ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

忠犬ハチ公のコピー

友人夫婦の犬を、1週間の予定で預かっている。
柴犬のハナで、家の中に、ゲージを立て、時間を見ながら庭を散歩させている。


友人宅は開業医で、敷地が広く、2件の家があって、ハナは、朝の5時頃になると、新宅の玄関に犬小屋があるのだけれど、そこから旧宅に向かい、旧宅で寝ている若先生を迎えに行っている。そして、若先生と一緒に、旧宅まで歩き、そこで若先生が、朝食を済ますまで待つ事1時間。その後、ハナは、若先生と一緒に旧宅まで戻る。

旧宅の軒下に、先代の犬の大きな犬小屋があるので、そこで朝寝を2時間して、また新宅に戻るという毎日を送っている。

私が時々、訪ねるとハナは、8時20分の眉をして喜ぶ、非常に性格の良い犬で、まだ1歳を迎えていないけれど、誇り高い忠犬だ。

この家に来てから、ハナは、遠くを見つめる事が多い。
きっと、早く家に戻りたいのだろう。

ちなみに、食欲旺盛でないハナの為に友人が用意した食事は、銀座三越のパン屋で買って来たチーズパンと、ボイルされた鶏のささみ、犬用のミルク等。
友人の家族は、皆が隠れて少しずつ、おいしいおやつをあげてるから、段々と、味の無いドッグフードなんか食べなくなってしまった。

和犬は、日本の気候には、一番合う犬で、性格さえ良ければ、飼い易い犬種なのだけれど、気性の荒い犬が多いのも特徴だ。

ハナを見て、犬川柳なんか、作りたい此の頃。


→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-06-25 22:14 | 現在