ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

介護


この間見た『子ぎつねヘレン』の中に書いたように脳障害は、人間にも犬にも当てはまる病気だ。私の飼っているパグの元ちゃんもそうで、最近では、痙攣がひどく成ってきている。
昨夜遅く元ちゃんのいる部屋をのぞいたら、サークルの中が水浸しになっていた。それで、水ではなくて、おしっこだったのだけれど、ほとんど寝たきり状態の元ちゃんの下半身はびしょびしょにぬれていた。それで、夜中じゃ、どうしようもないので、よく拭いて、眠らせた。
今日になって、風呂場でシャンプーして、きれいにしたけれど、元ちゃんは、昔のような元気はなくて、文句も言わずに黙っていた。
その後は、暖房の中で、ひたすら眠っている。ほとんどエサを食べないので、子犬用のミルクをスポイトで、飲ませている。

私は自分の両親の介護というものを経験しなかったので、こうして、犬の介護を通して、少しだけ学んでいるのだと思う。
経験は、人を大きくする時もあるし、そうではない時もあるが、やはり、やってみないと解らない事が多い。
例えば、映画やドラマを撮ろうとしても、高い完成度を目指せば、小さな事にも妥協は出来ないだろう。完成度の高さを望まなければ、つまらない映画やドラマとして、人からは忘れ去られるだけではないだろうか?
生き物と生き物がぶつかると、1+1=2ではない展開が広がる。もちろん、2以上の広がりを見せるが、予想だけでは、全く想像のつかない世界なので、経験は大切だと思う。

20代では、人は皆同じラインにいるが、30代では、少し違ってくる。そして40代になると、同じような年齢でも随分、人間性が違うと思うし、50代や60代では、こうも違うのかと思う事が多い。経験を通してどう学び、どう対処したかが問われると思う。


→クリックして下さい。
[PR]
by sea1900 | 2006-04-11 16:45 | 現在