ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『やわらかい手』

イギリス映画の良さは、決して派手ではなく、マホガニーのイギリス家具が何年もの間使われるような実直さにあると思う。
 
 孫の病気の為に大金を工面しなければならなくなり、初老のおばあちゃんマギーは風俗業界に入り、天性の『やわらかい手』で、売春はしないでお金を稼ぐというストーリーなのだけれど、そのプロセスの中には、風俗店経営者の移民ゆえの話や、性に対するユーモアも織り込まれていて、きめ細やかな演出がにくい。

平凡にこのまま歳をとっていくしかないと思えるマギーにとって、この事実は彼女自身の大きなターニングポイントとなり、次の人生を切り開いていく事になる。
 元々マギーは強い女性だったと思うが、世間体を考慮して自分を押さえ込んで生きてきたのだろう。ところが、人のうわさや評判を気にせず、自分自身を信じて生きる事に徹する姿に変化した時のマギーの姿には、面白い程スッとした爽やかさを感じる。

シンプルなストーリーを背景に、確かな演技力のマリアンヌ・フェイスフルの自らの再生とダブったような重厚感がすばらしくて、歳をとる意味が見えてくるような作品だと思った。

どんな状況にあっても、マギーの自分自身を失わずに前向きに進む姿には、周りの人を幸せに導くパワーを感じて、心に残るとても力強い映画に仕上がっていた。


 
[PR]
by sea1900 | 2008-06-06 22:33 | 映画