ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

イメルダ夫人の現在

久しぶりに、リザとコーヒータイムを取った。
そして、イメルダ夫人と、エビータについて話していると、イメルダ夫人は
何年か前に、フィリピンに戻って来ていて、現在は静かに暮しているとリザは言う。

エビータの方が、イメルダ夫人よりも政治の手腕が在ったそうで、イメルダ婦人は
単なる金食い虫の生活の張本人だったようだ。

パンパースの箱に、宝石を隠し持ち、飛行機に乗ってアメリカに逃げた時の事が
思い出されるが、やはり、自分の国が良いのだろう。

エビータについては、過去に劇団四季で、野村れいこの歌う『エビータ』を見たり、
マドンナが歌いっぱなしのDVD『エビータ』を見たが、ロザが見たオリジナルの
エビータは、日本には、無いようだ。


野村れいこの歌声は、綺麗なのだけれど、綺麗なだけと言う印象が捨て切れない。


マドンナは、大して上手くも無くて、同じようなイントネーションの曲が続いていた。
DVDを見終わるまでには、すっかりリズムを覚えてしまっている。

歴代の女性と言うのは、それなりに美しい。
美しさを武器にしたかもしれないし、お金で磨かれ、美しくなったのかも知れない。

とにかく、美を追い求めたいと思うのが、女性の性なのではないだろうか?
[PR]
by sea1900 | 2006-02-21 15:44 | 現在