7時に車で20分位の山でみた!との電話を受けたのが、
7時30分頃。
山の舗装道路を行ったり来たりした。

偶然にも、黒ラブと遭遇した。

この子は、鋭くて、人に追われている事がよく解っている。
トロットで歩いているくせに、私の眼を見て、猛ダッシュした。
ひたすら追跡した。

山道の細い所で、横に乗っている20代の友人が、
逆走して来たこの子にドアを開け、タックルした。

ほんの一瞬の出来事だったが、首輪を触っただけで、
捕まえる事が、出来なかった。

ただ、壊れた彼のめがねが飛んで、
帽子が、明後日の方に投げ出されていた。

犬は、車の通れない山のふもとの人家の方へ、飛んでいった。

其の後も、諦めずに追い続けたが、2時にそばやの方で見た!
と言う情報を最後に消えた。
 勿論、明日も捜索はするが、
まるで、昔はやった『ツイン・ピークス』の不思議な
世界に飛んで行ったような気がした。

ラブが走っている山は、小さいけれど、あのツイン・ピークスに出てくる
山に似てもいるのだ。


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-08 20:16 | 現在