ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『サ ハ ラ』

d0063550_340019.jpg  砂漠は素晴らしい!
  
この映画には、芸術性はなく、暇つぶしに見るのには,丁度良い。砂漠の砂が飛んでくるようで、眠くならない。 中学生には、良いんじゃないかな?
ペネロペ・クルスは、身体が貧弱で、砂漠の迫力に負けてるし、声が良くない。
マシュー・マコノヒーはノー天気な体力勝負で生きる男役だが、日本人をジャっプ呼ばわりする嫌な奴だ。

砂漠だけが心に残る、そんな映画だった。
http://www.mauritania-jp.com/ 

砂漠の国モーリタニアへようこそ
                  世界一美しいといわれるシンゲッティーの砂丘
                                       
現実はこのページがお勧めです。

ところで、砂漠をロケーションに使った映画で観た物は、

  イングリッシュペイジェント
  砂漠のライオン
  砂漠は生きている
  オーシャンOFファイヤー
  サハラに舞う羽
  シェルタリングスカイ

こんなところかな?
ストーリーは勿論、風や時間帯で変化する砂漠は、不思議だ。
砂粒の一つ、一つが大きく、UPされると砂漠には命が宿っていると思えてくる。
砂埃もすごい。口の中までジョリジョリしてくる錯覚さえ覚える。

上の映画の中では、シエルタリングスカイとイングリッシュペイシェントが好きだ。
 更に、音楽もいい。

雄大な砂漠をバックに、つまんない内容の映画は作らないで、砂漠のスケールのデカサに負けないようなストーリーの物が観て見たい!

 人間は、自然への敬意を払わなくては成らないのだから・・・・

d0063550_3272054.jpg

d0063550_3433135.jpg


















d0063550_346396.jpg

[PR]
by sea1900 | 2005-06-17 13:46 | 映画