ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

認識不能

昨日、友人のラブラドールのメス犬が事件を起こした。

犬小屋の中に敷いてある毛布を口から吐き出したのだった。
という事は、胃の中に入ってしまった場違いな毛布もある訳で、すぐに獣医の下でレントゲンを撮ったが、よくわからず、朝入院したのだった。

今日の夜8時頃、獣医師から「手術を始めます。」との連絡を貰ったそうで、その後の事はまだ解らない。


この犬は毛布を今までに食べる事がなかったのに、一体どうしたのだろうか?


室内犬が丸めてあったストッキングや靴下を飲み込んでしまい、開腹してみると、消化器系に張り付いて取れなくなっている事があって、そんな時は部分的にカットするしかないそうだ。
靴下類ならば、人の臭いが刺激になって口に入れる事も考えられるが、自分しか使わない毛布を口に入れるなんて、余程暇だったのだろう。

ところで、この獣医師はよく夜手術するが、疲れてミスが無い事を祈るだけだ。

毛布を食べる犬は、大型犬に多く見られ、私のチワワやパグ達にはあり得ない事だ。
この辺は、顎の力と比例しているのだろうか?

ペットがいると、楽しい事も多いのだが、事件も多くて、刺激的な毎日なのだ。







→押して~
[PR]
by sea1900 | 2007-01-10 23:59 | 現在