ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

飯田橋ギンレイホール上映予定の『ナイロビの蜂』

d0063550_16581275.jpg

akaboshiさんのブログで、『ナイロビの蜂』を9/9から、ギンレイホールで上映する事を知った。
実は、この映画は逃してしまった1本でもあって、とても見たかった映画だ。

10月から、私はアフリカについてのレクチャーを大学で受ける予定だ。それでアフリカの貧困についてはこの映画とダブらせると、興味が沸くと思っている。
アンジェリーナ・ジョリーとブラピは、ナイロビに救援物資を持参しているが、単に送るだけだと、目的地までは、届かないので、最後まで見届ける必要があるのだ。それで、実際に自分達の手で、届けているのだが、これは、世界的にもアフリカを知ってもらう為のPRになるし、有意義な事だろう。
ブラピがアンジェリーナと暮らし始めてからは、一回り大きくなった様だ。
ブラピ程の世界的に有名な俳優でも、パートナーによって、こんなに変わるなんて!と思うと、色々な意味において、パートナーの存在は大きい。
相手次第ではなくて、まずは自分のポリシーの上に、パートナーが加わる事が必須だ。

アンジェリーナは、これからも世界的規模のボランティアを続けていくだろうし、スケールの大きな女優として成長する事が伺える。

ボランティアとは、金品を与えるだけではなくて、『人と共に生きる事』だと思う。
合衆国の生徒や学生のボランティアが、点数稼ぎの物だとしても、日本のようにボランティアが定着していないよりは、遥かに良いと思う。


この秋は忙しいseaなのだが、映画だけは見逃さない様にしたいと思う。




→映画の好きな方は、クリックお願いします!
[PR]
by sea1900 | 2006-09-05 16:52 | 映画