ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

TO MS. メリル・ストリーブ

d0063550_0123810.jpg
初めて、スクリーンで貴方に会ったのは、あの『ディア・ハンター』でした。でも、ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウオーケンのインパクトが強くて、貴方がかすれています。あの頃、これを観た友人達と、この2人のどちらが好みか?とよく、話したものです。男の逞しさでは、勿論ロバートが良いし、繊細さにかけては、クリストファーがいい!と二分しました。


                                            
d0063550_0164175.jpg


  





さて、貴方もこの後、たくさんの」映画に出演していきますが、何と言っても『ソフィーの選択』は素晴らしかった。素晴らしすぎて、2度と観たくないと思っています。こういう風に人間ははかなく、脆く、壊れてしまう事を見事に演じていますね。辛い作品でもありました。
『ミュージック・オブ・ハート』『めぐりあう時間たち』『マディソン郡の橋』と良い作品が続きましたが、貴方は明るいお母さん役が一番合うんではないかと思います。
 最近、『レモニースニケットの世にも不幸せな物語』を観ましたが、面白い役もとっても似合いますね。子役の、エミリー・ブラウニングとリアム・エイケンが揃って言っていました。
 「メリルは大女優なのに、決して威張らない!でも、メリルがいるだけで、撮影が引き締まる!」と。
 
私は、素晴らしい人程、謙虚に生きている!と思います。
大切な4人の子供達に囲まれて、心も満たされているのでしょうね。若い時よりも遥かに輝いているのは其のせいでしょう・・・・
d0063550_16524067.jpg

[PR]
by sea1900 | 2005-06-02 19:05 | 映画