ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

特別席

この間、武蔵野館で「ゆれる」を見た時の事、、、
立ち見の人は、私を含めて既に50人位だった。それで、おそらくは、最終の席の後ろに、何列か並ぶのだろうと思っていて、さぞかしや,見難い立ち見になると思っていて、入ると、最終席の後ろはガラガラだった。

あの人達は何処へ消えたのかと思うと、一番前の席の前や、両脇の空き地に、映画館側が用意してくれた、プラスティックのいす(ほとんど、お風呂のいすのような物)や、座布団を使って座っていたのだった。親切な映画館だと思うよ!

そういえば、私の家から車で、40分位の町にあるシネコンは、ちょっと古臭くて、そこで、招待券を使って「ハリーポッター」を見た時も、丸い椅子が用意されていて、立ち見の人は、そこに座っていたのだった。
何だか、田舎の良さのように思えたが、これが新宿でも行われていたので、不思議な思いになったのだった。
シネコンが田舎町にも、たくさん出来たので、音声も画像もきれいな映画を見る事が可能に成ったし、値段が安いのだ。
6回行くと、1回はただになるし、レイトショーやモーニングショーは、1200円。水曜日は女性は1000円、月曜日は男性は1000円の日になる。
ところが、私が本当に見たいと思う映画は、東京でしか上映されないし、田舎には、ポピュラーな映画しかやって来ない。
「ホテルルワンダ」がやってきた時には、口が開いたままだった。。。。。(奇跡に近かったのだ)


あまりにも驚いてしまい、ついに再見するのを、忘れてしまった程だった。




→映画好きな方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-07-17 21:44 | 映画