ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

武道館


昨日は、おひなさまを観る前に、武道館を通り抜けて、近代美術館へ行った。
「藤田嗣治展」は、28日からだったが、私同様に、勘違いする人が後を絶たないようで、なぜ、土曜日や金曜日から始めないのかと思った。

その前に、武道館では日大の卒業式が行われていて、袴姿の女性をたくさん見た。
今のレンタルの着物は、普通、絹ではなくて、ポリエステルなので、ポリプリ軍団の出来上がりだった。
昔も今も、この日だけの和服なので、インスタント的な雰囲気が漂っている。
それでも、洋服よりは、雰囲気が出て、卒業式らしいものだ。


常設展では、面白くも感動できない物や、なぜか感動してしまう物があり、きっと、感動できる物は、観る人に訴える力の強さが、作者の全身から湧き出ているのではないかと思える。
最も、その強さとは、作者の自己への戦いであって、作者自身の投影でも在ると思う。
[PR]
by sea1900 | 2006-03-26 22:18 | 現在