ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

不思議ダイスキ

社会ニュース - 10月19日(木)18時38分 ニュース記事写真動画トピックスNewsWatch 条件検索

<ピカソ名画>「夢」破れる 持ち主が過ってひじ鉄

 【ロサンゼルス國枝すみれ】米ラスベガスのホテル王で美術品収集家としても知られるスティーブ・ウィン氏(64)が、1億3900万ドル(約165億円)で別の収集家に売却する予定だったピカソの名画「夢」に過ってひじ鉄を食らわせ、破いてしまった。事件を目撃した友人がインターネットのブログに書いて詳細が発覚した。
 「夢」は、ピカソが1932年に愛人マリー・テレーズをモデルに描いた名画。ウィン氏は97年にこの絵を4840万ドル(約58億円)で購入し、長年大切にしてきた。もうすぐお別れとなる絵の前に立ち、友人らに説明していたところ、過って名画の真ん中に直径数センチの穴を開けてしまった。結局、契約はご破算となり、名画は修理され、ウィン氏の元にとどまることになった。
 ウィン氏は穴を開けた瞬間、「何てことをしてしまったのか。でも(破ったのが)私でよかった」と話したという。
(毎日新聞) - 10月19日18時55分更新

* * *

こんな事があるのが、人間の世界だと思う。
ウイン氏の余裕のあるセリフを聞くと、売れれば100億円以上の儲けだったのだから、悲惨とも余裕とも、受け取れる。

絵画の収集家は、投資として収集しているのだから、ピカソが知ったら、如何思うだろう?

不思議ダイスキ人間のseaは、昨日、知り合いの看護士から不思議な話を聞いたのだった。
看護士は、ガン病棟で働いているので、ガンの話に成った。

ガンだからと言って、悲観する無かれ!

看護士は、今までに出会った不思議な話をした。
ある日、何もしないのに、ガンが治った人がほんのたまに、いると言う事だった。
如何考えても不思議で、<不思議ダイスキ.パルコ~>なんて、言っていられない!

それで、医師も看護士も、奇跡的な回復を、また誰かが果たさないかと、思っているそうだ。
奇跡は、人の心に希望という喜びを与えてくれている。


ピカソが与えてくれたのは、芸術と言うよりも、<投資>という文字のようで・・・・



→クリックお願いします♪
[PR]
by sea1900 | 2006-10-20 00:22 | 人間