ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」

昨夜9時から、前から宣伝していた番組「グーグル革命の衝撃▽あなたの人生を検索が変える」を観た。
グーグルが検索サイトとして急激な発展を遂げ現在世界一位。
グーグルが利用される回数は、一日10億回とも言われ、多くの人が買い物をするにも、何か調べるにも検索結果を参考にしている。
そして、企業にとっては、自分の会社が検索順位の上位に載らなければ意味がなくなる。
小さな会社が突然それまでの売り上げの何十倍に急成長したり、逆に上位にランキングされていた会社が突然、検索されなくなったりと、変化が起こっている。

急に検索されなくなくなった会社は倒産の危機にあうことになったが、グーグルはその訳を明かさない。
また、中国で、<天安門事件>をグーグルで検索したとしても何も出てこないそうで、明らかに操作されている事が言えるのだ。

グーグルのスタッフの夢は、<グーグルの世界><グーグルの政治><グーグル王国>などと、グルグル続いていたが、夢だけならば構わないけれど、<グーグル独裁>を連想してしまう。

私達が検索する事と同時に、私達の情報もグーグルに集約されている現実を思うと、SF映画のようで、この先にあるものはよからぬ世界なのではないか?という懸念が生まれてしまい、アーミッシュの方がよほど、まともなのではないかと思えた。

キャッシュやカードのない買い物も既にアメリカでは可能で、それだけ自分の情報をグーグルに流している故の出来事ともいえるし、それ故の犯罪がこれから増えない事を望むだけだ。
<便利さ>とは、逆手に取られると、別の<不便さ>を生み出すだけになる。

全体的に一つの警告のように感じてならない番組だった。







→押して~
[PR]
by sea1900 | 2007-01-22 22:41 | 現在