ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『  バックダンサーズ 』

d0063550_22132664.jpg


深刻に考えさせてくれる映画も良いけれど、何も考えなくて楽しい思いだけが残る映画も、また好きだ。
『バックダンサーズ』とは、文字通り、歌手の後ろのダンサーの事で、4人のダンサーが主役のジュリの引退後、ダンサーだけのライブにこぎつけると言うお話。難しいお話は何も無くて、ダンスシーンを楽しめる青春映画だった。

アメリカのダンス映画から比べると、まだまだ、子供っぽさが抜け切らなくて、可愛い物だが、日本でもこうしてダンス映画が作られるように成ったのだと思うと、今後に期待したい。

つのだひろや、陣内孝之が適役で、音楽に真実味を加え、4人のダンサーに扮する若い女優の中では、ソニンのしなやかな動きが目立った。



→クリックお願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-09-20 22:50 | 映画