ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

新幹線の食堂車

去年、久しぶりに神戸に行き、新幹線に乗ったら、昔の楽しい思い出の一つだった食堂車が消えていた事は 、昨年のレヴューに書いているが、情緒ある物が消えてしまうと言う現象は寂しいと思う。

最近、アトリエでこの話を先生にした所、やはり新幹線の食堂車を利用していたのか、良く知っていて2人でお懐古さんに成っていた。

当時、私は3人の仲間と一緒の事が多くて、内訳は男性1、女性3で、女性1は私と同じ年齢だった。神戸や名古屋には良く出かけていた。

現在では、当時、最年長だった女性は既にガンで亡くなっているし、男性は再婚して東京を離れている。あれから色々な事があって、各々に降り懸った火の粉は、各自が振り払っている。

私はまだ、チワワを飼う時間的な余裕も無かったけれど、映画だけは観ていたようだ。

4月に、広島の原爆ドームを観に行くかも知れないので、新幹線にまた、乗ったら、また、思い出すだろう。
[PR]
by sea1900 | 2006-03-01 22:25 | 現在