ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

表現者

Hさんへ

 昨日のオープニングパーティは、楽しかったです。
たくさんの方達とお話も出来ましたし、色々なお話も聞く事が出来ました。
帰宅後、HさんのH・Pを訪れて、Hさんのこれまでの作品を見せて頂きました。
全体的に丸みを帯びて、一見可愛らしいのですが、どこかに郷愁の様な雰囲気や、『静』と言う文字が刻まれているに思えます。
考えるとフレンドリーだけれど、近寄りがたい物を感じて成りません。

お坊さんの様な雰囲気もして、勿論、宗教の腐敗を感じてしまう様なお坊さんでは無くて、『静』を知りえるまでに至ったお坊さんと言う意味ですが、そのような、静かな魅力を感じます。

ただ、はなみずが、あれれ・・・・と、気に成ってきて、拭いてやりたいと、お節介な気持にも成りますが、これは、生きていると言う証拠なのだと思う事にしました。

最近、国立近代美術館工芸館に、四谷シモン氏や、吉田良さんの人形が収蔵されて、読売新聞に取り上げられましたが、ここには、単なる人形が、工芸という枠を、いつでも超えるまでに、成長を遂げていると言う嬉しい現実が書かれていました。

大きく言えば、作品で自分を表現していく事は、たった一人の世界を持っている幸せな事なのだと思います。




クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-05-09 00:01 | 手紙