ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

人種が違うとしか言いようがない。

私は見なかったけれど、最近TVで中国のとある動物園の様子を放送したという。

そこは虎が放し飼いされていて、その中を観光客を乗せた自動車が走っていくそうだ。

それだけならば、日本にだってあるけれど、問題はその後の事。

観光客を乗せた車の屋根に乗せていたのか?

生きている牛や羊や鳥が、観光客のご要望に応じて、つまりは観光客がお金を払って、どの動物かを選び、虎のエサにするそうだ。

残酷ショーの始まりで、観客はかなりエキサイトするようだ。

この話を私に教えてくれた男性は、こういう題材の放送を問題視していた。



最近寝床で読んでいた昔のヨーロッパの残酷な話も頭を掠めたが、基本的にヨーロッパのそれとは違う。

動物の命が、『命』として扱われない。


始皇帝の時代から中国の残酷性は存在しているが、これは大陸のせいなのだろうか?

今日聞いた話は更にグロテスクで、ハンニバル・レクター博士も負ける内容だった。
思い出すのも疲れるので書けない。







[PR]
by sea1900 | 2007-05-28 23:19 | 現在