ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

スタイリスト


年に何度か、seaは、男友達に頼まれて、そのシーズンの服を選んでいる。
昨日も、頼まれていて、春のカジュアルなジャケットと、それにあわせたスラックス、シャツを選んだ。デパートではなくて、イオンだからお値段もお手頃で、全部で3万円以下で収まる。
夏は、全部ユニクロで揃えた記憶がある。

友人は良い奴だけれど、色彩センスがまるで無い男だから、自分で選ぶとおしゃれとは無縁の伯父さんになってしまう。それで、私が、ジャケットを3枚と、スラックス3本を選んで着せ、着心地から最終判断となる。

友人はseaの手際の良さに、いつも舌を巻いていて、どうして、そんなに早く見つけ出せるのかと不思議がっているのが、いつものパターンだ。
そして、seaがいい加減に探していると思うらしく、それにしては、自分に似合うので、狐につままれたような感動をするらしい。

ジャケットとスラックスが決まり、中に着るシャツを選んだら、友人は赤系の野暮ったいチェックのシャツを選んだので、どうして、それが良くないのかを話してやめさせ、レノマのモノトーンのプリントのシャツに決めた。

スタイリスト料は、友人から入り口にあるパン屋のテーブルで、180円のアップルパイと210円のアイスコーヒーをご馳走に成った。  ご馳走です。ごちそう・・・・・・
本当は、スタバーのコーヒーが好きなのに、「上手そうなパンがあった!」と言う友人の一言で、パン屋に一目散と言う結末だったのだ。友人はあんぱん、ナッツのパン、コロッケパン、アップルパイ、アイスコーヒーを2杯飲み、実に満足そうだった。

友人曰く。。。。「選んでもらうと楽しいよ!」
この時だけは、重宝がられているseaだけど、はっ!その内に、センス良くなって欲しい物だとつくづく思う。

これも、ボランティアです。世の中には、助けられる人と、助ける人が眼に見えても、見えなくてもちゃんといるってことかも知れないのであ~~~~る。



→ご自分で、センスの良いおしゃれが出来る方は、クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-03-31 02:13 | 男と女