ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

金メダル

荒川静香の金メダルは、意外な展開だった。
個人的には、スルツカヤや、コーエンのファンなので、金メダルは
どちらかだと確信していたが、やはり、ミスは付き物だった。

荒川静香の、堂々たるオーラを発する滑りは、日々の努力の積み重ね
であると思う。

村主も荒川も、自分には相当、厳しいと思う。
自分をぎりぎりの所まで追い込み、限界を知って、自分と戦っていたと思う。

軽井沢のスケートセンターで、昔フィギュアの練習をする10人位の女子が
ウォーミングUPの為に、最初、屋外リンクを20週位滑っていて、これだけでも
すごいスピードで、追いつけなかった。

昔観た、プロのショーでは、やはり、思っていたよりも遥かにスピードがあり、
華麗と言うよりも、激しいスポーツだと思った事があった。


「飛べても飛べなくても飛んでみます」と発した安藤を、『若い』と言えば聞こえは
良いけれど、国を背負う選手としては、未熟過ぎると思っていた。
飛べる自信があってこそ、飛ぶべきだと思うし、個人的なチャレンジ精神が
何処までリスクを背負わなければ成らないかと思うと、問題だと思う。
これからの若い選手には、ありがちな事だと思う。(おばさんは怒ってしまうが!)

それと、安藤のコスチュームは、似合っていなかったので、がっかりした。
ワダエミさんのデザインと顔、メイクがマッチしていなくて、彼女の個性が飛んで
しまっていた。


先の2人とは、年齢だけではなくて、鍛えられ方が違うのだと思っている。
アメリカの選手生活が、安藤似あっているとは思えない。
アメリカの自由な選手生活は、自己コントロールの出来る人には良いが、まだ若い
可愛いだけの選手には、根本的な鍛え方が出来ないのではないかと思う。

最も、自由な中でも、自己を律する事の出来る性格ならば、問題は無いのだろうが・・・・


『オリンピックを楽しみたい!』と、荒川は言っていたが、<楽しむ>という事には、
深い意味を含んでいる。
<楽しむ>までには、重圧に苦しみながらも、自分から逃げないで、自分と
戦い、自分を表現出来るまでに成長出来なければ成らない。
だからこそ、<楽しむ>事が出来る選手は、大人なのだろう。

次のオリンピックのフィギュアが楽しみでもある。。。。。。不安の方が多いけれど・・・



→クリック御願いします。
[PR]
by sea1900 | 2006-02-24 08:30 | 現在