ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

キャパシティ

人形作りも、後半と成り、顔がマリー・アントワネットに似ないで、丸顔に成り、四苦八苦していた。前に、私は顔の表情は、<眉と口で決まる>と、勝手に信じ込んでいたが、やはり、輪郭も、眼も全てがMIXされて来ないと、決まらないものだと思った。

それで、今日はT先生が修正に係り、少し感じが変わってきたのだった。

そこで、大先生は、「しぶとすぎる!」と言い出したので、何だろうと思うと、私がこの人形に掛ける時間が永いという事だったのだ。しぶとく、執着しているというのだが、私には、その自覚症状が全く無いので、唖然としてしまった。

T先生は、そうでは無いと、大先生に説明してくれたが、大先生から見ると、まどろっこしく見えるのだろう!
しかし、プロではなく、あくまでも趣味の一つとしての人形作りなので、時間を急ぐ必要は全く無いのだ。
納得のいかない物を生み出してしまう事は、無責任な行為だと思うので、私はしたくないのだ。



大先生も、随分と短期だし、見方が一方的だと思うと、悔しいと思った。
こんな時には、先生のキャパシティが、問われると思う。

悔しいので、更に納得のいくまで、修正する事にした。


人形作りも、10年もたてば、そこそこ上手にはなるが、センスの問題は大きいと思う。
現に、キャリアは永くても、とんでもない人形が、産まれているのだから。。。。。



→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-06-14 23:19 | 現在