ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『きっこのブログ』を読むと・・・

おなじみ、『きっこのブログ』が週刊誌にも取り上げられている。

私はほぼ、毎日読んでいるが、ほぼというのはマックスの話はパスしているから
なのだ!(笑)

ところで、きっこさんの本当の姿に対しては、色々な憶測を呼んでいる。
専門家が過去5年間の記事を読むと、明らかに一人の女性が書いた物だと
書かれていたが、私は腑に落ちない。

きっこさんは、自分の本名を明かしていて、じゃあ、その名前が○○公認の
メイクUPアーティストの中に存在するかと言えば、調べてみるとNOだったそうだ。
あくまでも、売れりゃあ、お得な週刊誌に書かれていた事だから、信憑性の高さは
不明でもある。

きっこさんの記事を読むと、計算された流れを感じたり、じゃあ、それ位は、永く記事
を書いていたら、十分に考えられる事だと言えるけれど、どうして、確信に迫る事件の
真相を早く知っているのかと思うと、不思議だ。

例えば、その筋に詳しい友人とかがいれば解るけれど、もしかしたら、原案を書く人が
いて、その話に基づき、肉付けや、話の構成が組まれているのではないだろうか?

顔写真なんて、当てにはならない。

和歌や英語の記事の方は、単に目先を変える手段にしか過ぎないのではないか?

TBとコメがもしも出来ていたら、きっこのブログは、これらに忙殺され、継続でき
なかっただろう。ここの所も、良く心得ている。
要するに、最初から計算されている感じが強いのだ。

去年の冬の記事に、部屋の中の暖房が無いので、<吐く息が白い>とか、米が買えない
貧乏状態と言うのがあった。
それで、読者から米や野菜の差し入れがあった事が書かれていたが、これも何だか
???と思うのだ。

謎が謎を呼びながら、良く考えれば考える程、不思議な点が、それこそUPしてくるのだ。

<・・・くるのだ>とは、きっこさんの口癖だが、これは、男性でも書ける物。
もしかしたら、男女チームが書いているのかも知れない。
シビアな記事を簡単な口調に変えて書くなんて、もしも、プロライターなら簡単だろう。


ランキングについても、不思議に思う。
これはいつからTOPに躍り出たかにも依るのだが、検索に引っかかり易い単語を心得て
いたのだろう。

社会現象まで、引き起こした<きっこのブログ>がこの先、どんな展開を見せてくれる
のか楽しみだけれど、疑問の種も、私の中では育ちそうだと思ってしまう
今日この頃なのだ。





→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-25 03:25 | 現在