ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 07月 02日 ( 6 )

今日は、これでお休みなさい。
今日は、今までで、一番たくさんの方に読んで頂けた事に
感謝致します。

 
d0063550_2304841.jpg


→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 23:01 | 現在



d0063550_22434671.jpg
今日の夜9時から、日テレドラマ『女王の教室』が、始まった。

この物語は、悪魔のような鬼教師に、小6の子供達が、戦いを挑んだ1年間の記録だ。

女王にふさわしい天海祐希が、この鬼教師を演じている。

子供達は、、結構可愛くて面白かった。

鬼教師とは言っても、一昔前なら当たり前の事を言っているだけの様な感じがした。

天海祐希は、こういうすました役が上手い!私は好きだ。

しばらくの間、楽しめるな~!

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 22:44 | 現在


d0063550_20205265.jpg



良く行く本屋に、『feel blue』と言う、小さめの写真集がある。
今年は、この手の、写真+言葉の本がたくさん、出版されたようだ。
高橋歩なんか、私はスキだ。

この『feel blue』,吉野雄輔氏の海の写真の物があった。
d0063550_17491432.jpg
吉野氏は、有名な水中写真家で、
偶然にも、私がパラオに行く時の搭乗口の待合室で、会った事がある。

中肉、中背で、ダンディな感じだ。
話しかけたら、気さくに写真の話や、世界中の海の話、
そして、犬の話になった。

犬の話になると、本当にわが子について話す親のようだった。
この時の犬は、夫妻がかわいがっていたベアデット・コリーだ。

次の日、パラオに着いて、彼のスケジュールは私達ダイバーとは、異なった。
一般ダイバーとは、行動が違うのだ。
写真を撮る為のダイビングになるのだ。

彼は、大学卒業後、or在学中に世界中の放浪の旅に出た。
そして、最後に、水中写真家にたどり着いた。

元、湘南暴走族でもある。
写真は、他のカメラマンの物よりも、なんだかサラッとした感じを受ける。

少し、はみ出した人生って、
最後には、いい味を出してくれるんじゃないかな?
  
また、何処かでお会いしたい・・・・・


d0063550_20303552.jpg

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 17:44 | 自然



d0063550_13253795.jpg
 2年位前、偶然にもドキュメンタリー番組で救急医療現場を見た。
アッ!K医師が映っていた。
K医師とは、パラオで、偶然にも同じボートでダイビングをした事があり、
スタッフを囲んで、皆で、夕飯を食べた事があった。

あれから、10年も経つのに、変わらない若さだ。
パラオで出会った時は、まだ26歳位で、医師に成りたての頃だった。

普通の病院ではなくて、救急病院なので、医師の生活からして違う。
白衣なんていう綺麗なものではなくて、血が付いていたり、仮眠、仮眠の毎日だった忙しさそのものの生活の繰り返し。
 たまに、家に帰ることもあるが、大体は、病院で過ごす。

毎日、救急車からの連絡で動く。

患者が運ばれてくると、看護士も手馴れているので、鋏で服をすばやく切る。
何事も手早い!と言っていた。

ちょっと、ユーモアのある独特な感じの彼だ。
仕事中の真剣な姿に触れて、この10年、どんな風に成長されたのかと
感慨深くもなった私だった。

K医師、頑張って下さい!
→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 13:21 | 自然



d0063550_12194331.jpg


犬友達の飼っていたビーグルは、ま~ず、変な犬だった。

気が向けば、遊ぶのに、気が向かないとおこりん坊!

名前こそ、何だったかの話に登場する,妖精の名前なのだ。

  名前は、『ファスト』、当時7歳位の中年真っ盛りの時、おっさん犬だ。

        私は、よく「ぶーたれファスト!」と呼んだ。
        そんな響きが、ぴったりだった。

      間違っても、このジャイロのようでは、ありませ~~ん。

    一番、面白かったのが、台に乗せた時に、
     私が「おっさん、ココデッカ!」
      と言って、肉付きの良い背中を、マッサージした時の事、

    うっとりとした、ダレタような眼で、私を見つめた。

        気持ち良かったのだ。

       身体のつぼは、人間と変わらなかった事を、
       獣医から後で聞いて、 納得した私。

  最後には、糖尿病で亡くなったが、ペット霊園の迎えが来た時に、
友人はたくさんのランの花を添えていた。
 『ラン』全く、似合わないので、私はおかしいやら、悲しいやらで、辛かった。
最後まで,ぶーたれファストだったなあ!

d0063550_2154121.jpg


ファストの写真です!
→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 12:37 | 過去
 

d0063550_9123732.jpg



自然の魚を、海の中で見て来ている私にとっては、
水槽に入れられ、餌を与えられて生きている魚類は、
大して、魅力のない、魚人形と思っていたが、
 5月に行った品川のエプソン水族館は、そんな私の
思いを吹き飛ばせてくれた。

 トンネルの所に行くと、えいのおなかが見える。
それが、面白くて、笑った。

ペンギン・・・・鶏だか魚だか?といつも思う。

いるかのショーは、カッコいいお兄さん達が、明るくリードする。

アシカのショーは、お笑いの様だ。

お土産屋では、どれも安価!

行ってみなけりゃ、やっぱり解らなかったな~~!

→この記事を気に入って下さったら、人気blogランキングへ
[PR]
by sea1900 | 2005-07-02 09:15 | 自然