ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

2005年 06月 20日 ( 1 )

私の知人は、高校卒業後、中国に留学した。
まだ、日本との国交が開かれて間もない頃の話に成る。

私は、彼女がどこの大学に行ったのかあまり、気にも留めなかったが、それから6年後に偶然、再会した。
Y子さんの話では、Y子さんの兄さんが、中国関係のボランティアをしていたので、お金の全く、係らない留学をしたと言う。県でたった2人が選ばれて、北京の大学に入学した。
 
毎朝、6時に起きて、何キロかを走る事から、一日がスタートした。
中国で自転車も買ったが、物不足の中国なので、帰国する時には、他の物と一緒に買った時よりも高い値段で売れたそうだ。私は、ここが、中国らしい処だと思った。

約、4年半中国で暮らし、帰国した物の、地方では中国語を使う仕事が無かった。
仕事の為に親、兄弟から離れるのも淋しかったようだ。
帰国後、あっという間に結婚してしまい、何の為に留学したのかその意味が不明に思えたが、
結婚式には、輝くような笑顔でとても、うれしそうだった。
現在は、3児の母として暮らしている。3児といっても、もう大人に近いだろう。

これから、貿易に関しては、中国語が重要になる。
Y子さん、貴方の出番がやっと、来るんじゃないかな。
[PR]
by sea1900 | 2005-06-20 23:51 | 過去