ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

デビッド・カッパーフィールド  in 国際フォーラム


d0063550_22245834.jpg
今日は今週最後のお出掛けとなった。

2時半開場、3時半からは、ビデオを使った紹介が始まり、実際にデビッドが登場したのは4時近くだった。
デビッドは、白いTシャツの上に、ブルーのごく普通のYシャツ、黒いパンツ姿で、このファッションは最後まで同じだった。

マジックとは違って、全てがショーで、観客を楽しませてくれた。
それは、秒刻みに考えられていて、緻密な計算がされていなければ成らない。

観客の中から何人もの人を舞台に上げて証人にする事が多くて、<種も仕掛けも無い>事をアピールしながら、観客をショーに参加させている。

何も無い所から本物の自動車を出したり、スクリーンの中の海辺に行ったりと、ダイナミックな事から数字当てまでいくつかのショーが繰り返された。

そして、最後に大きなボールを舞台から客席にいくつかが手から手に運ばれて、ボールを最後に持った人が舞台に上がった。
私は今度は自分かな?と思って荷物をまとめて心の準備をしていたが、隣の若い女子がボールをつかんだので、あえなく希望はかなわなかった。

隣の女子は前半のほとんどの時間を眠って過ごしていたのだった。

8人位の女性が舞台にある椅子に座り、幕を掛けられてから、10秒位して、誰もいなくなった。
アガサ・クリスティの「そして、誰もいなくなった」は、一人づつ消えたけれど、これは全員が一緒に消えたのだった。
何処に消えたのだろうか?

隣の女子が席に戻ったら、聞いてみようと思ったが、終に戻る事は無かった。

不思議だった。。。。。。

種も仕掛けもあるわけだから、知りたいけれど、そんな事よりもショーに酔ってしまい、楽しめたから充分だと思った。
世界中で一番チケットの売り上げが多いのは、マドンナを抜いてデビッドだというのも、納得出来る。
デビッドはロシア系ユダヤ人で、堀の深いハンサムないい男だった。









[PR]
by sea1900 | 2006-12-09 22:12 | 現在