ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

公共心とか・・・

私の住む町では、車が絶対に必要な交通手段になっていて、私も車を運転しない日は、あり得ない。
シネコンやスーパーに行くと、出入り口の一番近くに、障害者用の駐車スペースが必ずあるのだが、ここが異常に混んでいる。それは、一般の人が出入り口に近いからという理由で、ずうずうしくも、駐車しているのだ。

『ここには、置かないで下さい』なんて書いてあっても、どこ吹く風!
本当に障害者なら、障害者シールをガラスに付ける義務があるのに、シールどころか、付いているのは、鳩の糞だけ。<笑>

見ていると、体格の良い大男が車を置いたり、ヤンキーなお姉様が車から降りたりしている。(←何処に障害があるのさ!)
こういう光景を眼の前にすると、本当は一言、言ってやりたいのだが、最近の人に、まともな日本語は通じないし、もしも、『グサッ!』とやられてしまったら、バカバカしいので、そのままにするしかないのだ。

最も、近くに駐車場係りのおじさんがいれば、その人に言うとしよう。
ところが、ウィークデーには、おじさんの姿を見る事がないので、結局は、公共心の無い人を放置するしかないのだ。

アメリカなら(州によっても違うけれど)こういう事をすると、罰金20万円が課せられるというのに、日本の事情は、なんて情けないのだろうか。
罰金制度は、かなり合理的だと思うし、日本も見習うべきだ。
取り締まりを強化しなければ常識の無い人が増え続けるとは、と・ほ・ほ・ほ・・・・

また、ロサンゼルスでは、車道が3車線だったり、4車線だったりの場合、複数の人が乗っている車は、追い越し出来るレーンを走れるが、1人で、車に乗っている場合は、走れない。
乗り合いを奨励しているので、こんな方法を取っているらしいが、もしも、これを日本でも真似すると、正直に守る人は、ほんの一握りしかいないだろう。

そういう意味で、ボランティアだとか、公共心だとかに対して、意識が低い日本人は、やはり、島国根性だけを持って、生き続けるのだろうか?
ぶっ飛んで考えると、300年間の鎖国は色々な面で、悪影響を及ぼしていると思うしかないのだろうか?


→クリック・クリック・クリックして下さい!
[PR]
by sea1900 | 2006-10-18 00:05 | 現在