ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

ヘンリー8世の6人の妻



今私が作っている人形は、『ナルニア国物語』のルーシーちゃんだ。
12月に作り始めたので何とか2月中に仕上げたいと思っていたものの、思ったように進まない。モデルが子供だと思い、なめて係った私が悪かったのか・・・・・・

そんな現実とは裏腹に、実はルーシーの次の作品の構想が時折頭の中を駆け巡っている。
それは「ヘンリー8世の6人の妻」を好色で変な男だったヘンリー8世を抜いて作る事だ。
それで、大先生に話すと、
「6人一緒に作るのだったら、型を作って流し込めばすぐに出来るから早いもんだよ!」とのお声。

ひゃ~~~!待ってました!これはやってみたかったスタイルだから、このチャンス逃しません。。。。。。。

一体づつ作らないで
たい焼きの型を作ってしまえば、同じサイズの人形がポンポンと生まれ、顔と服の変化さえつければ出来上がりという半既成品的なものだ。


ところが、
1番目の妻  キャサリン・オブ・アラゴン
2番目の妻  アン・ブーリン
3番目の妻  ジェーン・シーモア
そして、問題なのは
4番目の妻  アン・オブ・クレーブで、幼少期の天然痘の後遺症の為に、あばただらけの顔はそれでなくても整っていなかったし、身体は小さく貧弱、そして、一番問題だったのが壮絶な体臭の持ち主だったそうだ。
47歳の女好きのヘンリー8世でさえ、いくら24歳という若さの名家の令嬢であっても、この臭いには勝てなかったそうだ。
終に一度もヘンリー8世はアンの身体に指もつけなかったそうなのだ。

5番目はキャサリン・ハワード
6番目は真の良心を持っていたキャサリン・パー   と続く。


もしも6人をモデルに人形を作るとすると、アンだけに特別の工夫を施さなければ成らないだろう。
とりあえず、seaは思案に暮れる毎日を送りそうだ。。。。。。。。
もしかしたら、この案は、アンのおかげで考え直す事荷なるかもしれない。






→押してアン!
[PR]
by sea1900 | 2007-02-04 00:37 | 名前