ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『 狩猟と犬、最後の旅 』


d0063550_0195438.jpg

フランスで『皇帝ペンギン』や『ディープ・ブルー』をしのぐ興行成績を記録した、北極圏に実在する老狩人の真実のドラマ。犬ぞりなどを使う伝統的狩猟方法を貫くノーマン・ウィンターの、シンプルかつ機能的な暮らしを映し出す。自身も冒険家であるニコラス・ヴァニエ監督が惚れ込んで映画化しただけあり、その迫力の映像は圧巻。季節毎に表情を変える大自然の中で動物と共存する“最後の狩人”の姿に感服する。
(シネマトゥデイ)


映画館でのCMを何度も見て、ハスキー犬と、自然との組み合わせの作品に、とても期待していた。暑い夏には、うってつけの映画でもある。
犬が今の日本ではペットとして飼われている事が多いが、元々犬は人間にとっての家畜であって、本来は人間の為に役立つように作られているのだ。

ロッキー山脈の中で暮らすノーマンにとっては、そりを引く為にハスキー犬は大切な存在だった。一匹のアパッシュと名付けられたメスのハスキー犬は、段々とノーマンとの暮らしに溶け出して、ハスキー犬本来の良さを発揮して行く。この辺のくだりは、よくある話だと思う。
凍った湖を犬そりで渡った時に、それまでのリーダー格の犬の事故死によって、老齢のウオークがリーダーになるが、統制が利かずに、ノーマンは薄い氷が割れて、冷たい水の中に落ちる。そして、アパッシュのお陰で、命を助けられてからは、ノーマンは自信を取り直して行くのだった。
熊や鹿の映像が、望遠だと思うけれど、それを感じさせないリアルさで、この熊は、グリズリーかも知れないと思った。
しかし、熊さえも、やたらとノーマンを襲いはしない。
これは、自然と共に生きていく宿命の人間に対する動物同士の謙虚さだったのではないかと、私は勝手に解釈した。



雪の中の風景や、新緑の季節などが、主役になっていて、ノーマンと犬とは、ロッキー山脈の中では、小さな存在だと見せ付け、大自然に対しては、謙虚さが唯一の守り神となるのだと教えている。
自然との単純な生活が、本来の人間の人間らしさを復活させてくれるのだ。
しかし、やたらと真似は出来ない。零下40度にもなる雪山の中では、経験だけが物を言うと思う。


冒険家の監督ならではの映画だと思うし、犬のチームの演技も自然だった。
シンプルなストーリーしか必要としない大自然のロケには、心洗われる思いだった。

ハスキー犬が日本で流行った時に、犬を知らない人らが、こぞって『ハスキー犬はバカだ!』と言っていた事実があったが、雪の中で暮らすべき犬を蒸し暑い日本で繁殖して一儲けしようとした日本人こそがバカなのであって、犬には何の罪も無いのだ。
ハスキー犬は、走るべき犬として作られているので、一般家庭で、ペットにするには余り適していなかったと思う。
外見ばかりで判断して、犬の特性を学ぼうとしない日本人には、定着しない犬種だったのだ。
これは謙虚さが足りない結果だとも、思うのだ。


犬に対して「Good Girl!」「Good Boy!」と言って、性別を分けたほめ方をしていたのは、ノーマンの愛情だと思った。
ノーマンには、15年も一緒に暮らしているネブラスカと言うnativ of americaの女性がいるからこそ、自給自足の生活が出来るのだし、ロッキー山脈の中での暮らしは、決して孤独ではないのだ。
孤独どころか、彼にとっては、山が家なのだと思うし、山を離れては生きられないのだと思う。

だから<最後の旅>は、ありえないのだと思った。





→大自然の好きな方は、クリックお願いします!(自給自足は苦手でも)
[PR]
by sea1900 | 2006-09-06 00:21 | 映画