ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『王の男』

d0063550_2334273.jpg

『王の男』のイメージは、ゲイ映画としての物しかなかったが、実際に見てみると、歴史物として韓国人が好む映画ではないかと思われた。
ゲイ映画と言っても、人間的な精神的愛情が根本になっていて、面白かった。

映画ブログに、

無謀にも『王の男』を読み解く

があり、細かく時代考証がなされているので、ゆっくりと読んで見ようと思う。


王を演じるチョン・ジニョンは榎本明の様な表情をしながらも、笑うと別人のように成る。
16世紀に実在した暴君燕山君と、時代に翻弄される旅芸人の話だが、王朝物としてみると、
宮廷や宦官、暮らしなどが良く解り、きれいな色彩や、打楽器の音楽が良かった。
特に音楽は印象的で、サントラ版が欲しいと思った。

ゲイ映画と決めつけると、期待はずれで、美しい女形コンギル(イ・ジュンギ)と共に芸を披露するチャンセン(カム・ウソン)は、コンギルを愛しながらも、決してそれを言わずに、見守るように寄り添い命掛けでコンギルを守って行く。

王は、コンギルの美しさや優しさに、亡き母親を思い、心癒されるひと時を持つ。
コンギルの身体を求めるのではなく、2人で指人形をして遊んだりするだけなのだけれど、そこでコンギルは王の孤独や寂しさを知るのだった。

案の定、宮廷物は何処の国でも、嫉妬や陰謀が渦巻いていて、ここでもコンギルを亡き者にしようと思う人も出てくる。

結局、身分が高ければ高い程、一人では生きられなくなるのだろう。

最初も最後も、綱渡りのシーンで、これが見事だった。


見終わって『王の男』と言うタイトルはこの作品には不適当で、興味本位に付けられたのではないかと思われた。







[PR]
by sea1900 | 2006-12-14 22:59 | 映画