ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『男が愛する時』


昨日やっと観終わった韓国ドラマで、計17時間だった。
韓国ドラマの面白さは、案外単純な事だと、今思っている。
だから、余計にのめりこめるのかも知れない。

『男が愛する時』では、2人の男と2人の女が登場して、約10年間に渡り、本当の愛を捜し求める話で、最後には、心温かくなるのだった。

このドラマの中で、一番美しい姿は、男が女を背負う姿だとある。
女の全てを背負って行くと言う意味で、今時の若い日本の男は、意味わっかるのか~~?
と、思った。理想的な姿だと思うけれど、古風すぎません?
今時、女の全てを背負いたいと言う男がいるのだろうか?
逃出したがる男も多いはず・・・・・

男は皆、わがままな生き物だと思うので、ハッピーエンドでないので、丁度良いのかも知れない。
それにしても、キムチとビビンバが食べたくなるドラマだった。


→キムチの好きな方は、クリックして下さい。
[PR]
by sea1900 | 2006-04-10 01:38 | 現在