ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ブログ

一億総人口のブログ時代とか言われる今日になった。
 ブログは、自分が書きたいから書いて残す訳だが、これを第三者に公開しているのも自分だ。
つまり、読んで貰いたくて、書いている事に成る。
読んで欲しくないなら、日記帳にでも,認めれば良い。それも、ロックの付いた 蹴飛ばしても,開かない物に!!ブログは、読者あっての作者という形なのだ。
 読者への『嘘をつかない事、そして、誇大表示』は、常識であり、あってはならない。
 勿論、読者を傷つけるなんて、最も野蛮な卑劣な行為と成るのだ。
     
  本では、前に、柳美里さんが女性から訴えられたが、これも、原告の理由に耳を傾けると、最もな事だと思った。
    < 柳さんの作品の暗さは、好きだけれど・・・・>

人を傷つけては成らないのだ。人を傷つけるブログなんて、無意味なのだ。
 『人を愛そう!』と語る人間が、自分の足元に寄って来てくれた人を蹴飛してはいけない!!
     そう、思いませんか?
    コメント、!面白いじゃないか!!
    真剣に書いてくれてるんだよ!
      忘れられないコメントがあった。
      忘れたくないコメントがあった。
 今思うと、happyをスペイン語で言った方のコメントが私のお気に入りだった。と言えば、お解りかな?其の他にも、何度目かの曲り角を迎えたと書いてくれた女性もいた。文章が上手いかどうかではない。心なんだよ。君は知らないのか?
スポイルされた心しかないのだろうか!
     
アア、私の楽しみを奪われてしまった。人との出会いを喜んだのに、GOOD-BYなのだ。
 これは 暴力だよね。 いけないな!
喜ばせていて、いきなりズドンと落とされた感じだな。
これを、自分がやられたら、君は法的にでも、訴えるのかい?
<このセリフ覚えてるよね! 謙虚な人に向かって、刃を向けた様だったよ。君の本質が良く解ったよ。
 原宿で知人が精神科を開業してるけど、それも、今流行のをね! 一度尋ねてもらいたい な!
 この精神科という言葉にびっくりするようでは、アメリカを知らな過ぎるよ。
 カウンセラーはポピュラーだったはず! >

でもね、、私にとっては、良い事もあったんだ。
非公開で、メールを頂けたし、良い内容ばかりでね。
     
     人と人とは、眼に見えない糸で、支えあっている。
     人と人とは、眼に見える糸で、がんじがらめにされている。
       言葉は、作ることにしたよ。これは、今思ったんだ!
 君のその一言で、積み重ねたブログの歴史に、そして、君の大切な歴史に、泥がたっぷりと付いたんだ。なかなか、落ちないぜ!
  
  だけど、私は君を憎んではいない。君の心に人としての優しさが生まれれば、それで良いんだよ!
 失敗は繰返さなければいいんだ。楽しく生きる。 賢く生きる。逞しく生きる。
      生きるってそういう事じゃない!

      
       こんな言葉があった。
      
      一般にトラブルとは、
      作業着をまとった
      チャンスに過ぎない。   ヘンリー・ジョン・カイザー

            ああ、なんて、ぴったりなんだ!!!

      
[PR]
by sea1900 | 2005-06-17 08:50 | 現在